2021年05月31日

SAITO GUITARS 久しぶりの新製品『Portrait Line No.1 Special / TV Yellow』を ギタリスト渡辺香津美さんにレビュー頂きました! {B.U.G.代表 重浦も奇跡の出演!!}


創業以来『シンプルで美しい道具』を生み出し続けている、
齋藤楽器工房のソリッドギターブランド
サイトー・ギターズ(Saito Guitars)より、

前回の『Standard “BURST”』に続き、
魅惑の『レスポール・ジュニア』タイプのギターが登場します!!


今回紹介する
『SAITO GUITARS Portrait Line No.1 “Special”』は、
サイトー・ギターズが2年程前から開始したヴィンテージギターの再現シリーズ「Portrait」の第三弾となるギター。


今回、この銘機の1st Producition Sample (簡単に言いますとプロトタイプ的な初号機)を、

日本が世界に誇るギタリスト渡辺香津美さんにレビューいただきました!



今回も沢山の画像と共に本製品を紹介していこうと思います。※画像満載をクリックすると拡大され表示されます。




『Portrait Line No.1 Special
TV Yellow』


ボディトップ
bug_saito_lpspecial_main-b.jpg

bug_saito_lpspecial_body-top-a.jpg

bug_saito_lpspecial_body-top-b.jpg

ボディは1950年代のレスポール・ジュニアと同じく、ワンピースの「ホンジュラスマホガニー」ボディ。温かみのある音色が特徴です。



ボディバック
gibson_lp_special_body_back-a.jpg

bug_saito_lpspecial_body_back-b.jpg

bug_saito_lpspecial_joint-b.jpg

bug_saito_lpspecial_body_back-c.jpg
ボディと同じく、ネックにもソリッド・ホンジュラス・マホガニーが使用されています。




指板
bug_saito_lpspecial_FB-a.jpg

bug_saito_lpspecial_joint-a.jpg
指板はローズウッド。
マホガニーネック&ローズウッド指板の組み合わせは、レスポール・ジュニアだけでなく、レスポール・スタンダードでも採用されている仕様ですね。



ヘッド
bug_saito_lpspecial_headtop-a.jpg

bug_saito_lpspecial_headback.jpg
ヘッドには「Portrait Line」製品であることを象徴する"Portrait"の文字が刻まれています。



ピックアップ&テイルピース
bug_saito_lpspecial_PU-b.jpg

bug_saito_lpspecial_PU-e.jpg

bug_saito_lpspecial_PU-a.jpg
ピックアップはSAITO GUITARS手巻き製造のソープバー型のP-90を搭載。
ブリッジにはレスポール・ジュニアの特徴のひとつであるバーブリッジが採用されています。





ハードワイヤ / 回路
bug_saito_lpspecial_cavity-b.jpg

bug_saito_lpspecial_and_gibson_cavity-a.jpg

bug_saito_lpspecial_and_gibson_cavity-b.jpg
配線、ザグリともに非常に美しく整えられており、細部にまで拘っているのが分かります。





Specifications / スペック一覧
Portrait Line No.1 Special / TV Yellow





参考までに、下記がギブソン 1958年製 Real Vintage レスポール・ジュニアと、SAITO GUITARS Portrait Line No.1 Specialを並べた画像です。

どちらがどちらのギターなのか、判別が非常に困難ですね(笑)。
gibson-and-saito.jpg

ちなみに、「なぜポートレートラインのほうが色味が濃いのか?(はっきりしているのか?」という点ですが、ここにも製作サイドのコダワリがありまして、隣のLP Specialは作られてから50余年の時を経て、褪色してAgingが進んでいるわけですね。 それに対して、アウトラインはまったくもってGibnson USA Les Paul Specialと同一で、より良い木材と丁寧な組み込みはもとより、ピックアップに関しても齋藤楽器工房 ハンドワイヤリングによる SAY TONE のP90を採用して、色味と同様に、オーナー様のもとで末永く愛され、SoundとColorのリアルエージングが進んでいくようにという願いが込められているわけなんですね。
このあたりもこのギターを「所有する喜び」に貢献していると思います(^^)♪





サウンド

「百聞は一見に如かず」ということで、サウンドについては前述したとおり、世界的レジェンド・ギタリスト、渡辺香津美さんの下記動画でご確認いただければと思います。
{今回はB.U.G.代表 重浦も出演しているため、是非お見逃しなく!}





今回もセレクテッド・ホンジュラスマホガニーの木材の物量の都合により、生産本数が大変限られます。
この『Portrait Line No.1 Special / TV Yellow』をいち早くモノにしたい方は、
是非下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください!

https://www.buguitars.com/contact.html


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// B.U.G.オフィシャルホームページ ///
https://www.buguitars.com/

/// B.U.G.福岡サンパレス店 営業カレンダー ///
https://www.buguitars.com/hakata/index.html#calendar

/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124

/// 営業時間 ///
こちらの営業日カレンダーでご確認ください。
📅https://www.buguitars.com/hakata/index.html

/// 福岡サンパレス店 Twitter ///
https://twitter.com/BugFuku

/// 福岡サンパレス店 Facebookページ ///
https://www.facebook.com/bugfuk

/// 両店共通 Instagram ///
https://www.instagram.com/bottomsupguitars

各種SNS日々更新中です♪

/// 福岡サンパレス店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/4895/

/// 東京本店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/3160/

ーーー♪ (^^♪ ♪ーーー
posted by Maki at 17:54 | 福岡 | Comment(0) | SAITO GUITARS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする