2017年05月06日

弦交換のススメ

BUG_FUKU_String.jpg

こんばんは。福岡サンパレス店 真木です。

毎日のようにリペアやメンテナンスのお持ち込みを頂いたり、店頭展示品のセットアップ、ギターの状態チェック〜サウンドチェックをしていて、ふと、改めて思ったのですが…弦の寿命、鮮度って本当に大切です。
弦交換のタイミング、見極めはとても大切だ
と思うのです。当たり前のようですが。


かくいう私も学生時代〜バンドマン時代は、錆びた弦をなるべく長く使おうと
フィンガーイーズをティッシュに吹き付けて、各弦のサビを拭きとって、
何とかスタジオ一回分は…!という感覚で凌いでいた事がありますが…
弾き心地は一瞬改善されますが、肝心の音への配慮は無かったように思います。

そのくせ、ライブ前には「ゲン担ぎ」的に、弦のコンディション問わず、
無条件に張り替える、というような事をしておりました。

そこまで金銭的な余裕が無かった…という背に腹に代えられない事情があったとは言え、
"ゴールデンエイジ=音楽的な吸収や楽器の上達向上の成長カーブが一番著しい若い時"
ほど、状態の良い弦で、正確なピッチ、倍音、テンション感を感じ取り、養っておくべきだなと、今改めて感じている次第です。

「ライブ時にお客さんに良い音を届ける為にライブ前に張り替える!」という目的は
もちろん素晴らしく、演奏者としてあるべき姿勢なのですが、
そこ以外にも、普段の練習時からしっかりした弦で弾くべきだとも思います。

ですので、メンテナンスや状態チェックでお持ち込みの際には、そう言った本心から、
弦の交換をおススメさせて頂く事があると思います。
特に若いバンドマンさんのメンテお持ち込みの際には、老婆心ながらアドバイスを
させて頂く事もありますが、どうかウザがらないで聞いてほしい(笑)

案外アンプ、エフェクター、シールドに凝るよりも、手元に近い弦の見直しが
理想のトーンへの近道
になるのかもしれません。

お店でアンプやエフェクターを試奏する時、完全に死に切って、倍音も無くなり、
チューニングも安定していないような弦を張ったギターでは、その物の魅力の半分も
体感出来ないと思いますしね。

ただ、弦も張り立てが一番最高のサウンド!とは一概に言えませんし、優劣以上に
嗜好性がある奥が深い世界なので…そこはまだまだ先輩方に教えて頂きながら体感していきたいと思います!


以上、ふと思いましたので、コラム的にブログにしたためました(笑)

明日で大型連休も最終日!
是非お休みの締めくくりに、お店にも遊びにいらしてくださいね!

それでは!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// 営業時間 ///
毎週火曜定休 OPEN 10時 CLOSE 21時
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)
/// B.U.G.オフィシャルホームページ ///
http://www.buguitars.com/
posted by Maki at 14:21 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: