2013年05月25日

食事って大事です…

今日も一日お疲れさまです、スタッフ真木です。

さて、突然ですが皆さん、食事に気を使われていますか?
健康を見直す上でまず大切なのが「食事」ですよね。

私、実は高校生くらいまでずっと結構な肥満児でして…ふらふら
いきなり夜飯抜きダイエットを強行して体調ガタガタになった経験があるので、
食事の重要さは痛い程に分かっているつもりなのですが…
あいにく福岡は美味しいものばかり(笑)
ファーストフードやB級グルメも大好きなので、キン肉マン並に毎日牛丼でイケます^^;
(ちなみにスタッフY2は、毎日カレーとハロハロでイケます)
バランスの取れたお弁当を自分で作ったりなど出来ればベストなのですが、
なかなかそこまで私生活はマメな奴ではございませんので…
うーん、どげんかせんといかん(笑)
何事も日々のルーチンに取り入れてしまえば後は続けていくだけ、なのですがそれまでが大変ですよね。

食事の内容で体調が変わり、モチベーションが変わり、仕事のパフォーマンスが変わり、
日々の生活が変わり、人生が変わっていく…そう考えると一食一食大切にして行かないといけない、と思ったここ最近でした。
自分を守れるのは自分だけですからね、食事は薬にも毒にもなりますね…。

…って、この内容でギターショップのブログかぃ!(笑)
ただの真木のつぶやきになってしまいましたが、こんな日も良いでしょう(笑)
明日はバッチリ機材の記事を上げますので^^

それでは、また!
posted by Maki at 23:51 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 日記(オフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

ドゥービー!

こんばんは、僕です、真木です。
ただ今、店内では『The Doobie Brothers』を流しながら作業中。

恥ずかしながら「この曲!このリフ!ドゥービーだったのか〜!」
と今になって気づく始末…クラシックロックをもっと勉強せねば!と思った次第です^^;

先日はスティービーレイヴォーンのベストを自宅から持ち込んで店内のBGMに^^
(買うだけ買ってなかなか聴けていないCDが結構あるのです)
もっと店内BGMも色々増やせたらな〜と思っております^^

さて、ご来店くださった方はお気づきかと思いますが、
福岡店の方でもPRSパーツの店頭販売を始めました。

PRS_Parts.jpg
(※上記の写真は一例です、SE用のパーツも多数ご用意ございます。)

中でもPUリング(エスカッション)に関しましては、現行のPRSに搭載されているマウントネジ落とし込み&角が丸くなっている新タイプへと移行しました。

PRS_PU_Ring_01.jpg

こちらは旧タイプ。

PRS_PU_Ring_02.jpg

こちらが新タイプ!マウントネジの落とし込み、角の丸みが違いますね。

上記の写真を2つ比べて頂ければ仕様の違いと、色味の違いもご確認頂けるかと思います。
こちらも互換性はありますので、ルックスの違いだけで取り付きます。
(旧タイプは残り僅かですが、在庫ございますのでお問い合わせ頂けますと幸いです。)

九州のPRSユーザーの皆さま、是非ご利用くださいね。

そして、こちら!

PRS_Corvette_T.jpg

Corvette StandardのTシャツ!

Tremonti_T02.jpg

これまたレアなトレモンティロングTシャツ
ちなみにこれはバックです、インパクト大!

PRSのアパレルは今ではほとんど国内には無いレアな逸品です。
どちらもラスト一点!早い者勝ちです!
(コルベットT=US Sサイズ、トレモンティロングT=US Mサイズ)

以上、こんなレアアイテムも揃えている福岡店でございました。

それでは、また!
posted by Maki at 20:35 | 福岡 | Comment(0) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

Leqtique Maestoso 再入荷!

こんばんは。本日も一日お疲れさまです、スタッフ真木です。
今日も1日暑かったですね!さぁ、このまま夏に突入か!とは行きませんよね、
梅雨があるんですよね…雨
九州の梅雨は初体験なのでどれくらいの期間になるのでしょう…曇りがく〜(落胆した顔)

さて、本日はこちら!

Leqtique_MAT_05.jpg

Leqtique_MAT_02.jpg

前回の福岡店入荷時には即完売となった【Leqtique Maestoso(MAT)】
が再入荷致しました。

生産完了のMaestro Antique Revised(MAR)も前回ブログでご紹介後、即売れてしまいました^^;
嬉しいですが本当は私も買いたかったのでフクザツな気分…(笑)

それでは、今回も簡単なインプレッションをば。

Leqtique_MAT_01.jpg

コントロールは、Vol、Tone、Gainとシンプルな構成。
本機も弾いて音を聴きながら直感的に音が作れますね。

前モデルMARはミッドを持ち上げてグッと濃密な歪み感を与えてくれるいわゆる「ドンズバTS系」オーバードライブ/ゲインブースターでしたが、今回のMATはよりゲイン幅を広く持たせたことによって、音作りの守備範囲が広くなったオーバードライブ〜ディストーションと言った印象です。

MARがジューシーでウェット&スムースなリードや単音向けの印象だったのに対して、
今回のMATは粘り過ぎずにヌケの良さがあり、ザクっとした音まで作れるのでメインの歪みサウンドの音作りにも最適。
MATはより解像度を増し、なおかつミッドのコシは損なわないままにゲインアップして使いやすく仕上がっています。
良い意味で「TS系」のイメージにとらわれない良質なディストーションペダル、ですね!

以下、メーカーサイトも是非御覧ください。
本サイトのデモンストレーションはこのペダルの可能性を分かりやすく表していますね!

Lep International HP【Leqtique Maestoso】

Leqtiqueの魅力はこのルックスも大きな要素ですよね。

Leqtique_MAT_03.jpg

一つとして同じ物は存在しないこのマーブル模様。ハンドペイント。
本機のマーブル具合、結構良い感じじゃないですか^^

Leqtique_MAT_04.jpg

MAR同様、アルミ削り出し…脅威のコストパフォーマンスですよね。

試奏&レビューしてたら本機も欲しくなってしまいました(笑)

プライスは14,700円
「買っちゃおうかな!」と思わせてくれるお求めやすい価格で、ここまでのハイクオリティのペダルが手に入る…売れなかったら…私が買いたい(笑)
是非店頭でお試しくださいね。

それでは、また!
posted by Maki at 20:08 | 福岡 | Comment(0) | Leqtique | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

PRS AMP『Original Sewell』

こんばんは!スタッフ真木です。

さて、本日はアンプのご紹介。
ギター、エフェクター、アクセサリーとブログで取り上げてきて、意外とアンプにスポットライト当たっていない…と気が付きました、すいません^^;

それでは早速、こちら!

Original_Sewell_Front.jpg

Original_Sewell_Back.jpg

PRS AMP『Original Sewell』

アンプ設計者のDoug Sewell氏の名前を冠したモデル。

Original_Sewell_Dallas.jpg

左がDallas、右がSewell
見た目はほとんど、Dallasと変わらないペイズリー柄…ですが、出音は結構違います!
それでは、早速インプレッションを。
(※試奏にはストラト(アルダー、ローズ)を使用)

まずはコントロール部。

Original_Sewell_Control.jpg

イコライザーはトレブルとベースのみ。ですが、ちょうど良いミッド感。
リバーブは結構強めにかかります、個人的には9時くらいのセッティングが心地良いように感じましたね。

ブライトスイッチも過度に高域を強調するわけではなく、ちょうど良いプレゼンス成分と倍音を足してあげるように作用してくれるスイッチです。
ハムバッカー系のギターを使用した際にとても有効ですね。

Original_Sewell_Clean.jpg

Volはこれくらいの設定だとクリーントーン。

Original_Sewell_Crunch.jpg

ピッキングで歪みをコントロール出来るレベルのクランチサウンド。
ストラトで弾く場合はこれくらいが美味しいかも知れません。

Original_Sewell_OD.jpg

ハードロックまでいけるオーバードライブサウンド。
ハムバッカーならこの時点でも結構ガッツリとしたパワー感が感じられるでしょう。

Original_Sewell_Fuzz.jpg

ここまで歪ませるとブチブチとしたファズ的なニュアンスまでもカバー可能。
しかし、音の芯は損なわないレベルでうまくまとまっています。
出力な控えめなストラトで弾いたにもかかわらず、結構深く歪んでくれました。
自然とフレーズもメタル的なアプローチに…(笑)

初めは「ハイミッド主張系かな…」と思いきやローもしっかりとしていて、
か細くならない絶妙な太さです。
「ファット」という表現まではいかないようなレベルで厚みのあるサウンド。
ブリッジミュートした時にも適度にゴンゴンとローの厚みが感じられて気持ちいいですね!

敢えてDallasと比較してみると…

●Dallas=クリアで繊細、クリスピーなサウンド。
弾いていると自然とジャズ系などのアプローチが出てくるトーン。

●Sewell=良い意味でダーティ、ウェットで気持ちダークな音作りになっている印象です。
(モコつくという意味ではなく)
ブルージーな雰囲気やチョーキングでグッと泣かせるような「いなたい」フレージングを呼んでくれるサウンドですね。

総評としましては…とにかく非常に弾きやすいアンプ、良い意味で「負けてくれる」サウンドです。
PRSのアンプというとSweet16、Dallas、PRS30に代表されるようなクリーン〜クランチが美味しいサウンド…というイメージがありますが、こちらは歪みに重きを置いたスムース&ジューシーなサウンドです。

粘りはあるものの、モタつくような感じはあまり無く、ピッキングニュアンスも出しやすい。
スペック的にもサウンド的にもマーシャルを彷彿とさせる一台…と感じました。ウォームになり過ぎずに気持ちトレブルが前に出てくるような歪み感は好きな方多いのでは^^
トラディショナルなハードロックはもちろん、モダンなロックにもバッチリ対応出来るような頼もしいアンプです!

Original_Sewell_Celestion.jpg

スピーカーはCelestion Vintage30

Svetrana_EL34.jpg

Philips_12AT7.jpg

ECC83.jpg

真空管はパワー管= Svetrana EL34×2、プリ管=ECC83(JJ)、3番管にはPhilips 12AT7

Original_Sewell_Logo.jpg

日本未発売の貴重なモデルです。
(ステップアップトランスをご使用されると音のハリ、押し出し感も変わります。)
コレクションアイテムとしても面白いレアアンプではないでしょうか^^
デジマートにもアップしておりますので、チェック!

http://www.digimart.net/amp-eff/inst_detail.do?instrument_id=DS02010515

こちらのDallasも是非チェックを!(EL34仕様)

http://www.digimart.net/amp-eff/inst_detail.do?instrument_id=DS01946956

それでは、また!
タグ:PRS30 Sweet16 Dallas
posted by Maki at 19:10 | 福岡 | Comment(0) | PRS (Paul Reed Smith) Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

ストラトストラトストラト…

こんばんは!スタッフ真木です。
今日もむちゃくちゃ暑い一日でしたねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
根暗な割に夏が好きな真木としては、意外と嬉しい気候です(笑)

さて、本日は非常にストラトづいた一日でした!
こんなギター達をメンテナンスさせて頂きました!

ST_Vanzandt.jpg

ST_Mexico.jpg

ST_CustomShop.jpg

同じストラトでも、ブランドも仕様も状態も三者三様。
それぞれが唯一無二の鳴り感とサウンドで…これがまた面白い!

弦高、弦のゲージでもガラッと変わって、改めて奥が深いギターだな…
と分かったふりして更に迷い込んだ気持ちです(笑)
これだからギターは、音楽は面白い!

明日は福岡店定休日です。
また22日(水)のご来店をお待ちしております!

それでは、また!
タグ:Fender VANZANDT
posted by Maki at 23:36 | 福岡 ☀ | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする