2015年01月18日

皆さん、オススメの趣味や音楽はありますか?

こんばんは。スタッフ真木です。

本日も一日お疲れ様でした。多数のご来店誠にありがとうございます。

さて、職業柄一日中ギターや音楽に携わらせて頂いている幸せな身分の私ではありますが、
今年こそはプライベートでの趣味を新たに持ちたいと感じている、今日この頃。

無理矢理にでも新しいフィールドに手を伸ばさないと、趣味も職業も音楽だけになってしまう…(笑)

小学生の時以来に「ルアーフィッシング」を始めるなんて良いな〜と思ったりしていますが…
今考えると「釣りとギター」…とても似ていますね。

様々な竿やリールなどの"ギア"をたくさん買い揃える楽しみなんかまさにそうですよね。
リールでもギター同様に種類の違う物を仕様や絶妙な使い心地の違いで何本も所有する嬉しさ。
(ギターの事を"竿"と呼びますしね!)

「スピニングリール=ストラト」「ベイトリール=レスポール」のような感じでしょうか。
という事は「ルアー=エフェクター」、奥深い「餌釣りの一本釣り=アコースティックギター」?
(釣りにご興味ない方、専門用語すいません^^;)

プロのギタリストの方でも釣り好きな方は本当に多いですからね、
もしかしたらギターと似たフィーリングを感じておられるのかもしれないですね!

…うーん、書いてて沸々とやりたくなってきました。

なんて事を言いつつ、結局当分は音楽一色になりそうな気配は感じていますが…(笑)


という訳で、結局は音楽漬けだった昨年、ヘヴィローテーションし続けたCDアルバム3枚ご紹介!


【The Winking Owl】
Stars (Album :「Super Nova」)




【SILHOUETTE FROM THE SKYLIT】
Unsheathed (Album : 「The Reflections」)




【Noisemeker】
REASON (Album :「MAZE」)



特に意識したつもりは無いのですが、全バンドのギタリストがPRSを愛用されています。
(※NoisemakerのギタリストHIDEさんは本PVではManson Guitarを使用)

何故かやはり自然とPRSを使用したサウンド、音像、バンドスタイルが好きなんですよね〜!
90年代からラウド、ミクスチャーシーンで使用され始めた事によるPRSの拡がり方は爆発的でした。


是非、機会があれば聴いてみて頂きたいですね。

皆さんはどんな音楽とともに昨年の一年を過ごされましたでしょうか?
音楽はその時の思い出や心境、情景を心に焼き付けてくれますので、
きっと皆様にもその年を刻みつけてくれる大切な音楽があると思います。

琴線に触れる新しい音楽、バンドを探し出す事は私のライフワークになっていますので、
また水面下で続けていきたいと思います。またご紹介できれば幸いです。

お客様のオススメのバンドも情報交換が出来ますと、嬉しいですね!
色々と教えてください。


久しぶりにコラム的なブログ内容になりましたね。
楽しんで頂けましたら光栄です^^

それでは、また!
明日もご来店をお待ちしておりますm(_ _)m

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪

posted by Maki at 14:30 | 福岡 ☁ | Comment(4) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
福岡は玄界灘に面していて、良い釣り場が多い。
帰りにフラーッと堤防や河口で、竿を振るとかいいですよ。
ルアーにこだわるならスズキ(シーバス)!
サンパレスのお客さんにアングラーはいらっしゃいませんか?
きかれてみてはいかがでしょう?
Posted by 大阪 HI at 2015年01月18日 23:12
大阪 HIさま

コメントありがとうございます!
こちらはなにげにブラックバスのいる沼、池などもあるらしく…。
ちょっと地元の方に色々とお聞きしてみますね!
Posted by スタッフ真木 at 2015年01月19日 11:41
いらぬ情報も・・・
「ギアをたくさん買い揃える楽しみ」で、ハマるとやばいもののひとつが、
へら鮒釣り用の浮きです。
ギターのボディにさまざまな木材が使われるのと同じく、
ボディに羽根、グラスソリッド、カーボン、竹、萱、バルサ材等…
仕上げは漆からマニキュアのトップコートまでw
50本近くのほとんどを分けてしまいましたが、
名工といわれた作者の浮きは手元に残し、桐箱に入れて保管してあります。
いまはお休みしている釣りですが、
定年後には・・・再開するような気がします。
Posted by 大阪 HI at 2015年01月19日 22:30
HIさま

趣味の世界は本当に奥が深いですよね。
浮気せずに結局このまま大好きな音楽&ギターを突き詰めようかな…
とも思っています(笑)
情報有り難うございます!
Posted by スタッフ真木 at 2015年01月19日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: