2014年02月11日

Suhr NEW VIDEO & ファクトリーツアー秘話!!

こんばんは。スタッフ真木です。

本日は建国記念日。祝日という事で、普段は定休日の火曜日営業でございました。
お仕事の都合でなかなかタイミングが合わなかった…というお客様にもたくさん
ご来店頂けて、嬉しい限りでございます^^

さて、本日はSuhrの新しい動画が公開されましたので、こちらをご紹介!

Suhr THE 2014 Collection "THE ONE"

まさに先日NAMM渡米出張の際に、実際に見てきたファクトリーの模様が、
ギターが完成するまでの流れと共に見ることが出来ます!

Suhr_Factory.jpg

オーダー毎に徹底管理されたパーツや木材。
木材の種類はもちろん、フレイムやキルトなどの杢の種類、さらに杢の表情まで細かく
分けて管理されています。

ファクトリー内部も広く且つオープンで、清潔に保たれたクリーンな環境。
セクション毎に熟練の担当者が完璧な仕事を遂行していきます。

ファクトリーツアー訪問の際に、代表と私真木…何とJohn Suhr氏にお会いして
お話をする機会に恵まれました。
(そこにはプロギタリスト、Pete Thorn氏の姿も!)

写真では厳格そうな雰囲気のある氏ですが、実際は非常に柔らかく紳士的な方で、
日本からやってきた事を告げると大変喜んでくださいました。

その後、社長室に招かれ、普段氏が働いているその場所を見せて頂ける展開に…!!
(ネックシェイプが3Dで映しだされたモニターも覗かせて頂きました)

「仕事」というよりは「好きで仕方ない」という気持ちのまま、
職務を全うしている事が非常に伝わってくる部屋で、千載一遇のレアな経験をさせて頂けました。

全てにおいて、Suhr氏=トップの思想や目指したい方向性が隅々にまで行き届いた
ファクトリーで、そのコンセプトや考え方がスタッフに伝搬し、それがギターの味や個性に宿り、
ブランドの力になっていく…その一連の流れが垣間見れたようなファクトリーツアーでした。

私のSuhr物欲心に火が付いたのは言うまでもありません。

これからもSuhrユーザーの方は勿論、今後Suhr導入をお考えの方への最良のご提案や
お手伝いが出来ますよう、ボトムズ福岡店、頑張ってまいります^^

そして、そんなSuhrが…

ぴかぴか(新しい)近々福岡サンパレス店にガッツリ入荷予定デス!!ぴかぴか(新しい)

お見逃しなく…!!

それでは、また!
posted by Maki at 14:25 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

MerylandのPRS GuitarsからCaliforniaのFargen Amplificationへそして成田JAPANへ!

おはようございます。龍野です。
ただ今現地時間の7時です。

PRS_Factrytour20121015

PRSファクトリーのエントランス。
メリーランドでは短い時間でしたが現地の知人と再会し、その後いつもの大きな橋を渡ってPRSファクトリーへ。
なぜかP.R.S氏の奥さまご一行と一緒にファクトリーツアーを回ってきました。


PRS_Factrytour20121015

これだけ大量のPRSが作られていくさまはいつ見ても壮観です。
工場の規模を拡大し、機械や設備もどんどんとアップデートされていますが、職人の目と手でなければ成し得ない細かな部分は、相変わらずの手作業です。
また、生産本数もここ数年は増やさず、クオリティを更に高めることに時間を費やしています。
こうして製品のクオリティは保たれ、安定した製品が送り出されていきます。



Fargen_Amplifier_Factory_Tour

PRSファクトリーを後にし、次なる訪問地であるカリフォルニアのサクラメントへ。
ここではFargen Amplification/Custom Ampを訪問。
Steve VaiやJoe satrianiのアンプモディファイを手掛け、Michael Landauが彼の製作したアンプを愛用するなど、米国ハンドメイド・ブティックアンプ業界でホットなビルダーです。

ギタリストが求めてやまないクラシカルで良質なトーンと、Benjamin Fargen氏が考えるトーンを融合し、更なるトーンを追求する姿は純粋でまっすぐな少年のようで、とても楽しそうにアンプの話、回路の話、エフェクターの話をする姿が印象的でした。

今回、多くのプロトタイプを見せていただき、またランドゥ氏が愛用する機種のドンズバモデルもオーダーして参りました。
製品だけを見ていては感じきれない様々な思いや取組み、追求を見ることができてとても有意義で楽しい時間となりました。

非常にめまぐるしく変わる状況での旅でしたが、あとは帰国のフライトを残すのみとなりました。
そろそろ出発です。
それでは・・・
posted by 福岡サンパレス店 at 23:28 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

David Thomas McNaught 2012 オーダーミーティング!

こんばんは。現地時間深夜1時55分。マクノウト氏とのミーティングが終了しました。
今朝7時に目が覚めてから、今まで、McNaughtづくしの一日でした。猛烈に疲れましたが、これまで同様に猛烈なる充実感、達成感です。氏もよくぞこんな時間まで真摯に付き合ってくれたと、謝辞を述べたいです。
朝食をとったあとは夜まで工場にいて、帰ってから夕食。
小一時間の休憩を挟んで今の今までオーダー仕様の再確認や新規オーダーの確認、進化したDavid Thomas McNaught 2012のSPEC、顧客の音楽性から趣味趣向、何のために、どうしてギターを作るのか、どうあるべきか、未来にはどうなっているのか、等々多面的に論議を重ね、単なる木材や部品の組み立てとは根本的に異なる、真実の「All Hand Made Guitar Builder」との対話がそこにはありました。

David Thomas McNaught 2012 オーダーミーティング

スゴイですよ。本当にこの人は、この工房は。現代のカリスマビルダーの名に相応しい、「真面目」で「職人気質」なそれでいて「こつこつと小さな進化を重ねていきたい」と口にする向上心。
我々正規オーダー正規輸入業者だけがお届けできる「真実」と「厳選」のギターが作られていることをお約束できます。

David Thomas McNaught 2012 オーダーミーティング

2年ぶりに訪れた今日の工場の姿、道具や工場(こうば)の人間の努力と言うものが感じられる様子、とても感動しました。
だてに長い時間待たせてないな、と納得する超生真面目な人柄。素敵すぎました。

彼の製作品を日本にお届けできることを誇りに思います。
我々だけが指定する、否、許されている独自のスペックには彼と私たちの友情が溶け込んでいます。

日本人はとてもこだわり深く、忍耐強い人種で、であるが故にUS向けの他のギターより時間がかかる製作を行っています。
彼はそんな日本人の心に深いリスペクトを示し、素晴らしいギターを届けてくれることを約束してくれました。
きっと手にして頂くときは最新の2012Grade、2013Gradeのマクノウトギターをご堪能頂けると思います。

本当に素晴らしい取り組みと素晴らしい材を見てきました。

David Thomas McNaught 2012 オーダーミーティング

彼と私たちのステイを支えてくれた彼の家族にこの場を借りて大いなる感謝を申し上げたいと思います。

今後、まだまだ次回の入荷までは月日を要しますが、『進化を続ける孤高のビルダー David Thomas McNaught』の正規輸入品の魅力を存分に味わって頂けるように仕込んで参りました。

乞うご期待!です。

さて。
これからシャワーを浴びて出発の準備をし、夜のシャーロットを車でひた走って次の訪問先へ移動します。
今日もタフな一日になりそうですが頑張ります。
次の更新をお楽しみに。
posted by 福岡サンパレス店 at 15:45 | 福岡 | Comment(2) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

CARR Amplifiers Facotryへ工場見学に行ってきました。

Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars

こんばんは。 ん? こんにちは? こちらのブログには初登場、東京店チーフのTでござます。

本日もノースカロライナは良いお天気で過ごしやすい一日。
私たちは、友人David T. McNaughtと一緒に、とあるアンプのファクトリーを訪問してきました。



Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars

日本国内でも渡辺香津美さんを筆頭にプロミュージシャンをはじめとする耳の肥えたギタリストに評判のブティックアンプメーカー、《CARR Amplifiers》のファクトリーです。
日本国内では[キタハラ楽器]さんが輸入代理店をされています。


とても快く迎え入れてくださり、ダンディなクルーにファクトリー内を説明してもらいつつ回らせて頂きました。
中でも完全に自社で製作され、CARRアンプのサウンドを決定づけると言っても過言ではない重要なファクターの一つであるキャビネット製作の力の入れようには目を見張るものがありました。


詳しくはまた改めて。
ほんの少しだけ、キャビネットの製作現場を・・・

Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars



Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars



Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars



Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars



Carr Amplifier - Factory Tour - 2012 Fall / Bottom's Up Guitars


現在深夜4時手前。明日はマクノウトファクトリーで木材の選定とオーダーの打ち合わせの予定です。
D.T.Mご本人より「今回はウッドサプライヤーからこの日の為に何ヶ月も前から集めたごっつい材があるから期待してくれ。」と力強いお言葉。

とても楽しみです。

では、Carrアンプファクトリー探訪記の続編もお楽しみに!

龍野 & 重浦
posted by 福岡サンパレス店 at 16:34 | 福岡 | Comment(2) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

McNaught Guitars のホームタウンへ無事に到着しました。

2012 McNaught Guitars Factory Tour - New Bass's Here !!

珍道中START。序盤戦からスパートしすぎて痛々しいネタ満載ですが、何とか終わり良ければ総て良し、ということで無事に今夜の宿、『David Thomas McNaught Guitars - ご本人のお宅』に辿り着きました。

そうです。我々2名、今回こちらに3泊させて頂いて、色々と勉強や研修・体験、それからメーカー視察を行って参ります。

2012 McNaught Guitars Factory Tour - New Bass's Here !!

2012 McNaught Guitars Factory Tour - New Bass's Here !!

マクノウト氏の作業デスクの一端をパシャリ
2012 McNaught Guitars Factory Tour - New Bass's Here !!

2012 McNaught Guitars Factory Tour - New Bass's Here !!
ここであの精緻なインレイワークやカスタムエレクトロニクスが作られるのです。

そして、今回とうとう あれ とご対面しました!!
2012 McNaught Guitars Factory Tour - New Bass's Here !!

こ 、こ 、、 これは!!

The First McNaught BASS is here!!!



今後の情報も可能な限りアップできるよう無いなりに工夫してネット環境をGETして記事投稿したいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します!

重浦 & 龍野

posted by 福岡サンパレス店 at 14:30 | 福岡 ☀ | Comment(2) | 工場訪問(ファクトリーツアー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする