2012年11月08日

便利な楽器メンテナンス用品のご紹介 〜FREEDOM CGR POLISH CLOTH〜

こんばんは。スタッフYです。
もつ鍋が恋しくなる寒さになってきましたね。ラーメンといい、食べ物のことしか頭に無いと思われても仕方ないスタッフYです(笑)
実は私、中国地方出身なので九州のことにはあまり詳しくなかったりします^^;
水炊きもまだ一度も食べたことが無いので、是非オススメなお店がございましたらご来店の際にスタッフYに教えて頂けると嬉しいです(笑)

さて、今日は、東京都荒川区に拠点を置くハイエンド楽器工房
『FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH』
が提供しているポリッシュクロスをご紹介したいと思います^^

・FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH SP-P-10 POLISH CLOTH
fcgr_polish_cloth2.jpg
最近では、HydraやDulakeなどの発表でプレイヤーの視線を釘づけにして離さない、今HOTなブランド、『FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH』(以下、FCGR)ですが、実はメンテナンス用品やリプレイスメントパーツからも目が離せないポイントだったりします^^
E.S.IとFCGRで独自に開発したニッケルの特性も併せ持つステンレスフレットや、取り付けるだけで音が良くなるTone Shift Plateなど、高評価を受けている物を数多く世に送り出してきたFCGRですが、今回ご紹介させて頂くのは、特殊帯電防止処理超極細繊維がウリのポリッシュクロスです!

ちなみに東京店では、ボトムズアップギターズ(ショップオーダー)の『Hydra』が入荷していますね。MK(ミルクコーヒー)色というユニークな色ですが、ギターの仕様とマッチしていてとても美しいですね^^
(画像をクリックすると東京店ブログのHydraのご紹介記事へとジャンプします)
FCGR_Hydra_Main.jpg

さて、話が脱線してしまいましたが(笑) クロスのご紹介です^^

特殊帯電防止処理超極細繊維がウリのクロスですが、スタッフY最大のお気に入りポイントは『手触り』ですね。
全体的にしっとりしていて、フェルトに近い印象を受けます。ですが、安価なクロスにありがちな毛羽立ちなどが無く、非常にしっかりしているクロスだと思います。

特殊帯電防止処理により、静電気の発生を抑え、綺麗に磨き上げた大切な楽器にゴミや埃などが付着しないように考えられています。こういった拘りがユーザーとしてはとても嬉しいですね^^

さて、このクロスの主な用途としては乾拭きです。先日ご紹介させて頂いた『Misty』などを別のクロスで吹き上げた後にこのクロスで乾拭きしてあげると、より綺麗になります^^
ギターにゴミなどが付着している状態でクロスをかけてしまうと逆にボディを傷つけてしまうことになってしまうのでしっかり綺麗にしてからこのクロスで乾拭きをすることをスタッフYは、オススメ致します。

スタッフYが使っているクロスの中でも特にお気に入りなこのクロスですが(種類はバラバラですが家に全部で15枚ほどあったり(笑))サイズも40cm × 40cmと使い勝手も良いですね^^ 一番最後に使うリーサルウェポン的なクロスです(笑)
勿論、貴重なビンテージギター繊細なラッカー塗装のギターにもお使いいただけます。
プライベートストックなどの、ハイエンドギターを使われている方にも大変オススメ出来るクロスです^^
汚れた際には洗濯して繰り返しお使いいただけるので、使い捨てではなく、長く使っていただけるクロスです。
他社のクロスと比較するとお値段は少々高めではありますが、お値段に負けない高いクオリティです。

さて、肝心のお値段ですが
BUG価格:¥2,500(税込)-にてご奉仕させて頂きます!
更に今回は、ご来店時お店にあるポリッシュ(FCGRのポリッシュもございます)と一緒にご購入頂いた方には、更にお値段勉強させて頂きます^^

ポリッシュなどの吹き残しを逃さずキャッチしてくれるナイスなクロスですので、一枚買っておいて損は無いクロスです。クロスマニア(スタッフYだけ?(笑))な方や、高品質なクロスが欲しい!という方は是非お求めください^^
勿論FCGR製のポリッシュやレモンオイル、その他リプレイスメントパーツのお取扱いもございますので、お気軽にご連絡いただけると嬉しいです!!

↓↓ご連絡先はこちら↓↓
TEL/FAX: 092-262-0124 (12時〜19時)
メールフォームはこちら⇒Bottom's up Guitarsお問い合わせフォーム


スタッフY
posted by 福岡サンパレス店 at 21:05 | 福岡 ☁ | Comment(0) | メンテナンス用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: