2015年06月11日

FSM学園祭 出展ギターご紹介『SAITO Guitars』『SeventySeven Guitars』


こんばんは。スタッフ真木です!

遂に明後日に開催を控えました、


弊店ボトムズアップギターズとしましては、3回目の出展となる今回。
準備も着々と進み、さぁ最後の追い上げ…!と言った状況に燃えております^^

【BUG出展ブースイベント内容はこちら!】

今回も多数のギター、アンプを出品させて頂くBUGですが、
その中でも特にご注目頂きたいギターを本日はチラリとご紹介。




SAITO_Rogo.jpg

SAITO Guitars S-622

数多のギターリペアで培った圧倒的な知識と卓越した技術で組み上げられる
新進気鋭の国産ブランド「SAITO Guitars」

SAITO_S622.jpg

モデル名は『S-622』。S-S-H仕様のソリッドギター。
カラー展開はどことなく和色を感じさせる独特なカラーリングの5色。
(Carrot Orange、Moss Green、Navy Blue、Maroon、Black)

マットな質感のフィニッシュ、独特な形状のヘッド、アーチトップなど、シンプルながらも
しっかりと主張を感じるオーラを持ったギターです。
トラッドなスタイルの中に、随所にこだわりを散りばめた仕様は、グッと来る方も多いでしょう。
細かい部分に込められた理念と丁寧な作業の積み重ねが生み出す、圧倒的にストレスフリーな
弾きやすさは是非触れて欲しいですね。

今後、7弦、8弦、ファンフレット(マルチスケール)のモデル展開を予定している
大注目のブランド。この度、九州初上陸です。

BUG東京店、福岡店、全てのスタッフが弾いて
「この価格でここまでのハイクオリティ…しかもハードケース付き…これは驚きだね」
と太鼓判を押したモデルでもあります。


Seventy_Rogo.jpg

SeventySeven Guitars EXRUBATO STD

先日、長野のファクトリーツアーにお伺いしてきた「Deviser」にて触れてきました
職人の手によって一本一本丁寧に創りだされるジャズラインのギターブランド
『SeventySeven Guitars』

ホロウギターはソリッドギター以上に生ギターに近い作りの為、より要求される
造りの精度の高さ、繊細さは計り知れない物がありますが…本機は弾けば納得。

Seventy_EXRB.jpg

本モデルは『EXRUBATO STD』。ES-335タイプのトラッドなモデルです。
335定番の一番の人気色のCherry、そしてカタログ外のレアカラーIce Tea Burstの2本。
しかも、こちらのアイスティーバーストは"ラリーカールトン愛用機"の色味を狙い、
弊店特注で塗装、製作
してもらった普通には存在しない特別オーダーの一本です。

335タイプに求める音色と弾き心地…丸く、温かみのあるウォームなトーン。
且つ、パーカッシブにも攻められるしっかりとしたレスポンス。
握った瞬間に感じるしっくりとくるフィーリング、
生鳴りで和音を鳴らした時の高揚感。
こちらも是非弾いて感じて頂きたい一本です。
(職人さんの手作業が必要な工程の多さから、生産本数は僅少。
今回分を逃すと当分入手は難しくなります…。)


この2つモデル、ある意味両極端にあるギターでありますが、共通して言えるのが、
"価格を超えた圧倒的なクオリティとこだわりの結晶"であるという事。

今回の出展に際して、弊店が掲げていたコンセプトの一つ、
「日本の職人品質を体感、そして手にして欲しい」という事を見事に体現しているギターです。

しかも嬉しい、お求めやすいプライス。
価格としては非常に親しみやすく、なお且つ今後も一生使っていきたいと思える。
ある意味、楽器としては理想とも言えるご提案かも知れませんね。

これからの音楽人生を切り拓いていく為に…
FSMにご入学をお考えでご来校予定の皆様。
技術的にも機材的にも更なる向上を見据えて日々努力している在校性の皆様。
どちらの熱い思いにもしっかりと応えうる逸品たちだと思います。

弊店入荷後、この度のFSM学園祭で初のお披露目。
是非期待して遊びにいらしてください。当日はご体感頂けますと幸いです。

もちろん、オススメはこちらだけじゃありません!
出展させていただくギターは全て弊店厳選の品々ですので、
他ラインナップは…楽しみにご来店くださいね。

福岡サンパレス店の店頭も厳選品たくさん展示してお待ちしておりますので、
足を伸ばして頂けますと幸いです!

さぁ、楽しみになってまいりましたね!
13日(土)14日(日)はFSM学園祭会場 & 福岡店店頭にてお待ちしております!

それでは、また!

※明日12日(金)は出展準備の為、お休みを頂きます。
ご理解とご了承の程、宜しくお願い申し上げます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 12:21 | 福岡 ☔ | Comment(0) | 出張、イベント、ショウ関連(NAMM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: