2015年12月29日

2015年、大変お世話になりました…!

こんばんは。
いつもお世話になっております!福岡サンパレス店 真木です。
昨日、2015年の業務が終了致しました!
本日は内々にて店舗の大掃除&改装中です。
29日(火)〜新年1月6日(木)まで、お休みを頂戴致します。)

 さて、たくさんのトピックがあった一年でしたが、何よりも多くのお客様に知って頂き、店舗へ足をお運び頂けたことが、いよいよ5周年を迎える『福岡サンパレス店』としても、成長を実感たらしめています。

すべての出来事が生み出してくれた繋がり、その出逢いからまた新たな出逢いが連鎖していくその素晴らしさと感謝を噛みしめた一年でした。

これからも必要とされる存在でありたい。心からそう願っております。

本年も大変お世話になりました。
また新年も、ボトムズアップギターズ 福岡サンパレス店らしく、皆様と一緒に楽しくスタートしたいと思っておりますので、どうぞ倍旧のご指導ご鞭撻を宜しくお願い申しあげます。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください!

1月7日(木)10時より営業致します。
※初売りイベントは1月9日、10日、11日の3日間に予定しています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// 営業時間 ///
毎週火曜定休 OPEN 10時 CLOSE 21時
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)

posted by 福岡サンパレス店 at 18:59 | 福岡 ☁ | Comment(2) | お店からのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

『FAT Top Board Set』 販売開始!!(店頭 & 通販対応!)

こんばんは!スタッフ真木です。
さぁ、今年も残す所、あと一週間!この一週間をどう過ごすか!
悔いなく今年を燃え尽きて、また来年に向かって志を持って、
気持ち新たに頑張りましょう!← 真面目かww

さて、本日はこれまた嬉しいトピックのご報告です!

FAT_Topboard_Set_Logo.jpg

FAT_Topboard_Set.jpg

"FAT Top Board Set" 店頭販売 & 通販スタート!

Orange、Red、Purple、Blue、Grayの5色
各色数セットずつ、少量のみ入荷です!
1セット:16,200円(税込)(※BOSS FV-500H対応)

店頭にて展示販売中!今回は通販も受け付けております^^
ご注文、カラーの在庫などのお問い合わせなどはこちらまで♪

●メールお問い合わせフォーム●
http://goo.gl/OBnnk

●福岡店TEL●
TEL:092-262-0124

FAT オフィシャルWebストアでも未販売、イベントなどでしか販売されていない
レアアイテムですので、遠方の方、イベントにお越しになれなかった方など、この機会に是非!

さぁ、明日はクリスマスイブですね〜!
ご家族、恋人、ご友人と一緒に楽しいお時間をお過ごしください!
こちら福岡は雨の予報という事で…
出来れば、雨は夜更け過ぎに雪へと変わって欲しいものですね ←

それでは、また!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by 福岡サンパレス店 at 18:58 | 福岡 ☔ | Comment(0) | FAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

徹底解剖 & 試奏インプレ!『T's Guitars Arc Standard -Arctic Blue- "5A Quittle Maple Top" / EV510 【サウンドメッセ in 大阪 2015 Show Model】』《※長文 & 画像多数!!》

こんばんは。スタッフ真木です。
いきなり寒くなってきたこちら九州…気候的にもやっと師走感が出てきましたね!
お身体にはくれぐれも気をつけておすごしください。

さて、昨日、デジマートにアップ致しました!

Arc_STD_AB_Messe2015_Main.jpg


Webアップ以降早速、SNSでの盛り上がり具合、お問い合わせなどの嬉しい反響を頂いております。本機の希少性、特別仕様などの推しポイントはデジマートの説明文に譲るとしまして…
この度は徹底解剖 & 試奏インプレをお届けしたいと思います!

それでは、スタート!まずは仕様のおさらい!

【SPEC】
●Neck : Honduras Mahogany / Ebony 22F Jescar 2.6*1.2 (Set-Neck)
●Body : Quittle Maple / Honduras Mahogany (Small Chamberd)
●Color : Arctic Blue (ウレタン)
●Peg : Gotoh SG381-P1,MG-T
●Bridge : GOTOH EV510
●Pickup : DH-450n/560b
●Scale : 24.75 inch(628mm)
●Strings : Elixir 010-046
●付属品:オリジナルハードケース & T's Guitars30周年記念Tシャツ


Arc_STD_AB_Messe2015_Top01.jpg

試奏インプレ!とは言いましたが、ここまで美しいギターなんです…
ルックス面にも触れさせてください(笑)
「Arctic Blue」というネーミングを持つ人気のカラー。
若干フェイドしたような渋さを持つ青味加減の為、飽きが来ないフィニッシュです。
トップのアーチ具合、"5A Quittle Maple Top"(こちらは後述致します) とのマッチングも絶妙。
ギターに詳しくない方にも美しいと思って頂ける気品と雰囲気を持つ、
説得力のあるルックスです。

Arc_STD_AB_Messe2015_Top08.jpg

マホガニーバック&ネック/メイプルトップ…というレスポールに準じた伝統的なマテリアル構成…
しかし、本機は只者ではないのです。

Arc_STD_AB_Messe2015_BackMain.jpg

Arc_STD_AB_Messe2015_Top02.jpg

「ホンジュラスマホガニーバック&ネック」「Quittle(クィトゥル)Maple Top」
ホンジュラスマホガニーも昨今かなりの希少な材ですが…
「Quittle(クィトゥル)Maple」…聞き慣れないメイプルの名前かも知れませんがそれもそのはず。
かなりの希少材だからです。(フレイムとキルトの中間…!)
今回のショーモデルの為に採用されたレアマテリアルなんです。
本機が"Only One"の存在である事を絶対的な物にしてくれる最高の材ですね!

Arc_STD_AB_Messe2015_Back02.jpg

ウェイトは3.51Kg!
実際に弾いてみても鳴りの暴れ感と音のコシ、ローの存在感とハイミッドの抜けが
絶妙に共存したベストウェイトだと思います。
レスポール程は厚くないボディの為、取り回しにおけるウェイトや長時間のライブにも
抜群の演奏性です。

Arc_STD_AB_Messe2015_Neck.jpg

ネックシェイプは若干細身のUシェイプ。
適度に肉付きも良く、且つグリップもしやすいネックです。

Arc_STD_AB_Messe2015_Head.jpg

Arc_STD_AB_Messe2015_Headback.jpg

オリジナル3:3のヘッドシェイプ。
チューナーにはGotoh SG381-P1,MG-Tを採用。

そして、T's Guitarsが日本に置ける第一人者でもある「Buzz Feiten Tuning System」
この響きは意外と体感した事が無い方も多いでのはないでしょうか?
分かりやすく言いますと「濁りのない、澄んだ和音感」と言いましょうか、
ぶつかり合う音が無いため、伸びやかに澄んだ和音感を味わう事が出来ます。
また、テンションコードなどの複雑な和音の響き方がまた格別です。

もちろん、通常のチューニングでも魅力は堪能出来る素晴らしい作りのギターですが、
普段慣れ親しんでいる「響きのその先」を体感したい方は是非お店でお試しください^^

Arc_STD_AB_Messe2015_Fret03.jpg
フレットにはJescar FW9665(ミディアムジャンボ )
Jescarのフレットはステンレスではないにも関わらず、曇りにくく、摩擦係数の低い
快適なフレットです。一瞬「アレ?これステンレスだったかな?」と間違える程の見た目と弾き心地です。この目の詰まった漆黒のエボニー指板とのコントラストがこれまた美しい。

Arc_STD_AB_Messe2015_Fret.jpg
フレットエッジ部分を非常に丸く仕上げております。この処理は非常に手間暇の掛かる工程ですが、ここの処理一つで弾きやすさは格段に違ってきます。

Arc_STD_AB_Messe2015_PU.jpg
PUにはT's Guitars オリジナルPU
「フロント=DH-450n(アルニコ4)」「リア=560b(アルニコ5)」 を採用。
フロントは比較的出力は控えめ、リアは若干ホットなサウンドセレクト。(コイルタップも可能。)
その為、アンプやペダルによって歪みの幅は広く、汎用性の高いサウンドを創出してくれます。
コイルタップ時もリアルな"ゾリゾリ加減"が優秀なシングルコイルサウンドです。

Arc Standardは標準スペックとして内部が「スモールチェンバー構造」となっております。
余計なボワつきは生まずに適度に締まりながらファットに、クリーントーンでは
ふんわりと温かみのあるトーンに、絶妙なエアー感を味付けとして加味してくれるように
チェンバーが最大限活かされている印象です。
PU、指板材、フレットとの組み合わせのバランスが取れているという部分でもあると思います。

Arc_STD_AB_Messe2015_EV510.jpg
当初、ブリッジにはWilikinson VS100が搭載されていましたが、工場にお伺いした際に、
様々なギターを弾き比べた末、こちらGOTOH EV510への変更を致しました。
事実、レンジの広さはそのままによりミッドが充実した印象、グッと押し出し感がプラスされ、
濃密なトーンへの変化を遂げました。本個体にはベストマッチングのブリッジ選定になったと思います。

そして、T's Guitarsのギターは全てのギターに対して、高橋代表のファイナルセットアップが施されて出荷されている、という点も改めてお伝えしたいポイントです。

【インプレッション】

レスポールのようなファットさや粘りもあり、時折ストラトライクなジャキっとしたトーンが顔を出す…
稚拙な表現になってしまうのですが、何でも出来る気持ちにさせてくれるギターです。
(スケールはミディアム=レスポールに準じた24.75インチです。)

試奏しているとそのギターの持ち味、得意な方向性が大体掴めてきて(例えばこのギターはカッティングが生きるな、など)その方向性のみで音作りと演奏を限定しがちですが、本機は色々な方向性からのアプローチとサウンドセッティングがドンドンしたくなる一本です。

またその感覚を支えているのが、抜群の演奏性だと感じます。ローアクション(弦高低め)の設定が
可能なのはもちろん、低くしてもしっかり鳴る!という部分が特筆点です。

私も日々店頭にてセットアップをする際に「弦高低めの演奏性 VS 鳴り感重視」のせめぎ合いは
いつまでもテーマでありまして、お客様にとってもそうだと思います。
ですが、本機に関してはローアクションで弾きやすく、且つガンガン鳴る!
これはネックやフレットレベリングにかなり注力しているからこそ追い込める部分であり、
組み込み精度や上質なマテリアルの採用の賜物だと感じますね。

Arc_STD_AB_Messe2015_Top06.jpg

「ずっと弾いていたくなるギターを作り続けたい」という目標をお伝えくださった
高橋社長のお言葉通り、本機は時間を忘れて弾き続ける事ができるギターです。

個人的にも良いギターの一つの指標として「弾けなかったフレーズが弾けた!」
「いつの間にか弾いていたら真夜中だった(笑)」
というストーリーが生まれる一本である事が
証明になると思っておりますが、その感覚がとても感じられるギターです。

この度、デジマートと今回の記事でマテリアルやこだわりなどにスポットを当てましたが、
「ずっと弾き続けられる、弾いていたい」というそのフィーリングに到達するまでの
プロセスの一つ一つが、フレットエッジであったり、パーツの選定、マテリアルの選定、
と一つ一つのこだわりに大きな意味があり、全てが渾然一体となってサウンド、
快適性を作り上げている印象です。

実際に工場を訪問、高橋代表のお話を聞いて、職人の皆さんの作業を拝見させて頂いた事もあり、改めて弾いてみると理念や想いが伝わる一本に仕上がっていると感じました。

第一線で活躍するプロアーティストの方々、特に「巧者」の方が多く愛用されている
イメージの強いT's Guitars。
その事実が証明するように、とにかく音楽を奏でる事に集中できる、
フレーズの引き出しを開けてくれる、インスピレーションが刺激される、瞬時の表現欲求にしっかりと追従してくれる…そんなギターです。
そして、改めてArcというモデルに触れて、また一つのNEW SANDARDと成り得るモデルと感じましたね。

Arc_STD_AB_Messe2015_T.jpg

また、サウンド面では無いですが、本機には購入者特典として特別に
「T's Guitars 30th Anniversary T シャツ」が付いてきます。
Arcがさり気なくデザインされており、普段使いでもおしゃれな一枚ですね!
これは嬉しい特典です。

------------------------------------------------------------------------------


いかがでしたでしょうか。
これは実際に体験、試奏頂きまして感動を共有したい、そんな気持ちです。
結構長文になってしまいましたが、デジマートページと合わせてご参照頂きまして、
ご興味を持って頂けましたら嬉しいです。

最後はフェチ角度からお届けです!
匠の技が作り出すアーチの美しさをお楽しみください^^

Arc_STD_AB_Messe2015_Top04.jpg

Arc_STD_AB_Messe2015_Top07.jpg

Arc_STD_AB_Messe2015_Top05.jpg

それでは、また!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by 福岡サンパレス店 at 14:46 | 福岡 ☀ | Comment(2) | T's Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

「FAT 金曜夜市〜Friday Night Market〜 & 大忘年会 in 博多」 大盛況で終了しました!

こんばんは。スタッフ真木です。

「FAT 金曜夜市〜Friday Night Market〜
& 大忘年会 in 博多」

無事に大盛況のうちに終了しました!
たくさんのご来場とご参加、誠にありがとうございました!

FAT_Goods.jpg

おかげさまでたくさんのお喜びの笑顔&お声、新しいご縁の機会を頂く事が出来まして、
本当に嬉しい限りでございます。
年末の平日のお忙しい中、ご来店下さったお客様方、
(山口県からお車でわざわざいらしてくださったお客様も!)
そして、FATチームの皆さん、いつも本当にありがとうございます!

FAT_T.jpg

FAT_Goods02.jpg

イベント終了後の大忘年会も非常に盛り上がりました!
空くじなし!大当たりアリ!で、かなりの白熱っぷりを見せた抽選くじ大会!
かなり熱かったですね〜!また長いお付き合いでもお酒の席をご一緒するのが初めての方も
いましたので、本当に貴重な機会でした。
お客様同士もギターを中心に様々な話題で非常に有意義な時間を過ごして頂けたのではないでしょうか^^

FAT_BUG_Maki.jpg


私も緊張と空きっ腹にアルコールのカオステンションでご挨拶などさせて頂きましたが…
ご参加の皆様、失礼などなかったでしょうか…(笑)空気的な意味でも(笑)

お客様を交えてここまで大規模な忘年会をする事はBUGとしましても初めての試みでしたので、
至らぬ点など多々あったかと思いますが、この度も最後の最後までお客様、取引先の皆様、
FATの皆様に支えていただき、生かして頂いたとしみじみ感じる忘年会でした。
福岡店だから出来る事!福岡店だから楽しい事!皆さんと一緒だから楽しめる事!
もっとこんなイベント沢山やっていきたいですね!

福岡サンパレス店、まだまだ今年は28日(月)まで駆け抜けます!今年も残りあと二週間!
私にとってもあっという間でもあり、長く濃い二週間となるでしょう!
とにかく皆さんと一緒に楽器を、ギターを通して楽しく一年を終えたいと思いますので、
年末もボトムズアップギターズを宜しくお願い致します!

最後にBUG、FATチームの皆さん、常連のTさん、常連兼お手伝いのKZI君と記念撮影!

BUG_FAT.jpg

これからもBUG × FATのコラボレーションイベント、展開をお楽しみに!

それでは、また!
また明日からのトピックにもご期待ください!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
タグ:忘年会 fat
posted by 福岡サンパレス店 at 22:47 | 福岡 ☁ | Comment(0) | FAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

明日は遂に「FAT 金曜夜市〜Friday Night Market〜」! ※販売追加ラインナップ情報あります!※

こんにちは。スタッフ真木です。
昨日は東京にPRS特別商談会で出張してまいりました!
こちらの戦果に関しましては…また日を改めまして、お楽しみに^^

そしてそして、遂に明日開催です!

『FAT 金曜夜市〜Friday Night Market〜
at BUG 福岡サンパレス店』

先日、弊店ブログにて発表しましたアイテムに加えて、
福岡でも"FAT Tシャツ"の販売が決定!
やはりFATイベントにはこれがあると嬉しい^^

FAT_T02.jpg

FAT_T03.jpg
Price: ALL 2,500円(税込)

Webストアでも販売されていなかったレアTシャツを手に入れる貴重な機会です!
(何気に…今回の"Friday Night Market 限定デザイン"もあります…!!)

そして…
10万円以上お買い上げでもらえる激レアアイテムも…!!
(こちらはご来店された方だけのみのお楽しみ!)

当日になって追加販売になるアイテムもあるかも知れません、
なので今回のイベントに参加しない手はありませんよ〜!

また、Livelineケーブルの量り売りに関して、以下のご案内をご確認ください。
(※Keihinjima Lab Facebookページより)

FAT_Cablechart.jpg

写真はオーダーケーブルの料金表です。
ちなみに1.5mのオーダーの場合は2mのケーブルと同じ価格で販売しています。
一番短いのは20cmからになります。
東京ではかなり複数本のご注文を頂き、多くの方をお待たせする事になりましたので
今回の福岡からは1本のお客様のみ、その場でお受けします。
また、お待ち頂くお時間のないお客様、複数本をオーダーのお客様に関しては、
その場でのお渡しではなく後日のお渡しに変更させて頂きます。
また、東京ではケーブルのみのご注文をお受けしましたが、今後は完成品のみとさせて頂きます。
(※ケーブル製作受付締め切りは20:30とさせて頂きます。)

金曜夜市の開催時間は15時〜21時まで開催致します^^
(店頭営業自体は通常通り10時からです。)

それでは、明日は多数のご来店をお待ちしております^^
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL /// 火曜定休
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)
タグ:214.K 314.C 514.D fat
posted by 福岡サンパレス店 at 16:32 | 福岡 ☔ | Comment(0) | FAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

T's Guitars (ティーズギター) 工場訪問 その4 そして未来に向けて・・・ 「サウンドメッセ in 大阪 2015 Showモデル」、「30th Anniversary Limited」


2日目の朝

これからの「B.U.G. × T's Guitars」についてのお話を進めてまいりました!

ショップオリジナルモデルのオーダー、今後のイベントなども計画!!


T's Guitars (ティーズギター) Sound Messe 2015 Show Model Arc-Std
大阪サウンドメッセで仕入れさせて頂いた「ARC」と一緒に!
(※当社代表の希望により撮影後にブリッジをVS100からEV510に交換依頼して、ファクトリーセットアップを経て福岡店に入荷しております。)

『Arc Std Arctic Blue 5A "Quittle Maple" Top』 ¥486,000- (8%税込)


30th Anniversary DSTDX24.jpg
こちらは、『30th Anniversary Limited Model』2015年年末に少量のみ完成し、2016年一年をかけて24本程度のみの生産を予定しているリミテッドモデルになります。 (※上記は現時点での情報ですので、今後変動することもございます)


Maki_MrTakahashi_Ts_DSTDLX24_30thLimited
この新モデルも弊店仕様にてオーダーして来ました!

全容は今後のお楽しみに!



滞在中は、ファクトリーに里帰りしたサウンドメッセモデルをリセットアップして頂いたり、ウクレレ製造部門の工房をのぞかせて頂いたり、貴重づくしの体験期間でした。

T's-Guitars_DST_Classic24_Flourite_Setup02.jpg

T's-Guitars_DST_Classic24_Flourite.jpg

T's-Guitars_DST_Classic24_Flourite_Setup01.jpg

T's Guitars(ティーズギター)







如何でしたでしょうか?
本日まで4日間かけて全4編でお届けしました【T's Guitars(ティーズギター)訪問記】

これからも九州のギターフリークに取っての大きなトピックを投下し続けますので、今後の福岡サンパレス店にますますご注目ください!


T's Guitarsさんのギター作りに対する真摯で熱いスタンスが少しでも伝わって頂けましたら嬉しい限りです。


社員の皆さんと記念撮影をしました。
T's Guitars All Members with Bottom's Up Guitars

T's Guitars 高橋社長、スタッフの皆様、12月のお忙しい中、ご丁寧な対応とお出迎えを頂きまして、本当にありがとうございました。
これからご一緒に素晴らしいギターを広めていくお仕事が出来る事を大変嬉しく、光栄に思います。






後は福岡店で試してもらえるように準備していくだけ… という事で!


早速、今回ハンドキャリーで持って帰ってきました^^

T's Guitars DST Classic24 "Sound Messe 2015 Special model"
フレア・フロウライトfinishというティーズ初のカラーリングを施し、
EVブリッジ、(当社代表重浦の希望によりメッセ後に)PU周りの形状を変更したPGなど、
最初からB.U.G.らしい異色のディンキーストラトです。
満を持してボトムズアップギターズで展開! T's Guitars 2015 Show Models!!

これは是非見にいらしてください。
この特殊なフィニッシュは実物を見てもらわないと、本当のカッコよさが伝わりません!

満を持してボトムズアップギターズで展開! T's Guitars 2015 Show Models!!

『DST-Classic24/EV510 フレア・フロウライト』 ¥348,000- (8%税込)


サンパレス店のショーケースにスタンバイしています!
多数のご来店をお待ちしております!

※フレア・フロウライトのDSTC24は売約済みとなりました。お買い上げくださいまして誠にありがとうございます。



読者の皆様、
長期間お付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。

福岡サンパレス店 真木 浩史

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL /// 火曜定休
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)
posted by 福岡サンパレス店 at 12:21 | 福岡 ☔ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

T's Guitars (ティーズギター) 工場訪問 その3 番外編? ギター談義に花は咲き・・・ *経営理念/信州グルメ



そして、だいぶ夜遅くなってきたので工場から松本市内へと場所を変えて、
美味しい酒の肴にギター談義に花が咲き・・・

3軒もはしご酒してしまいました・・・(笑)


今年で創業30年を迎え、数多のOEMを生産し続け、アーティストに、同業者に、
圧倒的な信頼と実績、確実なノウハウを得て、確固たるスタンスを築き上げたT's Guitars。
その代表の方から直にお聞きする、ティーズというブランドを象徴するような真面目な言葉の数々

特に印象的なお言葉は、

「まだまだ始まったばかりだと思っています。」

高橋社長の丁寧で優しいお人柄とこれからまだまだ進んでいくんだ!という熱意が
その一言に集約されていると感じて、感動を隠せませんでした。


「ずっと弾き続けられる、弾くのがやめられないギターが作りたい」という高橋社長の言葉は、ギターを愛してやまない方にしか口にする事の出来ない言葉であり、改めて長野にT'sさんに来る事が出来てよかった!と感じた瞬間でした。

(とある著名なギタリストさんにギターをお渡しした際に言われた
「このギターを弾くと自信が持てます」という言葉がとても嬉しかった、とも。)


Suhr Guitars、Freedom Custom Guitar Research、Provision、FUJIGEN、DEVISER、Vanzandt、PGM、Sugiどこに行ってもそうでしたが、やはり作られた故郷に行く、作った方々に会いに行く、というのは本当に大切で、ボトムズアップギターズが大事にしている理念に則した出張だったな、と改めて思います。


ところで、
オーダーメードが出来るギターメーカーとしての側面も人気なティーズですが、
結婚記念日や定年のお祝いなどのオーダーのご相談もけっこう多いそうで、
メモリアルな人生の節目にもT's Guitarsの存在は大きいようです。
ご相談には高橋社長がご対応されるそうで、社長のお気持ち、目線がしっかりとエンドユーザーにまで向いている、という所をより表してくれるエピソードでした。


【一本一本に込められた思い】
何故作り続けるのか、どんな方が、どういう気持ちで、どういったゴールを目指し、作っているのか・・・
現地で、ギターに、音楽に対する熱いお気持ちをお聞きして、私共も共感・共鳴した末に譲り受けたDSTとARCという製品、その一本一本を丁寧にユーザーさんにお届けする。
そして、T's Guitarsというブランドがこれからさらに広がっていく、そのお手伝いの一部を当社がさせて頂き、ユーザーさんにも満足頂く。そしてユーザーさんとT'sさんの距離がもっと近くなる、そう願ってやみません。


如何でしょうか。

つい真木も後半書きつつ込み上げる想いが乗っかりすぎてしまいましたが、真摯に作られる楽器を真摯に販売したいという当社の経営理念を体感する出張でした。

それでは、次回は2日目 出発の朝&サウンドメッセ2015モデル/そして未来へ編をお届け致します。

また次回お会いしましょう!

福岡店 真木でした。






追伸: 松本グルメ編
続きを読むにはこちらをClick!
posted by 福岡サンパレス店 at 06:00 | 福岡 ☔ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

『FAT 金曜夜市〜Friday Night Market〜 at BUG 福岡サンパレス店』 販売予定ラインナップ!

お世話になっております! 福岡店 真木です!
先日より公開開始、数回に分けてアップ中の「T's Guitars出張レポート」
お楽しみ頂けているでしょうか^^

そんな中、来週12月11日(金)に控えましたこれまた楽しみな
イベントの告知をさせてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


『FAT 金曜夜市〜Friday Night Market〜
at BUG 福岡サンパレス店』


堂々、販売予定のアイテムラインナップを発表!
LINE@のFATアカウントをフォローされている方は既にご存知知れませんが、
販売ラインナップが発表されております!

※LINE@で発表されたラインアップは、数量限定で既に完売、
または先日の東京(京浜島)で開催されたイベントのみの限定商品などもありますので、その点をご理解ご了承ください。
さらには、福岡限定も飛び出すかも?!


まだ確実な数量や、正式なラインナップは未定ですが、現時点でBUG福岡サンパレス店で販売が決定した物はこちら!全て台数限定!(少量のみの物もあり!)早い者勝ち!

(※写真はFAT LINE@アカウントより)

-----------------------------------------------------------------------------------


FAT_Toursample_Type4.jpg

Tour Sample Fixed Wah Type04(復刻)
価格: 43,200円(税込)


FAT_Toursample_Type6.jpg

Tour Sample Fixed Wah Type06
価格: 43,200円(税込)


FAT_BOB9.jpg

Ibanez BB9 Modified by FAT "BOB9"
価格: 32,400円(税込)


FAT_514D_LTD.jpg

514.D Hand Stamp Ver
価格 :37,800円(税込)


FAT_214K_LTD.jpg

214.K Hand Stamp Ver
価格: 37,800円(税込)


FAT_Effecter_Scratch.jpg

514.D(There is a Little Scratch)
価格: 32,400円(税込)
214.K(There is a Little Scratch)
価格: 32,400円(税込)
313.C(There is a Little Scratch)
価格: 38,200円(税込)


FAT_Volumepedal_Plate.jpg

Top Board for BOSS FV-500 価格:16,200円(税込)
(Purple、Red、Blue、Gray、Orangeを販売予定)


FAT_Pickcase.jpg

Pick Case(New!形状変更して小さくなりました)
価格: 32,400円(税込)
(Purple、Red、Blue、Lime Green、Black、Grayを予定)


FAT_Tophat.jpg

Top Hat
価格: 1,500円(税込)
(Purple、Aqua Blue、Gray、Orange、Green、Redを予定)


FAT_TM95.jpg

Voicing Switch for TM-95
価格: 5,000円(税込)


FAT_Liveline.jpg

FAT×Liveline シールド 量り売り
価格:5mでだいたい5,500円程度(その場で製作!)

(※ケーブル量り売りに関しては、製作時間もありますので早めのご来店がベスト!
(20:30締め切り))



また、これまでのイベントでも大好評を博したアイテム、

FAT LOGO Pick 10Set 価格:1,620円(税込)
FAT LOGO Jim Dunlop 10Set 価格: 1,080円(税込)
FAT Tuner 価格:1,500円(税込)


なども販売予定です!(Webストア未販売)

ここでTour Sample Fixed Wah Type 04復刻 & NEW Ver Type06発売とか…激アツ!
個人的にもIbanez BB9をFAT BOB氏がモディファイした"BOB9"!めっちゃ気になります!


もしかしたら、これからラインアップが増える可能性もありますので…
こちらは当日のお楽しみに!



15時〜21時までの開催を予定しておりますので、
皆様…奮ってご来店ください!

FATチームの皆さんも一緒に店頭販売致しますので、色々な話題に時間を忘れそうですね。
貴重な時間になること間違いなし!!


金曜夜市 "Friday Night Market" 絶対楽しいですよ!
待ち遠しいです♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
タグ:514.D 314.C 214.K
posted by 福岡サンパレス店 at 17:24 | 福岡 ☁ | Comment(0) | FAT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T's Guitars (ティーズギター) 出張レポート その2 工場到着! ミーティング&工場見学編


さあ初日、私スタッフ真木は福岡空港〜羽田空港へ。
羽田空港で弊社代表の重浦に車で拾ってもらい、そこから長野までのロングドライビングへGo!

社内ではT's Guitarsに関しての更なるリサーチや話し合いなどの打ち合わせをしながら、あっという間の約4時間。
(車内BGMにはG5、Mint Jam、大凶作など、T'sさんに縁のあるCDを持参しました^^)


あたりがもう暗くなり始めた夕方に工場到着。
「高橋 謙次社長」にお出迎え頂きまして、改めてのご挨拶をさせて頂きました。
(私、真木は昨年の「楽器フェア2014」以来のご挨拶でした。)


ご挨拶と軽い雑談のあとはミーティングルームにてこれまでのT's Guitarsの歴史などのお話をお伺いしました。

【History Interview】
高橋社長ご自身の渡米経験や製作経験のなかで通ってきた海外のカスタムコンポーネントギターを礎に、日本人ならではのきめ細かい部分への気配りと安定性、「ずっと弾いていたくなる一本」を目指してギター作りを行っているとのこと。

今年で30周年を迎え、数多のプロトタイプ開発やOEM生産(※)、リペア(※)の需要に応えながら、実績と信頼を得続け、培ったノウハウを生かして作り上げられたオリジナルギター達・・・


※ここでは敢えて記載致しませんが、皆さんご存知のあのブランドやあのブランドもT'sさんで製作されていました!
※現在は生産品質の維持向上のため一般のリペアの受注は終了しています。


これまでの30年のキャリア、今もなお年間1,000本前後作ることによりどんどん蓄積される経験値や発見、改善、、、etc.etc....

弾いて納得、所有して満足に繋がる。それがT's Guitars。

お話をお伺いしていく中で今回のお取り扱いさせて頂くスタートに際して、更に私の背中を押して頂けたような心強さがありました。


【How about BFTS?】
Buzz Feiten Tuning Systemに関しても「これが絶対です!」という押し付けるスタンスでは無く、トラディショナルな楽器が生み出す「ゆらぎ」が持つ音のカッコよさを尊重した上で、
「こんな響きも有りますよ、響きを整えるとこういう音の違いが有りますと、という選択肢の一つとしてお手伝いが出来れば…。」というプレイヤー目線でのご提案という事でした。
(高橋社長ご自身もプレイヤーとして活躍されていた事もあり、弾きやすさと音色という点を重視されているご様子でした。)



 ずいぶん長く弊社代表重浦を交え話し込んでしまったので、ヒートアップしたその熱を少し冷ますかのように(笑)、工場内に移動

【Factory Tour】
工場は清潔でコンパクト、作業効率の流れが考えられた、物づくりに最適な環境のように思えました。
曰く、これまでの長い歴史の中、試行錯誤から生み出されたオペレーションとの事。
(今でも現場の職人さんの声を反映させながら、より良い方向に変化させているそうです。)
何か気づきがあったらすぐ隣の部屋のチームと会話ができる。こういう強みを持っているようです。

基本的には手作業が中心。量産用と思われがちなNCルーターは1軸しかなく、均一な精度を要求する工作にのみ使用し、誤差の無いボディやネックを生み出しているという、
高品質化という目線での利用でした。


【 "Shokunin" in the Factory】
働いている職人の方々も全国よりT's Guitarsを志願してきた方々で、勤続10年以上の方々も多く在籍されており、入れ変わりが少ないとのこと。
だからこそ意思の疎通、方向性の一致、円熟していく技術力があるのだな、と感じました。
(私共の訪問によってお仕事の邪魔になると心配したのですが、
皆さんとても優しく、丁寧にご対応くださいました。ありがとうございました。)



【Wood Storage Room】
木材保管室には、想像を上回る量の大量の木材や、シーズニング中(削っては寝かせ、様子を見てまた削り、、、と、手間暇かけて製作しているそうです)のギター&ベースのネック達が丁寧に積み上げてありました。

個人的には、ここで「初の木材タッピング」を体験した事も良い経験です!
T's Guitars(ティーズギター) 木材タッピング体験

T's Guitars(ティーズギター) 木材タッピング体験

T's Guitars(ティーズギター) 木材タッピング体験


指板材を一つ一つノックして音響特性(材での違い、個体差)を体感しましたが…

指板侮るなかれ!

もちろん指板で音が変わる、というのは知っているつもりでしたが、実際に体感して、ここまで違うなら絶対にコダワリたいでしょう!と鼻息を荒げてしまいました。(^^;)



【About Tone Woods】
「木材はもちろん厳選品を仕入れて最高の状態で管理して採用するけれども、組み合わせや適材適所での使い方がより大切です。」との事。

「音の違い=優劣ではなく、
 杢の違い=優劣でもなく、
 適材適所で生かしてあげる事。」
高橋社長の木材への愛と木材選定の自信を感じるお言葉でした。
(「木材の事を話すとこの部屋で一晩飲めます(笑)」という、これまた愛にあふれたお言葉も(笑))


【Final Setup】
木材の仕入れ、管理、組み上げ、塗装までを一貫して自社工場内で完結させているT's Guitars(ティーズギター)。

ギターは全て高橋社長の手でファイナルセットアップが施されます。
日本におけるBuzz Feiten Tuning Systemの第一人者でもある高橋社長。
(世界にも数少ない公認のレベル2レトロフィッター(日本初))
ピーターソンストロボチューナーを駆使して、しっかりとセットアップされていましたが、やはり最終的に大切になるのは「感性」との事。
数値はあくまで基準、指針であり、最後は弾く人が弾きやすいな、美しい音色だな、と感じるゴールを目指す。
その為の感覚は絶対に必要であり、店頭でセッテングを数多く担当させて頂いていおります私も気の引き締まるお言葉でした。



T's_Guitars.jpg



そして、夜はふけ、工場から松本市内へと場所を変えて、男3人●●談義に花は咲き…。

おっと、下ネタではありませんよ。

次回は番外編として、宴席で学んだことを記したいと思います。

それでは、次号?をお楽しみに!

福岡サンパレス店 真木でした。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)
posted by 福岡サンパレス店 at 12:01 | 福岡 ☔ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

T's Guitars(ティーズギター) 出張レポート その1 ご紹介&アーティストリンク編

こんにちは。
福岡サンパレス店 真木です。

さぁ、この度行ってまいりました「T's Guitars工場出張」!
先日のブログにてBUG福岡店での取り扱いスタート&訪問出張決定の報を告知させて頂いてからの反響も非常に大きく「BUGさん、とうとうやるんですね!」と大きな期待と共に出張に送り出していただきました!

私も取り扱いが決まってから、現在市場に出回っているT's Guitarsさんのギターを全て見まくって研究したり、T's Guitars HPの「Custom Guitar Estimation(お見積りページ)」で希望のスペックでオーダーの夢を膨らませたり、と、ギターキッズ回帰のワクワクをたっぷり詰め込んで出張に望みました(笑)

出張期間中、とても実りのある充実した時間を過ごさせて頂きましたので、熱い気持ちのまま、出張報告レポートをしたためました。あまりに長文になってしまいましたので、数回にパートを分けて投稿します。是非ご覧頂けますと幸いです。


それでは、まず、T's Guitarsさんに関して軽くご説明を。
長野県塩尻市に工場を構える『今年30周年』を迎えた国内有数のハイエンドギターブランド。
T's Guitars(ティーズギター) 地図

BUGブログ読者の皆様でしたら、やはりG5メンバーの
Godspeed さん大和 さんa2c さんの使用でもお馴染みですね。

http://www.vivix.info/g5/


その他、有名な使用アーティストさんは…
●西村 智彦 さん(Sing Like Talking)
http://singliketalking.jp/

●nisa さん(レイヴ)
http://www.indie-psc.com/rave/

●RYO さん(BRAND NEW VIBE)
https://bnv-web.com/


このように、バンドマンからスタジオ&セッション系の方まで、
新進気鋭なアーティストからヴィンテージの楽器を知っている世代の方々まで、
その圧倒的な弾き心地とハーモニーの美しさで、ますますの拡がりと躍進を続けている国内屈指のギターブランドです。


デジマートマガジンでも大好評だった「菰口雄矢さん」の試奏動画も記憶に新しいですね!



さて、次回はファクトリー(工房)到着&ミーティング編をお届け致します。

それまで、しばしデジマートマガジンで妄想を膨らませておいてください(笑)

それでは、また!



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)

posted by 福岡サンパレス店 at 12:52 | 福岡 ☔ | Comment(0) | アーティスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする