2012年10月18日

MerylandのPRS GuitarsからCaliforniaのFargen Amplificationへそして成田JAPANへ!

おはようございます。龍野です。
ただ今現地時間の7時です。

PRS_Factrytour20121015

PRSファクトリーのエントランス。
メリーランドでは短い時間でしたが現地の知人と再会し、その後いつもの大きな橋を渡ってPRSファクトリーへ。
なぜかP.R.S氏の奥さまご一行と一緒にファクトリーツアーを回ってきました。


PRS_Factrytour20121015

これだけ大量のPRSが作られていくさまはいつ見ても壮観です。
工場の規模を拡大し、機械や設備もどんどんとアップデートされていますが、職人の目と手でなければ成し得ない細かな部分は、相変わらずの手作業です。
また、生産本数もここ数年は増やさず、クオリティを更に高めることに時間を費やしています。
こうして製品のクオリティは保たれ、安定した製品が送り出されていきます。



Fargen_Amplifier_Factory_Tour

PRSファクトリーを後にし、次なる訪問地であるカリフォルニアのサクラメントへ。
ここではFargen Amplification/Custom Ampを訪問。
Steve VaiやJoe satrianiのアンプモディファイを手掛け、Michael Landauが彼の製作したアンプを愛用するなど、米国ハンドメイド・ブティックアンプ業界でホットなビルダーです。

ギタリストが求めてやまないクラシカルで良質なトーンと、Benjamin Fargen氏が考えるトーンを融合し、更なるトーンを追求する姿は純粋でまっすぐな少年のようで、とても楽しそうにアンプの話、回路の話、エフェクターの話をする姿が印象的でした。

今回、多くのプロトタイプを見せていただき、またランドゥ氏が愛用する機種のドンズバモデルもオーダーして参りました。
製品だけを見ていては感じきれない様々な思いや取組み、追求を見ることができてとても有意義で楽しい時間となりました。

非常にめまぐるしく変わる状況での旅でしたが、あとは帰国のフライトを残すのみとなりました。
そろそろ出発です。
それでは・・・
posted by 福岡サンパレス店 at 23:28 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: