2013年08月09日

Vanzandt STV-JH "Jimi Hendrix Style" limited 入荷!

こんばんは!スタッフ真木です。
今日も暑いですね…そんな中多数のご来店を頂きましてありがとうございます!
夏休み & お盆休みのギターライフのお手伝いをばっちりさせて頂きますよ〜^^
何でもご相談くださいね。

さぁ、本日はこちらのギターをご紹介!

Vanzandt_STV_JH_Top.jpg




Vanzandt_STV_JH_Main.jpg

昨日もお伝えしました通り、Jimi Hendrix仕様のVanzandt STV-JHです!

ご来店のお客様からも「Vanzandtを一度弾いてみたい」というお声を多く頂いておりましたので、今回満を持しての入荷です^^
では、写真多めの大ボリュームでご紹介致しますね!


Vanzandt_STV_JH_Top2.jpg

厳選のアルダーボディ。ウェイトは取り回しの良い3.39kg。
またこのヴィンテージブロンドフィニッシュがめちゃくちゃカッコイイ!

Vanzandt_STV_JH_Neck02.jpg

Vanzandt独自の強靭なメインコンダクトネック。
握り心地も薄すぎず太すぎることの無い標準的なCシェイプで快適なグリップです。

Vanzandt_STV_JH_Neck01.jpg

この個体、うっすらとフレイムが出ているのがこれまたフェチ心をくすぐりますね!

Vanzandt_STV_JH_FB01.jpg

Vanzandt_STV_JH_FB03.jpg

フレットにはこのモデルに特別に通常搭載の物よりも細めのフレットを使用。
フィンガリングの微妙なタッチの強弱や音の立ち上がりにもセンシティブに反応してくれます。

Vanzandt_STV_JH_FB02.jpg

指板のラディアスは210R。高音弦チョーキング時などに音が詰まってしまったりせず、且つ行き過ぎたようなフラット感では無い、ヴィンテージフィールは残しながらも演奏性と弾き心地にしっかりと配慮がなされた快適なラディアスです。

Vanzandt_STV_JH_Head02.jpg

Vanzandt_STV_JH_Headback.jpg

存在感抜群のラージヘッド

Vanzandt_STV_JH_Nut.jpg

弦振動伝達の肝であるナットには「牛骨オイル漬けナット」を採用。

Vanzandt_STV_JH_Control.jpg

1Vol、2Tone(Front、Center)のコントロール。

Vanzandt_STV_JH_Back01.jpg

Vanzandt_STV_JH_Back02.jpg

Vanzandt_STV_JH_PU.jpg

PUは「Jimi Hendrix Set = Blues/Blues/Rock」
リアにはVanzandtシングルコイルPUラインアップの中では高出力な「Rock」を搭載。
フロント&センターには「Blues」を搭載。
フロントは甘太く名前の通りブルージーに、センター&ミックスではアタックの心地良いクリスピーな単音フレーズや歯切れよいカッティング、ソロ時にはリアでガツン!と歪ませてハイゲイントーンのじゃじゃ馬を操る…なんてのもしびれますね^^

Vanzandt_STV_JH_Case.jpg

Vanzandt_STV_JH_Casein.jpg

セミハードケース付属!移動が多い方にはこれは嬉しいですよね。

基本的には69年に伝説のウッドストックライブで弾いたあのギターがモチーフ。
ジミヘンファンはもちろん、そろそろ良いストラトが一本欲しい!という方にはうってつけ!

Vanzandtの特徴でもある「極薄ラッカー塗装」はヒタッとした吸い付くような独特の質感と、極限まで鳴りを殺さずに生かし切る事を考えられた素晴らしい仕上げです。

とにかく音の減衰が長く、弦の振動を逃さずにネック〜ボディに伝えきっている印象。
和音、単音問わずスポイルされずにストレートに鳴っているという実感がありますね。

まさに「極薄」ですので、どうしても傷はつきやすいかもしれません。
ですが…鳴らせば分かるこの薄さの意味。
ギターとして、楽器として考えたらこの仕上げがもたらすサウンド面での恩恵は本当に素晴らしいです。
むしろステージやレコーディングの現場でガンガン弾いて鳴らし込んで刻まれた歴戦の傷には
思い出と愛着すら湧いてくるでしょう^^

新品の時点で既に鳴りが素晴らしく、まさにVanzandtのコンセプト
「Neo Vintage(ネオヴィンテージ)」を存分に感じさせてくれる逸品ですね。
限定生産ですので「ビビッ!」と来た方!是非早めの入手をオススメ致します。

価格=226,800円。限定生産モデルだからこそ出来たこだわり仕様とお得過ぎるプライス^^

これはまさに体感して頂くのが一番!
こういうギターほど、エフェクターを通さずにアンプ直で弾くと本当に良い音します!
是非、お試しください。

それでは、また!

P.S 明日はSUMMER SONIC 2013ですね!行かれる方はバッチリ楽しんで来てください!



posted by Maki at 20:37 | 福岡 ☁ | Comment(0) | Vanzandt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: