2013年03月27日

MESA BOOGIE PEDALS!!(後編)

こんばんは、お世話になっております!

さて、本日は先日のブログに続いて、「MESA BOOGIEペダル特集」の後編です。
前回に比べ、今回は結構ガッツリ歪む傾向のペダルです、楽しみですね^^

まずはこちら。

Flux_Drive.jpg

Flux Drive

こちらはあらかじめ歪ませたアンプにゲインブースター的に足してあげるとかなり美味しい倍音感、サスティーン、ローが得られるペダルです。

Tone Burstの絶妙な味付け、スパイス的なニュアンスよりも、こちらは積極的に歪みを乗せてアンプでは足りないゲイン、キャラクターを補ってあげるようなイメージがベストな使い方ですね。
過剰なコンプ感は無いので、生々しさはそのままに適度に弾きやすく、伸びやかなトーンが得られます。
ゲインいっぱいにして歪ませると立ち上がりよくタイトで、早いリフワークに持って来いなサウンドです。
結構ドライな質感なのでエモ・スクリーモ系のリフなどに良いのでは?と感じましたね。

抽象的な表現ですが、Flux Drive=ザクザク、Throttle Box=ゾンゾン、と言った歪み加減ですね。

そして、そのもう一台。

Throttle_Box.jpg

Throttle Box

仮にもMARK V所有者からしても「ニヤリ」とする程のメサブギー感。
歪みの粒がキメ細かく、適度な粗さとザラつきがあり、どっしりとした中低域…個人的には大好きです、この感じ。

回すほど中域がゆるやかに抑えられるMID CUTコントロールでは、メサブギーの伝統的なグライコ設定「Vカーブ」サウンドがこのノブ一つで創り出せます。
ついつい弾いてしまうDTのJPフレーズ!(分かりますよね^^)

ゲインのコントロール次第ではブルースやトラディショナルなロック、もちろんメタルまでもカバー可能、スタイル的にもリフからリード何でもござれ!なフレキシブルなディストーションペダルです。
ゲインいっぱいに設定すると若干ファズっぽいブーミー感も演出出来ます、お好みで抑えめにすると扱いやすいサウンドかもしれないですね。
(内部にブーストのオンオフスイッチがあり、基本のゲインをプリセット出来ます)

いわゆる皆さんが思う「MESA BOOGIE」を感じることが出来るペダルです。
正直ペダルでここまでの「メサブギー」テイストが手に入るなんて…高校時代の自分に教えてあげたい(泣)

こちらの価格はFlux Drive=19,800円、Throttle Box=21,800円。もちろん送料無料です。

今回の4種類のペダルは「4者4様」の各フィールドにおいてレベルの高いペダル陣でした。
使い方、狙いたいトーンを明確にして購入して頂ければきっとボードに常にある存在として支えてくれると思います。

よりアンプライクなペダルが増え、ペダルプリアンプとエフェクターの境界線も良い意味で無くなりつつある時代になりました。
様々な選択肢からご自分のベストな一台を是非探しだしてくださいね。
今後も面白い、興味深いペダルをたくさん取り上げていく予定ですのでお楽しみに!

それでは、また!
posted by Maki at 22:46 | 福岡 ☁ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: