2017年04月16日

Elixir新モデル「OPTIWEB」発売から一ヶ月経過…!

こんにちは!福岡サンパレス店 真木です。

さて、3月の発売から認知度・愛用者も増えて更に盛り上がりを見せている
Elixirの新モデル弦 「OPTIWEB」

Elixir_OPTIWEB_02.jpg

Elixir_OPTIWEB_01.jpg

昨日、本日と開催の「サウンドメッセ in 大阪2017」会場の
ボトムズアップギターズブースでもかなりの勢いで売れていた様子です^^

弊店でも学生さん、バンドマン、トラッドなサウンドがお好きなプレイヤーさんなど
様々な方々にお求め頂きまして、たくさんのインプレッションも頂き、嬉しい限りです!

Elixir_OPTIWEB_PRS_CE.jpg

弊店自慢の試奏機「PRS CE24」にも発売してすぐに張り替えまして、
試奏機としてご用意しました。
これまでにたくさんの方々に試奏体験を頂いて、既に1ヶ月以上経ちますが…
さすがのElixir、長寿命!現状、音質と質感の変化はほぼありません。

特に巻弦の質感のファーストインプレッションは良い意味で
"従来のElixirのイメージとは違う"、ノンコーティング弦同等のザラザラ感。

「Elixirは長寿命で嬉しいけど、コーティングがツルツル滑り過ぎる!」とお悩みの方、
「ノンコーティング弦の使い心地とサウンドが好きだが、どうしても寿命の面が…」
というジレンマを抱えていた方々は是非!

寿命や使い心地は大前提として、肝心のサウンドも、音の艶、ピッキングニュアンス、
粒立ちを重要視する方にもおススメ出来るトーンです。

オフィシャルでは「クリスピー」という表現をしていますが、確かに各弦の
弾けるようなニュアンスがありますね。且つコードを弾いた時のバランスも良い。
比較的、落ち着いたジェントルなサウンドという印象。

逆に言うと、これまでのNANOWEBのツルツルな使い心地、バリっとブライトで
スムースなトーンが好きで愛用されていた方は、引き続きNANOWEBをお使いになる、とも思います。つまりは「優劣では無く、新たな選択肢が増えた」と捉えて頂き、
まずは一度お試し頂きたい弦ですね!

まだ私共の方でもストラト、テレ、レスポールなど全てのギターに張っての検証は
出来ていないので、是非引き続き皆様のインプレッションも頂けると勉強になります^^

個人的にも、所有している「PRS Singlecut Hollowbody」に張ってみて、
箱モノとの相性を試したいと思っております!


先日発売のPlayer 2017年5月号の特集ページと連動して公開されました
「楽器ソムリエ」のHP内では、弊店代表の重浦も動画にてレビューしております
こちらをまだ見られていない方は特集記事と合わせて是非チェック!




★楽器ソムリエ特集ページ★

http://www.j-guitar.com/gakkisommelier/review/2017/04/elixir-optiweb.html


それでは、また!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// 営業時間 ///
毎週火曜定休 OPEN 10時 CLOSE 21時
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)
/// B.U.G.オフィシャルホームページ ///
http://www.buguitars.com/
posted by Maki at 19:15 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

福岡サンパレス店 厳選"ローズネック"ご紹介!!

こんばんは。福岡サンパレス店真木です。
いやー、3月も終わりに近づき…早いですね〜(´;ω;`)

さて、本日はこちらにスポットを当ててご紹介したいと思います。


≪ローズウッドネック≫

今年の1月よりワシントン条約 ローズウッドの国際間取引制限により、
これまでハカランダが主立って規制されていたローズウッドが全種、
輸出入規制がかかりました。

廉価なモデルから高級機種まで、当たり前のように指板等に使用されてきた
ローズウッドがこれからの時代、どんどん数少なく貴重な存在となっていく事が改めて
突き付けられた感じもありますね。

ローズに関わらず、木材は限りある貴重な地球の資源である以上、どうしても数は少なくなり、希少になっていくものですが…。早急な影響は無いとは言え、我らギターフリークとしてはなかなかにのっぴきならない事実ですよね。

大切にしていかなくては…という気持ちと同時に、
希少なギターは今、手に入れておきたい!と思うのもギターフリークの性…。

※ローズウッドに関しては以下のデジマート特集記事リンクも是非ご覧ください。
(ローズウッドの種類一覧も見れる、とても為になる記事です)

★【重要】ローズウッド種すべてがワシントン条約(CITES)による取引制限下に
http://www.digimart.net/magazine/article/2016113002304.html


その中でも、ローズウッドの"ネック"
指板の板状のサイズではなく、大きく長いブランク材から贅沢に削り出される丸ごとローズウッドのネック。こちらは更に数は少なくなり、希少になっていくのでは…と思います。

最近、個人的にローズネック物のギターを一本入手した経緯もあり、所有したからこそ分かる「ローズネックの魅力」に日々感動している最中でもあります。

カリンと響く独特のバイト感、しっかりとした音の芯、時折シビアにも感じる程のレスポンス、ピッキングニュアンスを忠実にトーンに反映させる表現力、アンプやエフェクター、はたまた弦やピックのチェンジでも如実に変化を見せる多面性…などなど、
試奏では全ては分かり得ない魅力がたくさんです!


という訳で、今回は弊店の厳選ローズネックの個体をご紹介致します!




408MT_Trem_Roseneck_Main.jpg

PRS 408 Maple Top 10TOP "Roseneck"
-Custom Color- "One Off"


408MT_Trem_Roseneck_Neck.jpg

408でローズネックの個体…これまたかなりの激レア個体。
国内にこの仕様は本機一本だけ。しかもカスタムカラー、という唯一無二の逸品。

408MT_Trem_Roseneck_FB.jpg

しかも、指板にはこれまた貴重な"ホンジュラスローズウッド"を採用。

408の特徴 & 推しポイントでもある「408 Treble & Bass PU」。
このPUならではのリアルなシングルコイルタップサウンドが、ローズネックとも相まって
音のハリ、押し出し感、輪郭が絶妙にプラスされています。
適度な倍音も併せ持っていますので、シビアで弾きにくい!という事はまったく感じさせない絶妙なバランス、絶品のサウンドです。


-----------------------------------------------------


Tom_Holmes_ALL_ROSE_LP_Main.jpg

TOM HOLMES THC 2007 Show Model Joelton Custom
ALL ROSE《H-453 Limited x2》


Tom_Holmes_ALL_ROSE_LP_Back.jpg

Tom_Holmes_ALL_ROSE_LP_FB.jpg

こちらはネックにとどまらず、オールローズ
オールローズのテレキャスター、ストラトなどはよく聞きますが…
オールローズレスポールは非常に珍しいのではないでしょうか!

指板は"マダガスカルローズウッド"、ネックはローズとメイプルの5ピース。
セミホロウ構造になっている事もトーンへの影響が大きいでしょう。
レスポールらしい音の太さとローズのカリンと響くトーンに絶妙なエアー感が乗り、
甘さと輪郭のバランスに富んだ一本です。


-----------------------------------------------------


SANTANA_Brazilian_orange_main4.jpg

PRS SANTANA "Brazilian" 10Top -Orange-


SANTANA_Brazilian_orange_neck2.jpg

SANTANA_Brazilian_orange_fingerboard.jpg

そしてこちらは、"ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)ネック"
指板はもちろん、ネック丸ごとハカランダのUS限定の貴重な"サンタナブラジリアン"

サンタナ本人も長年愛用しているメインギターはハカランダネック。
あのシグネイチャートーンにはこのハカランダネックが大きく起因している事でしょう。

そして、こちらも…

-----------------------------------------------------


PS#2070_McCarty_BRW_main.jpg

PRS PS#2070 McCarty
Quilt Maple Top / BRW neck & FB
-Tigereye Smoked Burst-


PS#2070_McCarty_BRW_neck.jpg

PS#2070_McCarty_BRW_inlay.jpg

McCarty Private Stockです!
指板上を彩る美しいパーフリング、インレイもさることながら、ハカランダの自然由来の
縞や色味の美しさが際立つ逸品ですね。

「ブラジリアンはインディアンとどう違うの?」と聞かれると、文章で表現するのは
非常に難しいのですが…個人的には
「ハカランダ=スムースで適度なウェット感を内包した響き」
「インディアン=グラッシーで伸びやかな響き」と感じております。
同じ延長線上、方向性で微妙に違うニュアンス、と言いましょうか…こればかりは弾いて体感頂きたい所です。

もちろん個体差や他のマテリアルやパーツとの兼ね合いもありますので、一概には言えませんが、ご来店の際はそちらも含めてお試し頂ければ、よりローズウッドの魅力の深淵を覗いてもらえるのでは?と思います。

もちろん、所有満足感!というコレクター魂をグワングワンに揺らしてくれるポイントも非常にデカいですよね!

※各モデルの詳細、他の画像はモデル名クリックで
デジマート詳細ページリンク先をチェック!





一説には「ギターはボディよりもまずネックが命」というお話もよく聞きますが、
実際にネックのマテリアルによるサウンドの違いは一目(一聴)瞭然。

ネックはこだわりだすと、グリップや質感など非常に探求しがいのある重要な部分ですが、まずはマテリアルの違いでお試し頂くのが良い意味で分かりやすく楽しいと思います。

皮肉にも、今回のワシントン条約規制によりコレクタブルピースとしての側面でも
希少価値が上がっていくであろうローズウッドネックのモデル。

是非皆さまにもお試し頂き、所有頂ければ嬉しく思います。


そして…

先日入荷しましたこんなヤバいギターも…ローズネック!
コチラは近日公開予定です!お楽しみに!

Dragon2010_Inlay.jpg

それでは、また!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// 営業時間 ///
毎週火曜定休 OPEN 10時 CLOSE 21時
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
SNS日々更新中です♪ Pageにいいねで最新情報がGet可能です(^^)
/// B.U.G.オフィシャルホームページ ///
http://www.buguitars.com/
posted by Maki at 22:17 | 福岡 ☁ | Comment(2) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

最近の福岡店…熱いぜUSED!

こんにちは、スタッフ真木です。

さてさて、最近の福岡サンパレス店の近況ですが…
お買い得なUSED品、入ってます!

Roland_JC120.jpg

Fender_Hotrod_DLX.jpg

大定番のこんなアンプ達や…

Custom24_2011OR.jpg

5WayロータリーSWに新型エスカッション&旧型シェイプのPU搭載のPRS…

そしてボトムズさんでは非常に珍しい"USEDエフェクター"がたくさん!
レア物から大定番ものまで…早い者勝ち!

USED_Effects.jpg

是非、お店に遊びにいらしてください^^
ご来店をお待ちしております!

手短ではございますが…それでは、また!
店頭でお会いしましょう〜^^
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 17:16 | 福岡 ☔ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

【福岡サンパレス店】Burris Amp Royal Bluesman【こんなものも置いてますよ〜】

こんにちは。スタッフ真木です。
お盆期間も元気に営業中!福岡サンパレス店です^^

さて、今回の「福岡店、こんなものも置いてますよ〜」のコーナーはアンプ!
それもレアな1台のご紹介です^^

Burris_Main.jpg
Burris Amp Royal Bluesman

あまり聞いた事がないマニアックなブランドかもしれません。
小型の可愛いサイズ感と鮮烈な濃いブルーのカラーが印象的なアンプ!

この小ささでフルチューブ、18WのクラスA。しかもハンドワイヤード!!

ハムバッカーで強めのピッキングで歪むかどうか、というレベルの美しいクリーントーンに
重きを置いたサウンドです。Fender系の流れのアンプですね!
特にシングルコイル系を繋いだ時の高音弦の鈴鳴り感をしっかりと再生してくれる
美味しいサウンド。ジャズ、ポップスに非常に使える、歌に溶け込みつつ、存在感のあるトーン。
ピッキングレスポンスも早く、ストラト、レスポール、テレキャスターなどの
トラッドなギターとの相性が良いと感じます。

また、スイッチ切り替えでアンプとしてではなく、
良質なエフェクター=REVERB、VIBRATO単体としての使用も可能。

Burris_Acce.jpg

ヴィブラート用のフットスイッチ、ヘッドフォン出力対応端子も付属。

Burris_NAMM.jpg

しかも、なんと「NAMM SHOW 2010」出展品!

Burris_Back.jpg

前オーナー様の方でリアにパワースイッチを移動、フロントにスタンバイスイッチを増設。
とても使いやすい仕様にモディファイされています。
センドリターンも搭載。4Ω、8Ω、16ΩとSPに合わせて使用可能。

Burris_main02.jpg

持ち運びに便利、キュートなルックス、最高の出音、レアな嬉しい所有満足感!
クラブハウス、ライブバーなどの比較的小規模なライブシーンはもちろん、
レコーディングでも活躍してくれるでしょう!
様々なシチュエーションで上質なトーンを鳴らしてください!

こちらのオフィシャルサイトにてサウンドサンプルが聴けます、是非!
(PRSでも弾いてくれているのは嬉しいですね〜^^)

http://www.burrissamps.com/product.php?product=royalbluesman

価格は68,000円
※売約となりました!

付属品完備!当時の輸入代理店トーラスの正規輸入品!
是非、導入を検討されてみてください^^

それでは、また!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 14:50 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

【福岡サンパレス店】Simble Predriver ご紹介!【こんなものも置いてますよ〜】

こんばんは。スタッフ真木です。
朝9時営業のリズム感にも慣れ、良い感じに毎日仕事に励んでおります^^

さて、今回の「福岡店、こんなものも置いてますよ〜」のコーナー。
本日はペダルのご紹介です。

Simble_Predriver02.jpg

Simble Pedal Predriver

"ダンブル系ペダル"として名高い「Simble Over Drive」で一世を風靡した
Simble Pedalより新しいペダルが登場。

一見、とてもシンプルで不思議な見慣れないルックスに戸惑いますが…
これまた実にGood!なペダルなんです。

Simble_Predriver03.jpg

ユーザーが調整するのはHotとCoolのスイッチ切り替えのみ。
(インプットシグナルレベルを変えるブーストスイッチです)

弾いてみた印象は「色々音を作り込めない…」とネガティブに考えるより、
「既に最高のトーンがプリセットされている!」と考えるのが正解ですね。
弾いてもらえれば分かります^^

ボリューム調整のツマミもないですが、ONにした時の持ち上がり具合が
とても絶妙!分かってるね!という感じです^^

ハーモニックエンハンサーとしても使えるので、
原音に対して絶妙な倍音をまとわせる事ができます、弾いていてとても弾きやすい。
しかも、本機の売りでもあるピッキングレスポンスの良さがしっかりと感じられ、
一見相反する「弾きやすさと反応の早さ」のバランスが絶妙に取れています。

オーバードライブ〜ブースターとして。
アンプにプラスする音作りの要的に掛けっぱなしのプリアンプとして。
はたまた、シグナルをコントロールしてコンプレッサーとして。
このシンプルな1台に様々な可能性が詰まったペダルです^^

Simble_Predriver01.jpg

良いドライブペダルをお探しの方も、ある程度システムや出したいトーンは
固まったけれど…もう一つスパイスが欲しい!という方にもおすすめの1台です。
是非一度お試しください^^

それでは、また!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 10:09 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

《Art × Musical instrument》I Hush Guitars のご紹介

こんばんは、スタッフ真木です。
本日も一日お疲れ様でした。毎日猛暑の日々ですが、夏バテなどは大丈夫ですか?

そんなお疲れ模様の心に癒やしをお届けするべく、本日はこちらのギターをフィーチュア!

IHush_3Models.jpg IHush Guitars 彫金と木工の匠 日本が世界に誇る ギター職人

店頭にご来店された方は見ておられると思います。
この圧倒的な存在感とオーラは見て見ぬふりは出来ないでしょう…!!

IHush Guitars です。

茨城の工房にてお一人の職人さんの手で時間と手間暇をかけて丁寧に作られるギターです。
代表であり職人でもある代表の伊橋氏が全てを一から作り出しています。
いわば楽器でありながらも、一つの芸術作品です。

IHush_ST_Eagle_Main.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金

IHush_LP_RONIN_Main.jpg IHush Guitarsのレルポールタイプ 浪人彫金

IHush_FV_SASORI_Main.jpg IHush GuitarsのフライングVタイプ 蠍彫金

レスポール、ストラトキャスター、フライングVの3種類がラインアップ。

「アルミトップ×セミホロウ構造」という独特なスタイルに、
圧倒的な存在感を放つ彫金が一度見た者の心に、記憶に強烈に突き刺さる逸品です。

彫金と言えば…ZEMAITISが思い浮かびますが、正直ZEMAITISを超える逸品と言っても
過言ではないと真木は感じています。

それでは、以下写真にてご紹介。



Les Paul "RONIN" Figured
Thanks SOLD!!

IHush_LP_RONIN_Figured.jpg IHush Guitarsのレスポールタイプ 浪人彫金

例えばこのレスポール。見てください、このフレイム。
アルミトップなのにフレイム…「?」ですよね。
なんとこちら、全て手作業で彫って杢目を再現しています。信じられませんね。
その他にも随所にこだわりが注ぎ込まれています。

IHush_LP_RONIN_Top.jpg IHush Guitarsのレスポールタイプ 浪人彫金

IHush_LP_RONIN_Top02.jpg IHush Guitarsのレスポールタイプ 浪人彫金

IHush_LP_RONIN_Head.jpg IHush Guitarsのレスポールタイプ 浪人彫金

IHush_LP_RONIN_Top03.jpg IHush Guitarsのレスポールタイプ 浪人彫金



Strato "EAGLE"

IHush_ST_Eagle_Top.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金

IHush_ST_Eagle_Top02.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金

IHush_ST_Eagle_Binding.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金

IHush_ST_Eagle_Head.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金

IHush_ST_Eagle_Jointplate.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金

IHush_ST_Eagle_Neck.jpg IHush Guitarsのストラトタイプ エーグル彫金



"蠍" SASORI Flying V

IHush_FV_SASORI_engrave.jpg IHush GuitarsのフライングVタイプ 蠍彫金

IHush_FV_SASORI_Top.jpg IHush GuitarsのフライングVタイプ 蠍彫金

IHush_FV_SASORI_Pickguard.jpg IHush GuitarsのフライングVタイプ 蠍彫金

IHush_FV_SASORI_Binding.jpg IHush GuitarsのフライングVタイプ 蠍彫金

IHush_FV_SASORI_Head.jpg IHush GuitarsのフライングVタイプ 蠍彫金

いかがでしたでしょうか。
匠の彫金の技と仕込みによる、"金属と木材の融合体"。
美しさもさることながら、ギターとしての音色を追求した上でのこのスタイル。
一本一本にコンセプトがあり、丹精込めて時間をかけて制作されるギターの為、
2本と同じものは存在しません。
そして、職人さんの明確な意志やこだわりが詰め込まれた"芸術"である面と、
音を紡ぎだす"楽器"である事のトータルバランスが高次元で達成、
昇華されている素晴らしいギターです。
これこそ、"人から人へ手渡されていく"ギターだと思います。

このギターを手にした日本のミュージシャンが大舞台やメディアで
最高のトーンを奏でてくれる事を願ってやみません。
音はもちろんの事、ロックキッズの心を掴むのはいつでもギターのルックス、
オーラ、シルエット…要はカッコよさ!
それを瞬間的に、存分に伝えてくれる逸品達だと思います。


東京店にも3モデル、計4本のラインナップで店頭展示ございます。

★IHush Guitars 特設ページ → http://www.buguitars.com/vars/ihush/index.html

また日を改めて、サウンドや演奏性に焦点を当てた"試奏インプレッションブログ"
などを書きたいと思いますので、お楽しみに!
美しさと同時に存在する、"このギターだからこそのトーン"に迫ってみたいと
思っております。

こちらもSAITO Guitars同様に"九州ではBUG福岡サンパレス店だけ"でしか見れない、
試せない特別なギターです。是非これからも「IHush Guitars」ご注目ください!

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 19:26 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

【福岡サンパレス店】Black Star FLY3 ご紹介!【こんなものも置いてますよ〜】

またまた登場。スタッフ真木です。

いきなりですが「福岡店、こんなものも置いてますよ〜」コーナー始まりました(笑)
今後、不定期に更新される(であろう)このコーナーでは、
福岡店店頭にあるオススメのアイテムをブログでも紹介して皆さんに知って頂こう、
一緒に楽しんでいこう、というコーナーです。
Twitter、Facebookではギリギリ収まりきらない気持ちをブログにしたためます(笑)

それでは早速、真木オススメのアイテムをご紹介。

Blackstar_FLY3_01.jpg

Blackstar FLY3 Stereo Pack


Blackstarが放つ、3Wの小型アンプ。
2チャンネル仕様、ディレイ搭載、MP3 / Line In端子搭載の小さくてもニクイやつです(笑)
電池駆動でどこへでも持っていけます。

Blackstar_FLY3_02.jpg

初めて弾いた時、驚きました。
この価格、このコンパクトさで、この音質!?
歪みのコシ、クリーンの余裕感、ディレイのクリアさ
これまでの小型アンプの常識を超えるトーンでした。なんなら私が買いそうでした(笑)

著名アーティストが自宅スタジオのデスク周りに置いたり、
プラクティスアンプとしても高く評価されている事実も各音楽誌にて確認済み^^

だったらなおさら音を聞かないと始まらない!という事で最後に公式の動画をご紹介。
比較アンプのシルエットがあったりと若干皮肉めいた動画ですが、出音は本当に
素晴らしいです。特にクリーントーンの深みに注目。



価格は12,150円!
こちらはエクステンションキャビネット + 専用パワーサプライ付きのSteleo Pack!

初めてアンプを買う方はもちろんの事、スタックやラックは買い倒したけど、
実際自宅でゆっくり鳴らせるのはミニアンプだよね…という方にもオススメ!
音が良いと弾くのが楽しい、そして楽しければ上達します^^
なのでデイリーユースのアンプにはこだわりたいものですよね!
是非こちらもご注目ください!

★公式ホームページはこちら! → http://www.blackstaramps.jp/fly/fly_stereo_pack.html

以上、福岡店のこんなものも置いてますよ〜、でした!

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 19:55 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

FAT試奏会 イベント開催近し!フィックスドワウについて

こんばんは、スタッフ真木です。

さぁさぁ、今週末ですよ!

515_s2.jpg


2015fatev.jpg

『KEIHINJIMA LAB Presents
"FAT 新作エフェクター 試奏会
at BUG福岡サンパレス店" 』


★お申込みに関してはこちら!

http://bughakata.seesaa.net/article/420278560.html

★イベント内容に関してはこちら!

http://bughakata.seesaa.net/article/420450363.html


改めまして…本イベントはFAT新作エフェクター「515.W」の発売を前に、
初めて公の場で試奏お試し頂けるという貴重なイベントになっております^^

515_b.jpg

515.Wはいわゆる「フィックスドワウ」という分類のペダルです。
そこで「そもそもフィックドワウって何?」というお声もございましたので、
簡単にご説明…。

まず、マイケルシェンカーの使用に代表される「半止めワウ」からご説明。
ワウペダルをワウワウと動かさずに任意のポイントで止めた状態をキープし、
独特のトーンを作り出す方法です。
そのトーンを再現する為に、予め固定=Fixedさせたペダル、
それがフィックスドワウペダルです。

フィルターをかけたような、独特な中域〜高域にクセを持った鼻詰まったようなトーンが
弾く側、聴く側ともに絶妙に気持ちの良いサウンドを作り出します。
特に強調したいリードパートにかけてあげると効果抜群、
楽曲の中でフックになってくれますね。
それでは実際にそのトーンを聴いてみましょう。


Into the Arena / Michael Shenker


余談ではございますが、シェンカーはちょうど良い場所で半止めする為に、
ワウの踏みしろにコインを挟んでちょうど良い場所に調整&固定していたとかしないとか…。

最近の日本のロックバンド、音楽シーンではあまり聞き馴染みのないトーンの為、
時代の音…という捉え方をする方もいるかもしれません。
しかし、だからこそ今の時代により際立つ、強く刺さるトーンとも感じます。

これまでFATからは初代フィックスドワウ、206.W、312.W、
Tour Sample Series TYPE1〜5
が限定で発売されました。
かなり貴重なペダルですが、お客様からお話をお聞きすると、やはりファンの方は
しっかり押さえているようですね^^

CAJのTwin Wah Box(通称Chiba Wah)も有名ですね!
世に10台程しか存在しないという千葉ワウ…。

CAJ_TwinWahBox.jpg

あれ…なぜここにあるの…笑

弊店常連のお客様より、本イベントの為に展示、貸し出し頂きました^^
隣にチラッと写ってるのも・・・そうです。アレです笑

という訳で、FATファンの方はもちろん、ギタートーンの探求に余念の無い方にも、
本イベントは楽しく、身になる良い機会だと思います!
ご参加のお客様同士での交流や、仲が深まるとても良い機会とも思いますので、
是非楽しんで頂けましたら幸いです。

そして、意外と試奏会以外のFATグッズ販売にもご注目頂けているのが
非常に嬉しいですね!

FAT-STS-006.jpg

FAT-MLB-001.jpg

FAT-CRS-001.jpg

FAT-CL-002.jpg

これからの季節に大活躍のTシャツ、ビアグラスや、ピックケースにも活用出来る
コインケースセット、そしてギタリスト必携のクロスなどなど!

FATのアパレルグッズは、良い意味でギターや音楽面の押し出しが少なく、
普段使いがしやすいデザインでとてもカッコイイ!
Tシャツは上記のデザイン以外の物もご用意!他にもグッズもりだくさん!
グッズラインナップは以下のFATホームページを御覧ください^^

★FAT オフィシャルホームページ★

そして、この度の試奏会イベントのみの限定グッズである
FATクリップチューナー
更にお探しの方も多い、トップハットの特別限定販売!

試奏会以外にも楽しんで頂けるスペース作りでお待ちしております!
せっかくの機会ですので、時間の関係で試奏には参加出来ない方も是非、
グッズ販売にいらしてください^^

また「参加したいが、当日にならないと予定がわからない」とのお声も多く頂きましたので、当日の空き状況のご連絡確認 & 急遽のご参加もOK!
本日6月24日現在、27日、28日、共に夕方頃の時間帯に空きがございますので、
当日のご参加ご連絡もお待ちしております!

★お申込みに関してはこちら!
http://bughakata.seesaa.net/article/420278560.html


※当日は終日イベントの為、通常営業は致しませんので、もし万が一ご来店された
お客様には付きっきりでの接客が難しい場合がございます。その旨ご理解下さい。

さぁ、当日に向けて盛り上がっていきましょう!
同日行われるヤフオクドーム『B'z LIVE-GYM 2015 EPIC NIGHT』
参戦の方も多いと思います、
そちらも楽しまれて下さいね!

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 20:05 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

PRS SE NEWモデルラインナップ速報!!

こんばんは。福岡店スタッフ 真木です。
本日も暑かったですね!都心では30度超えの夏日を記録したとか…!
不思議な気候ですが、どうか体調にはくれぐれもお気をつけ下さいね!

さて、本日は…先日、PRSのUSAサイトで発表されたPRS新モデルのご紹介!

StandardsGraphic.jpg

SEシリーズのNEWラインナップ4機種が発表されました!
今回は「Standard」ベースの4機種!

SE_STD24.jpg

SE Standard24


SE_STD22.jpg

SE Standard22


SE_STD245.jpg

SE Standard 245


SantanaSTD_01.jpg

SE Santana Standard


Standard=オールマホガニーのモデルであり、1985年の工場設立&NAMM SHOW初出展時には代表機種 Custom24(マホガニーバック&メイプルトップ)に並び、
「PRS」のモデル名で現在のStandard24に当たるモデルを既にラインナップされていた事実、工場設立以前の70年代のPre Factrory、更に遡ればポールリードスミスが初めて
制作したギターがオールマホガニー(レスポールジュニア)だった事もあり、ポール自身が「オールマホガニー」というモデルに並々ならぬこだわりと信念を持っている事が歴史から感じられます。

「PRS=美しいメイプルトップ」という揺るぎないパブリックイメージはもちろんですが、同時に確実な存在意義を持つオールマホガニーならではのトーン、マホガニーの木目の渋さ、質実剛健なルックスがたまらない…というフリークの方々がいるのも事実。

その「オールマホガニー」の魅力の一つがSEで体感出来るチャンスですね!
そういう意味でも楽しみな今回の発表です^^

後日、モデル毎の仕様や特徴、カラー展開、その他、個人的に妄想するアプリケーションなど(笑)をご紹介したいと思います!楽しみにお待ちください^^

それでは、また!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 16:52 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

サウンド追求の旅、コンデンサのアレコレ…そしてこれが真打ちコンデンサ!

こんばんは。スタッフ真木です。

GWは終わり、また週末のお休みに突入!皆さま、いかがお過ごしですか〜!

私、真木は珍しく風邪をひいてしまい、なかなかに大変!
「バ○は風邪ひかない」とはよく言いますが…何故かひきましたね〜(笑)
既にかなり快方に向かっていますので、どうか感染を恐れずご来店下さい(笑)

さて、最近は専門学校の新入生さんや大学生の方、バンドマンの方々などご新規のお客様に
多数ご来店頂けているボトムズさんですが、理想の音まで今一歩…というご相談を多く頂きます。

そこでまず、基本的にはギター自体の状態を見て、セットアップサイドから改善、
ポテンシャルを引き出してあげる方向で検討します。
弦高やネックの反り状態、ネジのトルクマネジメント、PU高さ調整などを追い込んでいきます。
もちろん弦を変えれば音も変わりますので、そのご提案もさせて頂いております。

それでもまだもう一歩…という場合、モディファイ。
例えば、コンデンサ交換などもオススメしております!

そこで弊店オススメのコンデンサがこちら。

FSE.jpg

FSE Custom Tone Cap


熊本のアンプビルダー「Fujiyama Sound Engineering(FSE)」が技術者ならではの
卓越した経験と知識を元に、米国SBE社に特注したスペシャルなオレンジドロップです。

http://www.fse-amp.com/fse.html

パワー感、押し出し感とはまた違う、艶っぽさ、奥深さ、味わい深さがトーンにプラスされます。
そして、ボリュームを絞った時に線が細くならず。音のコシが残るのがポイント。
ボリュームコントロールで絶妙に歪み〜クランチ辺りを美味しく使い分けたい方には、
このコンデンサの恩恵は強いですね。

また、現在コンデンサの一般的な容量=0.047μF(シングルコイル)、0.022μF(ハムバッカー)の所、本コンデンサはヴィンテージに使用されていた値「0.05μF」「0.02μF」が敢えて使用されています。

主にギターに使用されるコンデンサの値は0.1μF、0.05μF、0.033μF、0.022μF、など。
容量が大きければ大きいほど、トーンを使用した時、高域をカットしていきます。

なので、一般的に高域が強く出る順番で、テレキャスター=0.1μF、
シングルコイル(ストラト)=0.05μF、P90(ソープバー)=0.033μF、
ハムバッカー(レスポール)=0.022μF、
を取り付けるのが一般的ですが、
ストラトでハイの成分をジャギっと押し出したい、というリクエストで
敢えて0.022μFを取り付ける…ということも有りますので、正解はないのがこの世界ですね^^

また意外と知られていないのが
「トーンは全く使わなくても回路を通っている以上はコンデンサは出音にかなり関わってくる」
という事。

ですので、逆に「トーンは使わないからコンデンサ外してトーンをバイパスにして音抜けを
良くしてしまおう!」という場合、音抜けが良くなる分、最初に感じていたギターらしい厚み、太さ、
良い感じの"音楽的なフィルター感"は無くなってしまうので…一概に正解とは言いがたい、難しい。

元も子もないのですが、最終的にはお好みのお話になります^^;

FSEトーンキャップコンデンサはこれまで弊店オススメのコンデンサとして、
取り付けて参りましたが、全ての案件においてご滿足頂いております。

ピックアップや弦などと同様に、変える事でトーンに変化をもたらすパーツのモディファイは
楽しいですよね。
コンデンサの種類(フィルム、オイル、セラミック)はたまた新鋭ブランドのコンデンサ、
またはデッドストックのオールドコンデンサなど…コンデンサの世界もかなり奥が深いので、
私も楽しみつつもドハマりしないようにしてはいますが(笑)
以前所有していたVanzandtのストラトをいじっていた時は…色々やりましたね〜(笑)

是非こういったモディファイやトーン探求に関しては、ご相談ください!
BUG福岡店スタッフは自身がギター弾いてますので、よりお客様目線でお話が出来るのでは、
と自負しております^^

是非取り付け作業などもご相談くださいね。

それでは、また!
明日もご来店をお待ちしております!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
http://goo.gl/OBnnk
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 17:36 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする