2013年05月23日

Leqtique Maestoso 再入荷!

こんばんは。本日も一日お疲れさまです、スタッフ真木です。
今日も1日暑かったですね!さぁ、このまま夏に突入か!とは行きませんよね、
梅雨があるんですよね…雨
九州の梅雨は初体験なのでどれくらいの期間になるのでしょう…曇りがく〜(落胆した顔)

さて、本日はこちら!

Leqtique_MAT_05.jpg

Leqtique_MAT_02.jpg

前回の福岡店入荷時には即完売となった【Leqtique Maestoso(MAT)】
が再入荷致しました。

生産完了のMaestro Antique Revised(MAR)も前回ブログでご紹介後、即売れてしまいました^^;
嬉しいですが本当は私も買いたかったのでフクザツな気分…(笑)

それでは、今回も簡単なインプレッションをば。

Leqtique_MAT_01.jpg

コントロールは、Vol、Tone、Gainとシンプルな構成。
本機も弾いて音を聴きながら直感的に音が作れますね。

前モデルMARはミッドを持ち上げてグッと濃密な歪み感を与えてくれるいわゆる「ドンズバTS系」オーバードライブ/ゲインブースターでしたが、今回のMATはよりゲイン幅を広く持たせたことによって、音作りの守備範囲が広くなったオーバードライブ〜ディストーションと言った印象です。

MARがジューシーでウェット&スムースなリードや単音向けの印象だったのに対して、
今回のMATは粘り過ぎずにヌケの良さがあり、ザクっとした音まで作れるのでメインの歪みサウンドの音作りにも最適。
MATはより解像度を増し、なおかつミッドのコシは損なわないままにゲインアップして使いやすく仕上がっています。
良い意味で「TS系」のイメージにとらわれない良質なディストーションペダル、ですね!

以下、メーカーサイトも是非御覧ください。
本サイトのデモンストレーションはこのペダルの可能性を分かりやすく表していますね!

Lep International HP【Leqtique Maestoso】

Leqtiqueの魅力はこのルックスも大きな要素ですよね。

Leqtique_MAT_03.jpg

一つとして同じ物は存在しないこのマーブル模様。ハンドペイント。
本機のマーブル具合、結構良い感じじゃないですか^^

Leqtique_MAT_04.jpg

MAR同様、アルミ削り出し…脅威のコストパフォーマンスですよね。

試奏&レビューしてたら本機も欲しくなってしまいました(笑)

プライスは14,700円
「買っちゃおうかな!」と思わせてくれるお求めやすい価格で、ここまでのハイクオリティのペダルが手に入る…売れなかったら…私が買いたい(笑)
是非店頭でお試しくださいね。

それでは、また!
posted by Maki at 20:08 | 福岡 | Comment(0) | Leqtique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: