2013年07月31日

VOX Tone Garage 入荷!《前編》

こんにちは!スタッフ真木です。

さて、本日はいきなりグルメネタを!ドン!

Okonomiyaki.jpg

最近スタッフY2がお好み焼きにハマっているようでよく行きます。
(奇遇にも店主さんがギター好きとの事で愛用ギターを弾かせてもらったり…と盛り上がりました^^)
福岡にはお好み焼き、広島焼きのお店が結構あるんですね〜!
プロギタリスト&講師の方にもオススメのお店を教えて頂いているので、制覇したいと思っております^^

最近はお客様とお食事に行く機会も増え、嬉しい限りです^^
「福岡の皆さんに良くして頂いてるから不安にならんで良いぞ〜」と5ヶ月前の自分に伝えてあげたい…(笑)

さて本日はこちらのペダル達が入荷!



VOX_Tonegarage.jpg

Vox Tone Garageシリーズ

真空管(12AX7)搭載のVox最新ペダル!
ブースター、オーバードライブ、ディストーション、ファズ(ファズのみ真空管は搭載されておりません)の4機種が登場です!

電池駆動でも200Vの高電圧で真空管をドライブさせる事の出来る「Hi-volt」という新技術が搭載されたペダルです。
真空管を最終段に持ってくることで正真正銘、真空管をドライブさせたサウンドが得られるペダルです。

Flat4_Boost.jpg

Flat 4 Boost

原音に忠実に、積極的な色付けや味付けはしない、ナチュラルに歪みを乗せてくれるブースターですね!

Flat4_Control.jpg

コントールはVolume、Low、High、Gainの4つのノブにMid Boostスイッチ
ミッドブーストのミニスイッチが結構美味しい効き方しますね、音にいなたいニュアンスをプラスしてくれます。

全体的にちょっとくぐもったようなウォームでファットなサウンドニュアンスですので、単音を聴かせたい!と言うようなブルース系のギタリストさんにはこのペダルはビシっとハマるのでは?

歪み方としては、ちょっと粗めのワイルドなドライブサウンド。
ブースター名義ではありますが、オーバードライブペダルとしても使える守備範囲を持ち合わせています。
クランチサウンドとしてかけたままにしておくのもありかもしれません。

ToneGarage_On.jpg

こちらのシリーズは電源のオンオフスイッチ付き。
シールドを挿しっぱなしで電池消耗…というありがちなパターンを避けれますね。

Straight6_Drive.jpg

Straight 6 Drive

こちらは伝統的なブリティッシュサウンドがベースのモデル。
ディストーションに届くかどうかギリギリ…くらいまでしっかり歪んでくれるのでこれ一台でクリーンアンプをザクザクしたリフ、伸びやかなリードサウンドまでもっていけます。
歪みの粒子も細かく、適度なミッドの押し出し感が気持ち良いペダルですね!
Gainをフルにしても潰れてしまう事は無いですし、エッジ感のあるサウンドキャラクターです。
ベースの効きもよく、ゴンゴンした低音を強調した音作りも簡単!
直感的に使ってもすぐに良い音が出せるペダルですね。

Straight6_Control.jpg

コントロールは、Volume、Bass、Tone、Gainの4つのノブにBrightスイッチ

ToneGarage_Tube.jpg

VOXロゴ入りの真空管!電源をオンにすると光ります^^

どちらのペダルにも言えることなのですが、トランジスタ系のアンプにこのペダルをかましてあげるだけでぐっと温かみを増したチューブらしいニュアンスがプラスされます。

単3電池6本(7時間駆動!) or DC9Vアダプター駆動。
アルミダイキャスト製ボディ。トゥルーバイパス仕様。
そしてこちらのペダル、MADE IN JAPAN=日本製です!

ちなみに本シリーズのモデル名はトーン「ガレージ」の名前の通り、乗り物関係にちなんだモデル名なんですよ。
今回の「Flat4=水平対向4気筒エンジン」、「Straight6=直列6気筒エンジン」…なんですって!
(正直、真木はあまり乗り物詳しくありません…スタッフY2は詳しいですよ^^)

価格は14,800円!お持ちのペダルボードにチューブサウンドの隠し味を是非^^
他の2機種は順次、ご紹介していきますね!

それでは、また!
posted by Maki at 20:25 | 福岡 ☀ | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: