2015年05月05日

D'Addario NEWアコギ弦「EXP with NY Steel」ご紹介!

こんばんは!スタッフ真木です。
引き続きGWの本日も快晴!お出かけ日和で何よりでした^^

さて、本日はこちらのご紹介!

EXPwithCoated.jpg

EXP with NY Steel(For Acoustic)


弦の圧倒的な世界的シェアを誇るダダリオ社がまた新たな革新的な弦を発売!

ダダリオ社が独自に創りだした新しい合金素材「NY STEEL」により抜群の張りのあるトーン、
透磁率、チューニングの安定性を得た弦がさらにコーティングが施され長寿命に!
ある意味最高の条件が揃った弦ですね。

プレーン弦には「EXPコーティング」が施され、巻弦をワウンドする六角芯線に
「NY Steel」が採用されています。

NY XLが発売された時も驚きでしたが…^^
当時のブログ特集記事はこちら!

http://bughakata.seesaa.net/article/395935120.html

実際に当時から「このサウンド、強度でコーティングがされていれば…」と現場でも、
お客様側からも声の大きかった夢が叶った仕様ですので、今回のアコースティックギターを
皮切りに発売開始がされるのはとても嬉しいですね。
(エレキ用の発売に関しても期待大!)

弊店在庫のアコースティックギターにも早速導入して、弾いてみました!

MartinGibson01.jpg

Gibson J-15 -Antiaue Natural-
(Top=Solid Sitka Spruce、Back & Side = American Walnut )

Martin 000RSGT
(Top=Solid Sitka Spruce、Back & Side = Solid Sapele )


ゲージはオススメのEXP26 Custom Light(011〜052)!
是非ご来店の際には試奏&体感頂ければと思います。

私真木が弾いたインプレッションとしましては…

まず、良い意味でツルツルした感じがない!
コーティングを感じさせない巻き弦の質感は意外や意外。
コーティング弦は触り心地で好き嫌いが分かれる事もよくお客様からお聞きしますので、
この点は押し出せるポイントではないでしょうか。

サウンド面は、張り立てでも過度にブライトではないのが印象的。
今回は000タイプ、Dタイプに張ることが出来ましたので、
ボディシェイプやマテリアルの違いもあり、検証のやり甲斐がありましたね。

ストローク時にはパンチのあるサウンド。指弾き時には艶やかできらびやかなサウンド。
単純に弦のテンション感とはまた違う、
弾き手の力加減に呼応する手応えのある弾性を感じました。
これがNY Steelの強度とサウンドを決定付けるポイントなのでしょう。

寿命、耐久性に関しては、まだ張ったばかりですので、これから少しづつ検証したいですね!

弾き語りの方はもちろん、時折アコギをRecやライブに導入するという頻度の方でも、
これで長寿命で張りのあるサウンドを楽しめますね。

"弾きたいと思った時に弾ける"
"瞬間的に表現したいインスピレーションを逃さない"
"質感、サウンド変化によりエモーションが削がれない"

というのは創作活動や、一日の終わりの充足される時間においてとても大切な事ですね。

現在の店頭在庫はPhosphor Bronze Round Woundの3種類

・EXP15 Extra Light (010〜047)
・EXP26 Custom Light(011〜052)
・EXP16 Light(012〜053)


「良い音を良い状態のまま、常に保管しておけるメリット」を改めてこの弦で感じてください^^

私も自宅で愛用の「Headway HD-528」のアコギに導入決定^^
(手前味噌ですが、このアコギがかなりの名機!!自慢です(笑))

MartinGibson02.jpg

そして…久しぶりにじっくり弾きましたが、この2本、さすがに良い音です(笑)
右のMartin 000RSGTの方なんて、トップにかなりのベアクロウ出とるし…ヨダレもん(笑)

●Gibson {BUG} J-15 -Antique Natural- / 特別商談会選定品

●Martin {BUG} 000RSGT / 特別選定会厳選品

さぁ、一般的にはゴールデンウィークは明日が最終日、という方も多いのではないでしょうか?
またお互いのフィールドで頑張りましょう!まだ連休が続く方は是非楽しんでくださいね!

また本ブログ & 店頭にてお会いしましょう^^
それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 13:15 | 福岡 ☀ | Comment(0) | 新入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

PRS S2 Custom24 -Antique White- ご紹介!

こんばんは!スタッフ真木です。
皆様、ゴールデンウィークは楽しまれておりますでしょうか^^

私共、接客業はどうしてもお休みはありませんが、世間の賑やかムードは
活力を与えてくれますので、気持ち的には非常にハイであります^^

しかも、昨日と本日の博多は「どんたく港祭り」でしたので、更に活気づく街のムード
に嬉しくなりましたね〜!

http://www.dontaku.fukunet.or.jp/

是非全国の皆様、旅行に観光に、博多に来なっせ^^


さぁ、本日は新入荷ギターのご紹介!

S2_Cu24_AW_Main.jpg

PRS S2 Custom24 -Antique White-


S2_Cu24_AW_TOP01.jpg

レギュラーラインと同様にメリーランドの本国生産を貫きながら、お求めやすく
「SEよりもワンランク上、レギュラーラインにも負けないサウンドとクオリティ」
を追求した、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

世間にも本モデルの存在が続々認知&評価され、人気を博していますね^^

それでは写真と共にご紹介!

S2_Cu24_AW_Back03.jpg

今回の入荷の個体のカラーは「Antique White」
真っ白ではない、ほんのりと温かな雰囲気を感じさせる白です。
柔らかい印象なので、女性のギタリストさんが持ってもピッタリな一本ですね。

S2_Cu24_AW_TOP03.jpg

ホワイト一色ですが、ベベルドトップのアーチの陰影、立体感はしっかりと感じられます。
マホガニーバックにしっかりとした厚みのメイプルがトップに張られています。

S2_Cu24_AW_FB.jpg

バードインレイはアイボロイドのようですね。本機のボディカラーとのマッチングが抜群!

東京本店にある個体は30th Anniversary、福岡店は通常のスタイルのバードインレイ。
優劣ではなく、これがどちらのスタイルもカッコイイんですよね…!迷い所です。

S2_Cu24_AW_Back02.jpg

S2_Cu24_AW_Back01.jpg

もちろん、バックもネックもアンティークホワイト!

S2_Cu24_AW_Head.jpg

S2_Cu24_AW_Headback.jpg

ペグを始めとする、ブリッジなどのハードウェアも本モデルの為に作られた専用。
(SEともレギュラーライン共に互換性はありません。)

S2_Cu24_AW_Neck.jpg

弾く人を選ばない人気のPettern Regularシェイプ
ネックの太さ&シェイプはプレイアビリティ以外にも出音への影響もありますので、
大切なファクターです。

S2_Cu24_AW_PU.jpg

PUも本モデル専用に開発された「S2 HFS Treble」「S2 Vintage Bass」を搭載。
1Vol、1Tone、3Wayブレードに加え、Push/Pullでコイルタップも可能!

PRSPU02.jpg

弊店在庫のPRS PU "METAL"など、音楽性によっては交換するのもありですね!
カバードにするとグッと雰囲気が変わるので、サウンド面以外での楽しみもありますね。

サウンドに関しましては、ベベルドトップの為、どちらかと言うとフラットトップのような
鳴り方の特性かな、と思っていましたが、これがまたちょうど良いふくよかさ!
太すぎず、シャキシャキとした高域にちょうど良い音のコシと粘りを残したサウンドですので、
アンプやペダル次第でいかようにでもサウンドメイキングが出来る汎用性がある一本だと思います。

S2_Cu24_AW_TOP02.jpg

やはりこのカラーのルックスでしょう!
ステージ映えもするクールなルックスですし、バンドマンの方にも強烈にオススメ!
ボディバランスも良く、ウェイトも3.26Kgと取り回し抜群!
個人的には本機に"Dimarzio Clip Lock Strap"を取り付けて、ギター回しからの回し蹴り…
でエモく決めて欲しいです(笑)

前述のPU交換を始め、モディファイなどもご遠慮なくご相談くださいね!

正式Webアップまでもう少々お待ちください!

東京本店ブログにて、S2の解体新書も掲載中ですので、そちらも是非御覧ください!
(SEとの徹底比較と共に、S2の仕様の深い部分にまでスポットを当てています^^)

●【前編 ヘッド(ロゴ/ペグ/ナット)編】PRS SE & S2徹底比較! "30th Anniversary Model"

http://bug.seesaa.net/article/417986547.html

●【中編 ボディ・ネック編】 PRS SE & S2 Custom24徹底比較! "30th Anniversary Model"

http://bug.seesaa.net/article/417988956.html


それでは皆様、まだまだ続くゴールデンウィークを存分にお楽しみください♪
明日もご来店をお待ち致しております!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
タグ:PRS Custom24 S2
posted by Maki at 13:04 | 福岡 🌁 | Comment(0) | 新入荷情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする