2013年06月15日

Mad Professor 『Bluebird Over Drive Delay』

こんばんは。スタッフ真木です。
今日も福岡はムシ暑い一日でしたね〜!しかし、エアコンをつけたらつけたで寒い雪
私、末端冷え性なんです…。(女子かww)

さて、本日はペダルのご紹介!

BODD_Main.jpg

Mad Professor Bluebird Over Drive Delay

先日ブログにアップしたSweet Honey Over Driveに引き続き、
今回もMad Professorのペダル!
本当に最近このブランドのペダルを所有してる方は多いですね!

それでは、簡単に仕様のご説明を。

BODD_Control.jpg

Delay:エフェクトの掛かり具合調整(ディレイレベル)
Distortion:歪み量の調整
Volume:音量の調整
Tone:高音域の音質調整


BODD_03.jpg

サイズは「67(W)×112(D)×48(H)mm」と一般的なペダルサイズ。
もちろんトゥルーバイパス仕様。

BODD_Trim.jpg

内部トリムの調整でディレイの設定が可能です。

Bass:低音域の音質調整
Delay Time:ディレイタイム調整(1と2の組み合わせで調整していきます)
Repeat:リピート数調整


サウンドインプレッションは、レンジが広く歪みの細かいオーバードライブサウンド。
歪みの可変幅は決して広くはありませんが、ディストーションにならないギリギリで
使いやすくまとまっています。

程良いコンプ感とサスティーン、適度な粘りが気持ちいい上質のリードトーンですね。
ピッキングへの追従性も高く、レスポンスもしっかり早く、強弱やニュアンスもしっかりと再現します。

更にディレイを足してあげると、一気に奥行きと荘厳さが出て別世界に^^
アナログライクな温かみのある自然なディレイで、原音に対してうるさすぎず、オケにも馴染みやすい印象でしたね。

BODD_On.jpg

個人的にはこれくらいが一番美味しいかな〜と感じました。
(アンプ=クリーンセッテイング、試奏ギター=PRS CE24)

トーンの設定次第でサウンドキャラクターが変わりますので、個人的にはこれくらい高域を抑え目にしたほうが音に厚みが感じられて且つスムース&ジューシーなトーンでGoodでしたね!

スペースの限られたペダルボードにおいて、ここまで高品質のオーバードライブとディレイが一台でまかなえるのは嬉しい限り!
もちろんオーバードライブ、ディレイそれぞれを個別に鳴らすことも可能!
ギターとこのペダル一台だけ持っていけばなんとかなってしまう程の高いポテンシャルです。

常連のお客さまには「これを踏むとグッと一気に『本物』の音になるね!」とのインプレッションも頂き、プロギタリストの方にも試奏後に即購入頂いた一台です^^
価格は29,800円

BODD_02.jpg

BODD_01.jpg

また、この緑がかったブルーのフィニッシュもペダルボードの中でひときわ存在感を放つクールなカラーですね!(Mad Professorはカラーリングが結構絶妙ですよね!)

是非一度実機をご覧&お試しにご来店くださいね。

それでは、また!
posted by Maki at 22:17 | 福岡 ☁ | Comment(2) | MAD PROFESSOR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度大変お世話になってます^_^
夜分遅くにすいませんあせあせ(飛び散る汗)

一台でオーバードライブとディレイを使用出来るなんて非常に興味がありますきらきら
エフェクトボードをスッキリさせたいときにも是非欲しいペダルですね(^-^)

あさって月曜にお伺いの予定なのでその日にあれば一番にチェックしたいです^ ^
Posted by 縄手 at 2013年06月16日 00:08
縄手さん

こんにちは!いつも大変お世話になっております^^
コメントありがとうございます。

本ペダルは一台にまとまっている上にオーバードライブもディレイも高品質なのが
このペダルのスゴイ所ですね!(またこの色がカッコイイ^^)
まさに今エフェクターをお探し中の縄手さんにはバッチリのペダルかと思います^^
是非是非お試しください♪ご来店お待ちしております!
Posted by スタッフ真木 at 2013年06月16日 12:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: