2014年04月02日

"MESA BOOGIE King Snake" is Here!!

こんにちは。スタッフ真木です。
昨日のお休みは一日かけてずっと溜まっていたプライベートでやらないとならない事を
ザー!っと片付けまして、今、非常にスッキリした気持ちでおります。
やはり週に一度は部屋も気持ちもリフレッシュ出来るような時間をゆったりと持ちたいな、
と改めて思いましたね。これでまた一週間がまた頑張れるのです^^


さて、先日入荷のアレ。弾き倒してみましたよ!
写真とともに改めてご紹介!

MESA_KingSnake_Main01.jpg

MESA BOOGIE "King Snake" Carlos Santana Limited Edition

まず、弾いてみて率直な第一印象。
…これは素晴らしいアンプです!MESA BOOGIEの歴史に名を残します。
それでは、写真とともにインプレッションを!

MESA_KingSnake_Front.jpg

Volume1 & Volume2の両方で歪みが決められるカスケードゲインの「Input1」、
Volume2のノーマルゲインの「Input2」。
まずはこのインプットをどちらに繋ぐかで出したいサウンドの方向性を決めていきます。

100W、60W、10Wとワッテージ切り替え可能。
単純に音量だけではなく、ワッテージを切り替えてあげる事でサウンドも変化します。
10Wでゲインを上げれば、小音量でジューシーなトーンを楽しめる…
これは日本の住宅環境において非常に嬉しいポイントです^^
オリジナルのMARK-Iには10Wモードはありませんので、これは嬉しい仕様ですね。

もちろん60Wのもっちりと太い、余裕を感じさせるクリーン、張り出し感のある
スムースなリードトーンもたまらないです。

音量調整ではなく、サウンドセッティングに積極的に使用して欲しいポイントですね。

MESA_KingSnake_Back.jpg

どうしても試してみたくなるサンタナトーン!
サンタナサウンドを求めて、Y2と一緒にたいがい試してみましたが、
肝となるのはリアパネルで調整可能なプレゼンス

MESA_KingSnake_Rear.jpg

プレゼンスはしっかりと上げてあげるのが、あのサンタナサウンドの
"丸いけれどカリッとしたトレブルニュアンス"を再現するポイントだと思います。

プレゼンスは"Tweedモード""Black Faceモード"が切り替え可能。
ここで結構ニュアンスは変わりますね、高域の暴れ方に変化が出ます。
そしてMID BOOSTによるゲイン調整もドライブに深く関わってくるので、
音作りを追い込むのに重要なポイントです。

MESA_KingSnake_SP.jpg

搭載スピーカーはEminence社の新開発”Fillmore”シリーズの100W仕様のスピーカー。

MESA_KingSnake_.Sidejpg.jpg

このインパクト大な蛇柄ルックスも所有満足感を圧倒的に満たしてくれますね。
アンプは鳴らさない瞬間は部屋のインテリアになりますから、見た目も大切。
ワイルド且つ高貴な雰囲気を醸し出します。

そしてこちらも本機の重要なポイント!
カルロスサンタナとランドールスミスの直筆サイン入りプレート
アンプキャビネット内部に取り付けられています。この時点で相当なレアアイテムですよね!


いわゆる「これがブギーの音だよね!」という音がこの一台で全て手に入ります。
ずっと弾いていたくなる、伸びやかで、太くて、倍音豊かでスムース…純粋に「気持ちの良い音」です。
MESA BOOGIEの初のシグネイチャーモデル、サンタナシグネイチャーという入り口はありますが、
純粋に良いアンプ、良いサウンドを求めるギタリストに幅広くおすすめします!

一足先に入荷していた東京本店でもアンプフリークの弊店代表が絶賛したという事実もあり、
私共も相当期待して試奏に望みました…弾いて一発で納得!

小ぶりなサイズにグッとつめ込まれたMESA BOOGIEの"過去"と"未来"の結晶。

是非、愛器持参で弾きにいらしてください!きっと帰りは虜になっている事と思います。

MESA_Kingsnake_HL.jpg

BOOGIEと言ったら…やっぱりこういったスタイルで撮りたくなる…
(正確にはハワードリースですが^^)

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 21:13 | 福岡 ☀ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: