2012年06月01日

何やら東京本店には美味しそうなブツが・・・ {PRS Custom Color One-Off}

地方の人が、「都会にある楽器屋に行きたい」、「手にとって見たい」、そうお思いになる気持ち、まさに今私も感じています。

(いや、ほんとうは、元々九州出身なので、「死にたいくらいに憧れた東京の馬鹿野郎が」の歌詞がある歌を歌う歌手の魂ばりに、この気持は十二分に理解して経営してるんですけどね(^^;) )

何やら、今日、東京店には美味しそうなポールリードスミスのギターが入荷しているようで、それをTwitterで見ながら、「うおー。手にとって見てみたい。」、「弾いてみたい〜」と思っているわけです。

だから、その悔しさから、Getした写真をここでご紹介。

●まずは受注限定生産モデルの『Swamp Ash Studio』-NATURAL-

SAStudio_Nat.jpg

このモデルは2011年に私がPRS本社工場(アメリカ、メリーランド州)へ赴き、Private Stockのオーダーや現地の新製品発表会に参加をしていた際に、限定生産のオファーを受けて注文していた一本です。
原則的には各カラー一本のみしか手に入らない貴重なモデルです。
しかも、一般モデルよりグレードが上な木材を使い、限定SPECで作られていながら、非常にリーズナブルなプライスに抑えられている『ラッキーお買得モデル』なんです。
販売価格¥344,400-(税込)です♪

SAStudio_Nat_Back.jpg

バックはこんな感じ。

「虎目のネックが一本欲しかった」という憧れにもお答えするナイスCurly Rock Maple Neckですね!
指板も同じくフレイムメイプルです。


●続いては、Custom Colorというカタログ外カラーで製作された一本物の『PRS Studio』

Studio_cc.jpg

綺麗なギターですよねぇ。

違うアングルもご覧入れましょう。

Studio_CustomColor.jpg

んー こういうの好き。

Studio_cc_Back.jpg

バックはマホガニーのナチュラルフィニッシュです。


●最後は、根強い人気を誇るPRSのマルチプレイヤー『513』

こちらも10TOP仕様でかつ、Studio同様のCustom Color Specのワンオフ品です。

まるでPrivate Stock Tree of Life McCartyのVintage Violin Finishのような美しいギターですね。

513cc2.jpg

513cc_back.jpg

こういう細部までサンバーストで仕上げるあたりが、このギターへの職人の愛着を感じます。
これだけで「音も良さそう」なんて美化しちゃいそうです。
「この子はぜったいイイ子に決まってる!」みたいな、なんかちょっと違うシャバでのトークみたいな。(笑)


さてさて、こんな羨ましい美女が揃った田園調布本店。

明日からの土日は賑わいそうですが、もし気になったモデルがあれば、ご遠慮なく電話攻撃してあげてください。

私のほう、福岡サンパレス店は、明日から6月の営業時間変更により朝10時からOPENです!

〜7/1(日)まで毎週土日は10:00 〜 20:00 OPENにてご来店をお待ちしておりますので、
(しかもご友人と2台で来られても、サンパレス駐車場の駐車券を差し上げますので、駐車料金を気にすること無く遊びにお越し頂けます)

九州・福岡の街でもハイエンドギター&ギターアンプが手に入るようになりました!Two-Rock続々入荷中です!

こんなTwo-Rockや、あんなTwo-Rockが揃っているお店ですが、けして敷居高くありませんので、気構えずに遊びにいらしてください。

九州・福岡の街でもハイエンドギター&ギターアンプが手に入るようになりました!Two-Rock続々入荷中です!

それでは、6月もどうぞ宜しくお願い申し上げます(^^)!
posted by 福岡サンパレス店 at 22:04 | 福岡 ☁ | Comment(0) | PRS (Paul Reed Smith) Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: