2013年07月25日

皆の良い音、ギタリストの良い音

夏風邪真っ最中!スタッフ真木です。
咳が止まらなくて睡眠が非常に困難!
お客様にうつしてしまっては申し訳ありませんので、当分はご来店の際には
マスク越しでのご挨拶を失礼致します^^;

さて、いきなりですが皆さまの「良い音」ってどんな音ですか?
その基準って難しいですよね。
好きな音楽ジャンル、弾きたいプレイスタイル、憧れのアーティストによっても
一人一人の価値観が違いますし…「聞き慣れた音=良い音」に結びつく事もあります。

そこで敢えて機材的な側面やジャンルによる違いは置いておいて、技術的な面で個人的に
「巧いな〜(上手い、ではなく敢えて巧い)良い音だな〜」と感じる方の特徴が
「ピッキングが強い人」ですね。
一音の情報量が多いと言うのでしょうか、濃密なトーンとして聞こえます。
押弦の力が強い方も同じようなニュアンスを感じますね。

そして、ピッチ、チョーキング&ビブラート、タイム感。
ピッチは言わずもがな音程の安定感。
チョーキングしてもジャストに音程を合わせる事のできる感覚。
ビブラートは一音に乗せる感情。その一音をどのように揺らすか、幅広く均一な揺れか、
荒々しい揺れなのか。(その揺れ幅に意志があるのかどうか)
チョーキングはベンドするスピードや、チョップを混ぜるか、そのまま上げるのか。
タイム感はフレーズの息継ぎのタイミング。
(テクニカルなギターが弾ける人でもこのタイム感が心地良くないと「?」となる瞬間があります。)

ギターを弾かない方でも理屈抜きで良い、心地良いと伝わるかどうか、
そこは上記のポイントが関わってくるかな、と日々感じていますね。

6本の弦を押さえて、弾いて、叩いて、…とギターはアナログでフィジカルな楽器だからこそ、
そういったポイントを通して、人間性、性格を如実に伝えてきます。

そのもう一方では同じギタリストにも「こだわってるな〜」と分かるトーン、プレイ、フレーズを細かく突き詰めるダブルスタンダードを追求出来れば…と思いながら私もずっとギターを弾いてきました。

ここまで書いていると最終的には「ギターは機材じゃない、腕だ!」となってしまい、ギターショップとしては本末転倒な記事になってしまうのですが^^;

そのプロセスにおいて上達する気にさせてくれる、弾く気にさせてくれるギターやアンプを
ご提供していくのが私達の仕事!
日々弾いているギターでも、セッティングを詰めてあげるだけで生まれ変わったような弾き心地、トーンに感じる事もありますので、そのお手伝いが出来ればと思います。

「音」という発信する側も受け取る側も心境や体調、環境で感じ方が変わるある種「生き物」のような、そしてスッと消えていく刹那的で無形の物、そこにかけるギタリストの情熱に火をつけていくギターショップでありたい…と日々思いますね^^

私もスタッフY2もどちらかと言うとプレイヤー的なギターの楽しみ方をしている人間ですので、
何か演奏面でもお困りのことがありましたら是非お尋ねください。
逆にお客様に教えて頂く事の方がもしかしたら多いかもしれませんので、その時は弟子入りさせて下さい(笑)
もちろん機材面でも是非ご相談くださいね。

うーん、冗長的で散漫な文章になりましたが、読んで下さいましてありがとうございました^^

それでは、また!
posted by Maki at 19:58 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: