2013年11月22日

CARR SLANT 6V Combo 112 入荷!

こんばんは!スタッフ真木です!
近頃、長浜ラーメンが無性に食べたい…まんまと中毒になってしまった感じが否めないです!
これで心から博多の人間になれたでしょうか^^

さて、本日のご紹介はこちら!

002_2.jpg

新品、中古ともに玉数の少ない希少な「CARR SLANT 6V Combo 112」です

001_2.jpg

このアンプ、かなりオススメ!良いですよ〜^^
シングルコイル(Vanzandt ST)ハムバッカー(PRS CE24)どちらでも弾きましたが、
ギターの持ち味とキャラクターはそのままに、立ち上がりよく澄んだ美しいクリーンから
伸びやかで太く粘りのあるドライブまで幅広く音が作れます。

012.jpg

ドライブさせても音の芯と艶はしっかりと残り、ピッキングニュアンスがつけやすく、
表現力のあるアンプですね♪
とは言え、弾きにくいとは全く感じない秀逸なサウンドです。

前オーナー様が大切に愛用されていましたので、真空管交換&オーバーホールも
しっかりされております。安心して出音に酔いしれてください^^

福岡店ではもしかしてCARRアンプは初めて?でしょうか^^
東京店ではCARRのアンプは入荷してもいつも即売れ状態でございました^^
Web掲載前に売れてしまうこともしばしば…。
福岡の皆様!是非店頭でお試しの上、このチャンスにゲットしてください^^
もちろん通販でも丁寧に対応させて頂きますので、お問い合わせをお待ちしております。

かく言う実は私もCARRユーザー。
一番小さな「Raleigh」を所有していますが、やはりCARRは贔屓目なしで
めちゃ良い音しますね!是非皆様にもこの機会に体験頂きたいです^^

それでは、また!
明日からの週末、店頭にてお待ちしております!
タグ:Carr 6V6
posted by Maki at 16:31 | 福岡 ☁ | Comment(0) | CARR Amplifiers(カー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

Djent

こんばんは。スタッフ真木です。
本日も一日お疲れ様でございました。
私、数カ月前にパンクしたまま乗らずにいた自転車を修理して快適通勤の再スタートです^^

さて、皆様「Djent(ジェント)」という言葉をご存知ですか?
私も最近知った言葉なのですが、簡単に言うと変拍子やポリリズムを駆使したリズミックで
メカニカルなプログレッシブメタルのジャンルを指すワード、です。

そもそも「Djent」という言葉自体、日本語で言う所の歪みの擬音「ズギャー」のような
意味合いらしく、そこからいつの間にか音楽のジャンルとしての呼ばれ方になっていったようです。

そして現代の「Djent」を代表するバンドがコチラ。



Periphery

この手のジャンルは私も好きなはずが未チェック…今更ちゃんと聴いてビックリです!
このテクニックとグルーヴ、メロディは病みつきになりそうですね。
「メタル」の言葉で済ませるには複雑且つ神秘的、崇高な音楽に感じますね。

ちょっと個人的な嗜好満載なブログになってしまいましたが、
是非皆様にも良質な音楽のおすそ分け^^聴いてみてください^^

それでは、また!
posted by Maki at 22:43 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 日記(オン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

いよいよ解禁ですね〜!

こんばんは、スタッフ真木です。
さぁ、もうすぐ解禁ですね…24時の瞬間!11月21日!
今年も「ボジョレーヌーヴォー」解禁です^^
毎年この時期になると「うわ〜もう一年経ったのか〜!」と実感しますね。

私、ワインは詳しい訳ではないのですが、弊店代表がワイン好きですので、
食事にご一緒した際や、常連のお客様とのお食事の席で学びも兼ねて
飲ませて頂く機会があります。

考えてみると、ワインとギターって、とても似ていますよね。

時間と共に変化していく過程。

「ヴィンテージ」という共通の概念がある点。

そして、古ければ全て良いと言うものでもない所も。
(ちなみに私の生まれ年はギターもワインも微妙なハズレ年…^^;)

味を言葉で表現しようとする際にも、通り一遍等な表現よりも、
言葉選びで絶妙なニュアンスの違いを伝えたくなる奥深さもギターとよく似ていますね^^
簡単なところで、味の余韻(ワイン)=サスティーン(ギター)に置き換える事もできそうです。

(ざっくり例えると「白ワインと赤ワイン=ストラトとレスポール」的な感じでしょうか^^)

私なんかはまだまだワインは勉強させてもらっているような段階ですので、
「…美味しいです」「飲みやすいですね」みたいな乏しい表現しか出来ない自分が
いつも悔しいのですが…(笑)

「ワインと豚骨ラーメンのマリアージュ」は成立するのだろうか…とか考えてみたり(笑)
(いや!案外イケるんではないだろうか…試してみます)

ギターショップにて働く人間としては
「厳選のギターとアンプの最高のマリアージュをご提案出来るギターソムリエ」
…目指すべきスタイルですね。

毎年付けられる絶妙なキャッチコピーも何げに今年も注目です^^

http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/beaujolais_copy/


さぁ、あと数時間でカウントダウン!もう少し!
ワイン好きの方は是非この素敵な瞬間を楽しまれてくださいね!
私も自宅近くのBARに行っちゃおうかな〜^^

それでは、また!
posted by Maki at 20:21 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 日記(オフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

Suhr勢揃い!

こんばんは。スタッフ真木です。

本日のサンパレスは「氷川きよしコンサートツアー2013」!
あいにくの雨にも関わらず、多数のファンの皆様でサンパレスは盛り上がっていました。
氷川さんは実家の祖母が大好きでいつもライブビデオを見てた事を思い出します^^
今年で米寿を迎えますが、いつまでも元気でいて欲しいです♪

さて、本日はまたまたヨダレもんの逸品が入荷!

20131118suhr003.jpg

20131118suhr002.jpg

Suhr Modern Guthrie Govan Style -Light Bengal Burst-

先日に続いてまたもや極上のSuhrが入荷!

こちらもコンディション抜群、ガスリーゴーヴァンシグネイチャーモデルをベースに特別仕様にオーダーされた一本!
(ドンズバのシグネイチャーモデルに比べ、コンパウンドラディアス仕様になっており、更なる弾き心地の向上が図られています^^)

本日はチラ見せ!詳細な説明と写真は後日追ってアップ致しますのでお楽しみに^^

20131118suhr001.jpg

今、福岡は極上のSuhrが勢ぞろいの喜ばしい状態です^^

それでは、また!
明日は定休日の為、20日(水)にまたお会いしましょう♪
寒くなってきましたので体調にはお気をつけて!
posted by Maki at 21:27 | 福岡 ☁ | Comment(2) | Suhr Guitars | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

弦は一番身近なサウンドファクター

こんばんは。スタッフ真木です。

本日は新入荷ギターの写真撮影、セットアップ&クリーニング、Webアップの準備作業を
Y2と手分けして進めていたのですが、改めて…って大事ですね。

今回セットアップしたギター達も弦を張り替えてあげただけでもより良い大きな鳴り感、
音抜けがグッと向上しました。

お客様のメンテナンスでも弦を新品に交換するだけで「ここまで化けるか!」
というくらい変貌するギターもやはりありますし、
工場出荷時の弦から交換してあげるだけで「おっ!良いじゃん!」となるギターもあったりします^^

逆に先日、自宅で所有しているアコースティックギターの弦を張り替えた所、
テンションがキツく、音が固くなってしまった経験がありましたので、
新品であれば全てOKという感じでもないのだ、とも改めて実感。
ギターの個体やそのギターのサウンドの方向性によっては、ちょっと弾いて時間が立ったくらいが適度にハイの角が取れて美味しいサウンドになったりもします。

また弦を交換する際に、チューニングを安定させるために弦を引っ張ったりする作業がありますが、アレも諸説あり…。
サンタナ曰く「せっかくの倍音が死んでしまうから弦は必要以上に伸ばさない方がいい」と発言していたそう。

たしかにあのキラキラした倍音の感じは張り立てならでは!ですからね…ぴかぴか(新しい)
最終的には好みになってしまいますが、PU交換や配線のやり直しなどの他にも
弦を見直すのも一番身近で即時性のあるサウンドメイクの大切な要素です。

ブランド、ゲージ、チューニング…色々と試してベストな弦とセッティングを見つけてみてください^^
私共でアドバイス出来る事がございましたら是非是非ご相談ください!

それでは、手短ではございますが、また!
posted by Maki at 21:41 | 福岡 ☁ | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする