2012年10月31日

本日のオススメギター【RS Guitar Works "Old Friend"】

こんばんは。スタッフYです。
先日投稿したオススメギター、"PRS ArtistII"のお問い合わせを早速頂きました^^
ブログに投稿している写真はファイルサイズを考慮して画質やサイズを落としています。
もし、大きな画像で詳細部分を確認したい際は、お電話・メールにてお問い合わせ下さい!

さて、本日もオススメギターの紹介に入りたいと思います。九州では中々見ることの出来ないレアなギターです!

RS Guitar Works "Old Friend" series Contour Greenguard Aged Lake Placid Blue over Daphne Blue
DS01796598_1.jpg
現在ボトムズアップギターズで販売しているRS、ラスト一本です。
拘りに拘りぬいたRS Guitarworksのエイジド加工に度肝を抜かれますね(笑)

そもそもRS GuitarworksのRSとはどういった意味が込められているのでしょうか?
答えは簡単。創業者二人の名前の頭文字(RoyさんとScottさん)に由来しています。
元々小さな場所からスタートしたRS Guitarworksですが、今では年間製作本数400本を超える工房へと成長を遂げました。
所在地はアメリカ中東部のケンタッキー州ウィンチェスターで、田舎町だそうです。田舎出身のYとしてはアメリカの田舎も経験してみたいですね(笑)

DS01796598.jpg
本機において重要なファクターを占めるエイジド加工。カラーにも拘りがあります。
ダフネブルーという鮮やかな水色系のカラーの上からレイクプラシッドブルーを重ね塗りしてあります。
この工程により、レリック処理でレイクプラシッドブルーの箇所を削った時に下からダフネブルーが顔を覗かせてくれるというわけです。
非常に手間が掛かっていますが、ビンテージギター独特のムードを感じ取ることが出来ますね。
塗装は独自にブレンドしたニトロセルロースラッカーを使っているそうです。塗料は薄く吹きあげ、何度も繰り返し塗装をしています。
そして全てフィニッシュが終わった後は、一か月保管して塗装を材に染み込ませています。
ちなみにエイジド加工はRoyさんが一人で担当されているそうです・・・圧巻ですね^^;

DS01796598_3.jpg
パーツ一つ一つのエイジド加工も素晴らしく、取り付けられているビスは見えない所までエイジド加工がされています。
あたかも何十年も実際に使われたかのような錯覚に捕らわれてしまいますね。

さて、ここまでRS Guitarworksのエイジド処理の拘りを語ってしまったYですが、このギターには更に素晴らしいポイントがあります。
なんといっても弾きやすいです!プレイヤー目線でしっかりと考え抜かれた指板のRadius(アール)、ネックシェイプです。
ネックのシェイプは太過ぎず、アールはフラット寄りなので音詰まりも無くストレスフリーですね。リードプレイにもオススメ出来ると思います^^
音に関するパーツはポットから全て拘りぬき、CUSTOM LINDY FRALIN VINTAGE PU SETによるクリアなトーンも見逃せないポイントですね。

拘りぬかれたリアルなエイジド処理だけでなく、実際にプレイすることやサウンドにも重点をおいているので、理想とするトーンの実現に一役買って頂けると思います。


↓↓詳細なスペックはこちら↓↓
BODY WOOD: ALDER.
PICKUPS: CUSTOM LINDY FRALIN VINTAGE SET.
ELECTRONICS: AGED RS SUPER POT-VOLUME, 2 CTS AUDIO TONE POTS, CRL 5-WAY SELECTOR.
BRIDGE: RS BRIDGE WITH RAW VINTAGE SADDLES AND SPRINGS.
FINISH:Aged Lake Placid Blue over Daphne Blue
NECK WOOD: FLAT SAWN MAPLE WITH SLAB ROSEWOOD
FRETBOARD SCALE: 25.5"
NUT WIDTH: 1 11/16"
RADIUS: 10"
FRET SIZE: 6105.
NECK FINISH: AGED LACQUER.
HARDWARE: AGED NICKEL.
TUNER: TONEPROS KLUSONS.


詳細な写真・説明はこちらからどうぞ⇒[Bottom's up Guitars] RS Guitarworks紹介ページ

お値段は、通常339,150円ですが今回は
特別価格:322,000円にてご奉仕させて頂きます。
更にお問い合わせを頂いた方には嬉しいプレゼントをご提案出来ると思います^^


一本限りの大特価ですのでお早目にご連絡下さい!


TEL/FAX: 092-262-0124 (12時〜19時)
メールフォームはこちら⇒Bottom's up Guitarsお問い合わせフォーム


当店では、RS Guitarworksの他にもSuhr、TOM ANDERSON、James Tyler、その他ハイエンドギターブランドなどの取り扱いもございます。
買い取り、下取りにもご対応しておりますのでどしどしご相談ください。


スタッフY
posted by 福岡サンパレス店 at 20:26 | 福岡 ☀ | Comment(0) | RS Guitarworks | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

本日のオススメギター【PRS ArtistII】

こんばんは。スタッフYでございます。
最近は寒くなってきたこともあり、毎日のようにラーメンを食べているYです^^;九州のとんこつラーメンは美味しいですね!県外からお越しの方は福岡サンパレス店に寄った帰りにラーメン屋さんへ行くことをオススメしたいです(笑) スタッフ松永氏が美味しいラーメン屋さんを沢山知っているそうなので、是非声をかけてみてください♪

さて、ラーメンのオススメもほどほどに本日のオススメギターをご紹介したいと思います。

PRS ArtistII -Teal Black-
prsartist21.jpg
Teal Black・・・?と思った方、鋭いです(笑)
実はこのArtistII、ボディ全体が綺麗にフェードしているんです。本来はTeal Blackなので暗いグリーン系の色なのですが、現在はフェードした結果カラーチャートには存在しない特別なカラーへと変化を遂げています。
Private Stockが存在しなかった当時はこのArtistシリーズ(その前まではSignatureシリーズ)が当時のフラッグシップモデルでした。
ちなみにこのモデルは1993年製で、ArtistUがスタートした年のモデルなのでシリアルは100番未満と初期物となっております(ArtistUの製造本数は500本未満とされています)
フラッグシップモデルというだけあって、上質な木材やメイプルのパーフリング、ヘッドのロゴ部分にアバロンを使用するなど細かい箇所まで拘った作りであることが伺えます。
prsartist23.jpg
そしてなんとキャビティ部分のバックプレートにPaul Reed Smith氏のサイン入りです!(代表S氏がサインして頂いたそうです^^)
prsartist22.jpg
Dragonと同じシェイプを獲得したボディや(アーチの深さが通常とは違います)専用のArtist Treble、Artist Bassピックアップを搭載した"スペシャル"な感じがたまらないですね。

使用感はありますが、これからも第一線で活躍出来る素晴らしいギターです。実際に私も試奏したときに完成度の高さに驚きを隠せませんでした。
数少ない貴重なモデルですので、弾いてみたい方は是非ご連絡を!
今ならなんと先日ご紹介したPRSケーブルから好きな長さ・プラグのものを一本お付けして
ご注文を頂きました ありがとうございます
ご奉仕させて頂きたいと思います。

PRSケーブルに関する記事はこちら

明日火曜日は定休日ですが、明後日水曜日から営業しておりますのでご興味のある方は是非ご連絡下さい。

TEL/FAX: 092-262-0124 (12時〜19時)
メールフォームはこちら⇒Bottom's up Guitarsお問い合わせフォーム


当店では、PRSの他にもSuhr、TOM ANDERSON、James Tyler、その他ハイエンドギターブランドなどの取り扱いもございます。
買い取り、下取りにもご対応しておりますのでどしどしご相談ください。


スタッフY
posted by 福岡サンパレス店 at 21:00 | 福岡 ☁ | Comment(0) | PRS (Paul Reed Smith) Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

PRSギターがお買得!!今ならPRSシールドが付いてくる!!

ご覧いただきありがとうございます。
ただいまBUG福岡サンパレス店はお得なキャンペーンを開催しております。

現在PRSギターをお買い上げ頂いた際、PRSシールドを無料でプレゼントさせて頂いております♪

希望小売価格: 3m ¥8,400 / 5.5m ¥9,450
現在PRSギターをお買い上げ頂いた際、PRSシールドを無料でプレゼントさせて頂いております♪

このシールド。3mと5.5mの二種類があり、それぞれL字-ストレートと、ストレート-ストレートがございますので、ご注文の際ご希望のジャックをお選び下さい。
【例:5.5mのL字-ストレートが欲しい】

〈以下説明〉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
PRSギターをはじめとした、高品質のギターの豊かなトーンとダイナミクスを妥協なしにアンプへ送る、『PRS Signature Guitar Cable』の高品質設計。

PRS Signature Series Guitar Cableは、キャパシタンスが極めて低く設計されており、お持ちの楽器の豊かなトーンとダイナミクスをロス無くアンプへ送るように作られています。
しかも非常に柔軟性に富んでいるこのケーブルは、もつれの問題もなく、OFC銅99.9%スパイラル・シールド・ガードにより、各種無線{ワイヤレス・マイク、コードレス電話、携帯電話}などから発生する不要なノイズをシャットアウトしています。

『PRS Signature Series Guitar Cable』
リンクURL(英文)→http://www.prsguitars.com/instrumentcables/

さらに詳しい説明(日本語)→http://www.prsguitars.jp/guitarcable/details.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

見逃せない情報として、

なんと、このPRSケーブル、永久保証なんです!

一生保証制度により破損の際は無料で交換してもらえます! (2012年10月現在)


しかも、当社がプレゼントするシールドは新製品の『サイレント仕様』です!!

Plugの詳細説明画像
PRS Cable Silent Plug

そんな素晴らしいシールドケーブル、
店舗移転セールによるご奉仕とさせていただいておりますので、在庫が無くなり次第終了とさせていただいております。。お求めの際はお急ぎを!!
もちろん単体でのご注文も承っております。
皆様からのご連絡、ご注文お待ちしております。^^


スタッフ松永
posted by 福岡サンパレス店 at 19:24 | 福岡 ☔ | Comment(0) | セール、キャンペーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日のオススメギター【Tom Anderson HDTC】

こんにちは。スタッフYです。
本日はあいにくの雨ですが、バリバリ営業していますので宜しくお願いします。

と・・・ お昼に書いたのですが、今日は予想を良い意味で裏切る多数のご来店があり、ようやく今続きを書き上げました^^;

さて、今回はスタッフYのオススメギターをご紹介したいと思います。
これからもちょくちょくBLOGで取り上げていければと思います^^

TOM ANDERSON -HOLLOW DROP TOP CLASSIC-
000.jpg
福岡店でも入荷するとすぐに売れてしまう人気のトムアンダーソンです。
スタジオミュージシャンライクな外見で国内でも根強い人気を誇っていますね。

実は私も相当なTOM ANDERSONフリークでして、所有している昔のカタログを眺めるのが日課になっております(笑)

今回ご紹介するHOLLOW DROP TOP CLASSICは、文字通り人気シリーズの『ドロップトップクラシック』のホロウボディ構造モデルとなっております。
ホロウボディということでなんと重量が3.05kg!非常に軽量で取り回しが良い一本となっております (実は私、腰が弱いので同じタイプのTOM ANDERSONも愛用しております(笑))
002.jpg
TOM ANDERSONのウリの一つであるSwitchrooシステムも搭載していますので多彩な音作りが可能になっております。
実はあまり知られていないのですが、Switchrooは90年代初期(およそ92年頃?)に今のプリント基板タイプの物に変更されました。それまではpoint-to-pointだった様ですね。
90年代初期はヘッドの形状が変更されたり、ヘッドロゴの後ろに(R)が付いたりと細かい仕様の変更があったりで、中々見ていて面白い時期だと思います。

SwitchrooにもTOM ANDERSONの改良の歴史があるのでチェックして見ると新しい発見がありますね。昔のタイプになると並び方が今と違うので(80年代後期と90年代初期で並び方が変わっています)触ってみるとすぐに配置の違いを実感出来ますね。
基本的に昔のタイプ(プリント基板になる前のもの)のSwitchrooの場合Blower Switch(ダイレクトリアだと考えて頂ければわかりやすいと思います)以外は全てそれぞれのPUのオン・オフ・パラレル(並列)になっていますが、現在のタイプは更にキャビティ内のスイッチでコイルスプリット(タップ)とパラレルがピックアップごとに選択出来るのでサウンドがより多く選択出来るようになっています。
TOM ANDERSONの場合、SAシリーズやSDシリーズ(昔ですとSKシリーズなどもありましたね)はスタックタイプ(二段になったシングルコイル)を搭載しているのでパラレルやコイルタップをハムバッカー同様に使用出来ますのでSSHタイプでも性能をフルに発揮出来ます。

PUも非常に優秀で、ロックからオシャレなジャンルまで幅広くカバー出来、当然のことながらギター本体との相性は抜群です^^
ちなみに材質は非公開だそうです(漢の浪漫で出来上がっているのかも)

勿論、Buzz Feiten Tuning System、A-Wedgieといった技術も使われているのでモダンなギターが欲しい方にはうってつけですね。
弾いた瞬間に「良い!」と感じて頂ける最高のブランドだと思います。

その他このギターに関する情報はこちら⇒Tom Anderson Guitar Works / Hollow Drop Top Classic - Arctic Blue with Binding - (Bottom's up Guitars Web Site)


ちなみに気になるお値段ですが、Thanks SOLD!!

さらに!今回はBFTSプリセットを当店でセットアップしたKORG Pitch Black+を無料でお付け致します!
DS01786783.jpg
定価¥21,000-(消費税込)
二度とないチャンスですのでビビっと来た方はお電話・メールにてお問い合わせ下さい。

TEL/FAX: 092-262-0124 (12時〜19時)
メールフォームはこちら⇒Bottom's up Guitarsお問い合わせフォーム


当店では、TOM ANDERSONの他にもSuhr、James Tylerなどの取り扱いもございます。
買い取り、下取りにもご対応しておりますのでどしどしご相談ください。




スタッフY
posted by 福岡サンパレス店 at 18:34 | 福岡 ☔ | Comment(0) | Tom Anderson Guitar Works | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

新店舗改装状況

こんにちはスタッフ松永です。^^
前回の今更聞けないシリーズのバインディングの件で、あまりにも説明が単純だったようで「内容が幼稚すぎる」とのご指摘を受けてしまいました。^^;
バインディングはいろんな歴史がありますし、作る過程の色んなドラマがあったりするのですが、短くまとめようとした僕の文章力不足のため、記事を読まれて不快な気分になった方がいらっしゃったと思います。
この場をお借りしてお詫びするとともに、今後、より一層勉学に努めたいと思います!



さて、話は変わりましてBottom's Up Guitars福岡サンパレス店、新店舗の改装状況です。

Bottom's Up Guitars福岡サンパレス店、新店舗の改装状況です。

まさに「改装中」って感じですねヽ(^。^)ノ
今回社長の計らいでなんと2部屋も作る大型の試奏ルーム。大工さん達のおかげで徐々にその姿が出来上がってきております。
この試奏ルーム、右と左の部屋で音場環境が異なるように設計・施工されています。
今回の防音室の工事は防音専門で設計施工を行っているプロ中のプロに依頼してあります。
完成すれば大音量での試奏が可能になり、楽器の良さを体感していただける最高のスペースになるでしょう。
さらには、試奏された音は別ルームで聞けたり、録音したり、配信できたり、と趣向を凝らした設備になります。
本当に完成が待ち遠しいです♪

では次回更新をお楽しみに。
posted by 福岡サンパレス店 at 20:01 | 福岡 ☁ | Comment(0) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

無事に帰国!明日から東京店に立ちます。(水曜→帰福)

無事に帰国しました。明日から東京店に立ちます。

こんにちは。

昨夕無事に帰国し、本日は資料整理等々でチーフTともども店舗にはおりませんが、
明日日曜日21日より、日月火と3日間東京本店に立ち、
水曜日に福岡に戻る予定です。

新店舗の工事も着々と進んでいるようで、ここいらで一息ついて、旧知の皆様方にご挨拶の一報を入れなければと考えています。

引き続きBLOGの更新を楽しみにお待ちくださいませ。

代表 重浦
タグ:渡米 出張
posted by 福岡サンパレス店 at 13:26 | 福岡 | Comment(0) | 海外出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

MerylandのPRS GuitarsからCaliforniaのFargen Amplificationへそして成田JAPANへ!

おはようございます。龍野です。
ただ今現地時間の7時です。

PRS_Factrytour20121015

PRSファクトリーのエントランス。
メリーランドでは短い時間でしたが現地の知人と再会し、その後いつもの大きな橋を渡ってPRSファクトリーへ。
なぜかP.R.S氏の奥さまご一行と一緒にファクトリーツアーを回ってきました。


PRS_Factrytour20121015

これだけ大量のPRSが作られていくさまはいつ見ても壮観です。
工場の規模を拡大し、機械や設備もどんどんとアップデートされていますが、職人の目と手でなければ成し得ない細かな部分は、相変わらずの手作業です。
また、生産本数もここ数年は増やさず、クオリティを更に高めることに時間を費やしています。
こうして製品のクオリティは保たれ、安定した製品が送り出されていきます。



Fargen_Amplifier_Factory_Tour

PRSファクトリーを後にし、次なる訪問地であるカリフォルニアのサクラメントへ。
ここではFargen Amplification/Custom Ampを訪問。
Steve VaiやJoe satrianiのアンプモディファイを手掛け、Michael Landauが彼の製作したアンプを愛用するなど、米国ハンドメイド・ブティックアンプ業界でホットなビルダーです。

ギタリストが求めてやまないクラシカルで良質なトーンと、Benjamin Fargen氏が考えるトーンを融合し、更なるトーンを追求する姿は純粋でまっすぐな少年のようで、とても楽しそうにアンプの話、回路の話、エフェクターの話をする姿が印象的でした。

今回、多くのプロトタイプを見せていただき、またランドゥ氏が愛用する機種のドンズバモデルもオーダーして参りました。
製品だけを見ていては感じきれない様々な思いや取組み、追求を見ることができてとても有意義で楽しい時間となりました。

非常にめまぐるしく変わる状況での旅でしたが、あとは帰国のフライトを残すのみとなりました。
そろそろ出発です。
それでは・・・
posted by 福岡サンパレス店 at 23:28 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Meet the "Amp Wizard" Benjamin Fargen. ファージェンDAY 2日目。

ちょっと思わぬ風邪をどこかでもらってしまって喉の痛みとほんの少し熱っぽさを感じている代表Sこと重浦でございます。

ポールリードスミスの街を離れてから10時間ほどをかけて現在北カリフォルニアにいます。
昨日に引き続き、Fargen Amplificationのラボとワークショップに潜入。

ベンジャミン・ファージェンとは旧知の仲。輸入代理店の職に就いて7年目になります。

今回はとうとう2013年に向けてのBig Projectのキックオフです。

今日も頑張って参ります手(グー)むかっ(怒り)
posted by 福岡サンパレス店 at 02:58 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 海外出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

PRS Guitars Factory(本社・工場)のある町、メリーランド州、ボルチモア→アナポリス→スティーブンスヴィルへやってきました。

こんばんは。現地時間15日の朝9時を迎えました。
4時に寝て、6時に目が覚めてしまい、さっきまで仕事に没頭していたら、ブレックファーストの時間を逃してしまいました・・・ (><) 明日の午前6時には発つので2泊分の朝食を無駄にしてしまいました。 とほほ。

さて、
Come back to Meryland
ご覧の通り、昨日はMcNaught GuitarsのDavidの自宅を朝4時に出発し、車で暗闇の中を(本当に街灯ひとつ無いのです)ひた走り、空港でチェックイン、ドロップオフ、そしてゲートインして、深夜なのか早朝なのかわからない飛行場の闇を歩いて、タラップまで向かいました。
Come back to Meryland

朝焼けに照らされながら、ノースカロライナ → ケンタッキー → メリーランドと、乗り継いではるばるやって参りました、ボルチモア。
Come back to Meryland

さすが、PRSのおひざ元(?)だけあって、ご覧の通り、HARD ROCK CAFEにPRS Guitarが!!
Come back to Meryland

昨日の午後は、ディーラーの社長とコレクター宅を訪問予定でしたが、ドタキャンになってしまったので、龍野と二人で デート 徘徊して参りました。 でも疲れていてハーバーを軽く散歩するのがやっとで、その後ホテルに帰って、メール処理しながら一眠りして過ごしました。

どこの街もアメリカのダウンタウンは何だか良いですね。
Come back to Meryland

Come back to Meryland

Hard Rock CAFE - Baltimore

さあ、これから海を渡って、隣の島のポールリードスミスギターズの工場まで小一時間のドライブです。

今日も元気に行って参ります!

重浦 & 龍野
posted by 福岡サンパレス店 at 23:14 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 海外出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

Good bye Charlotte!

おはようございます、です。(現在朝6時前)
アカウント乗っ取り中の龍野でございます。


マクノウト一家と涙のお別れをして、現在シャーロット空港です。
これから飛行機に乗り、次の訪問の地、ボルチモアへ。


IMG_20121014_054455.jpg


今日も長い1日になりそうです。
それではまた後ほど…?

posted by 福岡サンパレス店 at 19:04 | 福岡 | Comment(7) | 海外出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする