2013年05月13日

ギター試奏大会!

こんばんは!お世話になっております、スタッフ真木です。
本日も大快晴!夏のような気候が続いて嬉しい限りですね^^

昨晩は来福中の弊店代表と一緒に常連のお客さまとの「秘密の会合」に出席して参りました!
…さて「秘密の会合」とは、何でしょう?

それは…ギター試奏大会

お店の営業終了後にお邪魔して、深夜3時までぶっ続けでギター、ストラト、
音楽について熱く、楽しく討論!

History、Fender Mexico、Fender Custom Shop…などなど持ち寄って弾き比べ。
(自分もCrewsのストラト持っていけばよかった!)

「同じストラトでもここまで違うの?」

「このペダルでこんなにトーンの表情が変わる!」

「ネジの締め加減(トルクコントロール)でここまでサウンドが変化する!」


などなど…改めてストラトって、ギターって、音楽って奥が深いな…と感じさせてもらえた
あっという間の数時間でした^^

セッションが始まる場面もあり、アドリブについても色々とお話しました。
絶対音感をお持ちのお客さまもいらしたので「音を全て頭で把握した上でのギターアプローチ」と、
私のような何の音かわかっていないけど(お恥ずかしい限りですふらふら
スケールの形や手癖でギリギリ弾けちゃっている「ギター小僧アプローチ」の考え方の違いなど、「へぇ〜!」と唸る場面もしばしば^^

集まって音楽を語らう、演奏する楽しみを久しぶりにグッと感じられた貴重な時間。
良い意味で学生時代の頃のような「とにかくギターが好き!」という気持ちが集まった純粋な空間にいれた事が嬉しかったですね。
皆さまも是非、ギター好き同士で集まってみてください!
きっともっとギターが好きになります^^

それでは、また!
明日は福岡店定休日、また水曜のご来店をお待ちしております!
posted by Maki at 19:58 | 福岡 | Comment(0) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

気合一発!

おはようございます、スタッフ真木です!
朝のブログ更新、これまた珍しいですねひらめき

今日は福岡、晴天!初夏を感じさせるような汗ばむくらいの快晴で気持ち良いですね晴れ
今日もコレを一発キメて頑張ります!

Monster.jpg

いつからか飲むようになっていましたエナジードリンク…
バンドマン時代、メンバーがライブ前によく飲んでました。

最初は「そんな、効果ないでしょ!」と高を括っていた真木青年も、
社会に出てからは、「頑張りたい!ここ一番!」という時に景気付けに飲むようになり、
モチベーションアップして様々な場面を乗り切っていました眼鏡
例えプラシーボだとしても良いのです!
結果パフォーマンスアップに繋がれば皆ハッピーですからね^^
特にお客さまへの商品納品時や運転する時など必ず飲んでましたね、何故か(笑)

レッドブルもそうですが、モンスターにもカロリーゼロがラインアップされました。
エナジードリンクにもゼロの時代到来ですか…「ゼロ党」のワタクシ的には嬉しい限り!
これから暑くなる季節、お世話になることでしょう^^

それでは、今日も1日元気に行きましょう!
ご来店心よりお待ちしておりますexclamation

最後にSDカードに残っていたいつかの私のデスクの写真。

VItamin.jpg

これ全部でレモン150個分摂取。一気に飲んでいたようです。
エナジー系ではないですが、何か「頑張りたい」と思った時だったんでしょうか…(笑)


posted by Maki at 13:01 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

蛇ペダル!

こんばんは!スタッフ真木です。

本日も多数のご来店ありがとうございます^^
今は営業も終わり一段落、事務所で作業中…眼鏡
隣でY2がエリックジョンソンを流しながら作業しています。
本当にこの人のトーンは独特ですよね〜、一聴して分かるまさにSignature Tone!!
氏のトーンへの偏執的なまでのこだわりエピソードは皆さまもご存知かと思いますが、そこまでの執着、情熱があってこそのあのトーン…見習いたいですね^^

さて、今回ご紹介はこちら!

VIZION_3mode_Main.jpg

ご来店されたお客さまにも「ぅお!コレ何!?」とナイスなリアクションを頂ける
鮮烈なルックスを持つ抜群の存在感のペダル^^

VIZION 3 Mode Over Drive です

VIZION_3mode_Logo.jpg

こちら、本物の蛇の皮を贅沢に張った激レア仕様。
まずこのルックスにノックアウトされちゃいますよね(笑)

VIZION_3mode_Side.jpg

VIZION_3mode_Side02.jpg

肝心のサウンドとしては、1台に3種類のキャラクターの歪みを持たせた便利なペダルです。
もちろんトゥルーバイパス、国産のハンドメイド品です。 
(3モードの歪み切り替えのペダルですと、Landgraff Dynamic Over Driveが有名ですね。)

コントロールはGain、Level、Tone、歪みの3モードを切り替えるミニスイッチ。
3モードの説明書の解説は以下のとおり。

LEDモード…低域から高域まで幅広いダイナミクスを持ったモード

オペアンプモード…低域〜中域までが強調され、低域から歪んでいく極太モード

ダイオードモード…中域〜高域までが強調されヌケの良いサウンド

幅広いレンジ、ローミッド、ハイミッド、と選択可能…という事ですね。

それでは、私が弾いてみたインプレッションをば。

LEDモードは説明通りの幅広いレンジ、一つのレンジが出すぎるということもなく、
一番扱いやすいトーン。
あまり素の音を変えないままに、味付け程度に艶感と弾きやすさを足してくれる
馴染みやすいモードですね。
しかし、踏むのと踏まないのは絶対的に違います。

オペアンプモードはこちらも説明通り、ローミッドが押し出されて単音の存在感と
押し出し感が一番感じられるモードです。
プレーン弦でもしっかりとした低域の存在が感じられますね。
低音弦でミュートして弾くとゴンゴンと分かりやすいローの出方が感じられます。
しかし、ブーミーになるほどではない、のがミソです

ダイオードモードは、一番分かりやすいTS感!と言った印象。
モード中一番の「ジューシー」加減ですね。中域がグッと詰まった濃密トーン。
(説明書には中高域とありましたが、どちらかと言うと中域の押し出しが強い印象を受けました。)
ウォームでまろやか、歌うようなリードを弾く時にベストサウンドです。
ギタリストならみんな好きなトーンだと思います^^

トータルとしては、ザクザクとエッジの効いたリフ向けのサウンドを作る、
と言うよりはちょっとマディなリフやウォームなリード向けのペダルですね。
全体的にまろやかでダークな音作りになっていると思います。
今回はPRSのボルトオンモデル CE24で弾いてみましたが、ストラトなど
シングルコイルとの相性もよさそうです^^

ゲインブースターとしてはもちろん、クリーン設定のアンプでクランチ程度の
プリアンプ的に使用してもGoodな印象。
一言に歪みといっても多種多様、弾き手の好みも関わってきますから難しい部分ですが、
このペダルなら弾き手の設定次第で納得の行くリードサウンドを探せると思います。

9V〜12Vの直流電源で駆動可能。
12Vで駆動させるとよりクリアに解像感のあるサウンド、9Vだと12Vよりも聴感上
気持ち歪んで聞こえますので、お好みに応じて使って頂けます^^

VIZION_3mode_Bottom02.jpg

VIZION_3mode_Bottom.jpg

この蛇の皮も底面にはお腹の皮を使うという徹底ぶり^^
蛇の皮をここまで丁寧に張る作業は相当に手間のかかる作業です…
「ヘビ」だけに「ヘビー」な作業です…。

そして今年は「巳年」という事もあり、これまた縁起物ですね。
本機ラスト一台!ルックス買い…いっちゃいませんか^^

http://www.digimart.net/amp-eff/inst_detail.do?instrument_id=DS00575726

それでは、また!
posted by Maki at 21:12 | 福岡 ☀ | Comment(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

NEWセミハードケース入荷!

こんばんは、スタッフ真木です。本日、福岡は久しぶりの雨でございます。

最近、何気なくギターを弾いていると「自分っていつも同じフレーズ弾いてるな〜^^;」
と感じることがあります。
ギターを長く続けて弾いていると、自分でもハッとするようなフレーズやアプローチ、
変わったヴォイシングのコードが出てきたりなどして、
自分的にハッピーになる瞬間があったりするものなのですが、ここ数年はマンネリ気味…ふらふら

いちギター弾きとして、もっともっとギターを楽しく弾く為には練習はもちろん、様々な音楽を幅広くインプットする事、自分なりに咀嚼してアウトプットをしていく事が必要だな〜と、ふと感じたここ最近でした。

こればかりは新しいギター、アンプに変えても超えられない壁ですね^^;
もちろん新しいギアを手に入れることによるモチベーションアップは大いにありますので、それのお手伝いをするのが私たちの仕事です^^

音楽をもっと楽しく、ギターをもっと自由自在に扱う為に頑張らないといけない時期なのかも…です!
やっぱり弾けるスタッフの方が絶対カッコイイですもんねひらめき

以上、雑記でした。


さて、本題!今日はこんなアイテムをご紹介。

SH_120_Main.jpg

セミハードケース「SHE-120」
これまたナイスなセミハードケースが入荷して参りました!

SH120_Pocket02.jpg

SH120_Pocket01.jpg

譜面、エフェクター、チューナーなどなど…
収納力はギグケースにおいて大切です。その点こちらはバッチリ!

SH_120_Side.jpg

SH120_Bottom.jpg

立てておいた時、横に寝かせた時のボディエンドとサイドの衝撃にもしっかりとした配慮が施されています。

SH_120_Handle.jpg

SH_120_Back_01.jpg

SH_120_Back_02.jpg

使わない時はショルダーストラップを収納可能!

SH_120_Open.jpg

中もクッション性能に富んだしっかりとした作りに。
ヘッドトップ、ブリッジ部分が保護されているのはナイスです。
コレがないと弦が引っ掛かって内張りがボロボロになっちゃうんですよね!
自分もソレで何個もケースダメにしてます(泣)

SH_120_NeckRest.jpg

ギターに合わせて移動可能なネックレスト。これがあると無いのでは結構違います。

SH_120_Guitar.jpg

ギターも収納してみました。25インチのPRSでも中で暴れない程度にしっかり入ります。
ストラトやレスポールももちろん収納OK!
それにしてもこのギター…改めてめちゃくちゃカッコイイですね(笑)

Noah's ArkのセミハードケースGSH、Sadowsky Porta Bagを弊店では大プッシュしているのですが、またまたオススメできるセミハードケースが増えました^^
軽くて、がっしりとした作りでかなりオススメです^^

ハードケースでは重たい、でもしっかりとギターを守って運びたい方は一つは持っておくべきアイテムですよ。
ギターを持って移動することの多い音楽専門学校生の方、バンドマンの方こそこういったアイテムはゲットしておいて損はないですよ♪

価格は7,980円!ハイコストパフォーマンスな逸品です^^
是非是非ご検討ください!

それでは、また!
posted by Maki at 21:42 | 福岡 ☁ | Comment(0) | ギグケース、ギグバッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

XOTIC SP Compressor

こんばんは!お世話になっております、スタッフ真木です。

一昨日と昨日は福岡店連休でお休みを頂きました。
二日間もブログが空いてしまうと妙に罪悪感がありますね^^;
連休という事もあり、どのように時間を使おう!有意義に使わないと!
と意気込んでいるうちに2日間が過ぎました…。

結局何をしていたかというと…ずっとストラトの本読んでました(笑)
あとは昔のギターマガジンを漁って、久しぶりにCarrのアンプに火を入れて
Crewsのストラトを爪弾いて…。
まぁ、ある意味で楽器を生業とする人間としては有意義な一日だったはず…です(笑)
正直もう少しリア充な感じも求めていない事も無いです(笑)

さて、本日のご紹介はこちら!

SP_Comp.jpg

XOTIC SP Compressor

コンプレッサー…このエフェクターには因縁があり、「歪ませ加減絶頂期」の高校生の頃に
「MXR Dyna Comp」を地元の楽器屋さんで中古で安く買って使ってみたものの…効果がよく分からない(笑)
(因縁というか単によくわかっていなかっただけですが。)
コンプ感はディストーションをかけてしまえばOKだろう!と言った感じで茶を濁し、今までしっかりとは向き合って来なかったのが正直な所です^^;

しかし、ここまで世間で評価されているコンプレッサーが店頭にある…
これを無視はできないでしょう。
今更私が取り上げるまでもないくらいの名機ですが…弾いてみます(笑)

まず、掛かり具合が過剰にエグくない点が良いですね。
音楽的に使える範囲内のコンプ感でまとまっている点は、使いたい音のバランスにフォーカスが当てやすく、直感的に使いやすいですね。とてもナチュラルにかかってくれます。

もう一点の本機の特徴、小さなトグルスイッチでLO、MID、HIと切り替えが可能な「サスティン/コンプレッショントグルスイッチ」。
BLENDノブでお好きなエフェクトの混ぜ具合を見つけてもらえば、このトグルスイッチでクリーンなのにサスティーン豊かなトーン…も作ることが可能です^^
聴感上若干太く聞こえるのである意味、ミッドブースター的な使い方も出来るのでは、という印象も受けましたね。

また、4つの内部ディップスイッチの組み合わせでアタックの強弱とリリースタイムの長短を、またハイカット or ハイブーストを、そしてローカットを任意で設定が可能です。
使うギターの特性、音色に合わせて、または楽曲やフレーズのイメージに合わせて…
極小の筐体に秘められた無数の可能性が拡がりますね。
もちろんプリセットのままでも十分楽しめますよ。

クリーントーンのアルペジオにかけて粒を揃える王道パターンもちろん、レガートなフレージングやライトハンドなどにかけてもグッと弾きやすくなるでしょう^^
エフェクト音をうっすらとだけ混ぜて掛けっぱなし、でもイケる名機だと思います。
細かい点で言うとスイッチが適度に柔らかく踏みやすいのもポイント!
またLEDが緑なのも視認性高くて暗いステージでは重宝するでしょう^^

価格は18,480円!福岡店ラスト一台です^^
メーカーサイトはこちら!

http://www.prosoundcommunications.com/products/xotic/effects/sp_comp/

うーん、コンプレッサーも奥が深いですね〜。
まだまだ触れていないフィールドもたくさんありますので、これからも学びつつ、感じた直感で皆さまにオススメ出来ればと思います!

それでは、また!

そうそう、別件ですが個人的にエフェクターで長年探している物があります。
Whammy IIって御存知ですか?歴代ワーミーの中でも異彩を放つ黒ワーミーです^^
もし綺麗な個体を見つけたら…ご一報ください(笑)

タグ:MXR Carr SP Xotic
posted by Maki at 22:35 | 福岡 | Comment(2) | Xotic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする