2014年12月05日

小さくてもブギーサウンド!『Mesa Boogie Mark V Twenty-Five』が入荷!


こんばんは。スタッフ真木です。

いつの間にか12月に入りましたね〜。福岡もめっきり寒くなりました。
東北の雪国出身の私でも結構寒いと感じますから、相当寒いです。
全国の皆様もこの季節、どうぞお身体ご自愛ください。
これから忘年会などお酒の席も増えると思いますので、なおさらお身体お大事に!

さて、今回はこちらのご紹介!

001.jpg

先日、待望の入荷を果たしたMesa Boogieの新製品…
"Mark-V Twenty-Five"

実は本家Mark-Vを所有していた事のある真木としては
「小さくなって音が変わった&何か不便になったんじゃないの〜?」
といささか斜に構えた厳し目なスタンスで試奏したのですが…

めちゃくちゃ良いですよ!コレ!(笑)

サウンドは本家Mark-Vそのまま!
むしろ深く歪ませた時の低域のモワッとした部分が若干すきっとして、
よりエッジ感が前に出てきていて、音作りがしやすくなった印象もあります。
且つ、Markシリーズ特有の中低域のウォームでジューシーな感じはしっかり残っています!
(もちろんキャビネットによっても変わってきますが)

サウンドはそのままに、小回りの効くサイズに、そしてより使いやすく!
焦点を絞った機能+アルファ、のユーザビリティに非常に富んだモデルですね!

002.jpg

完全独立の2チャンネル仕様。

●チャンネル1=CLEAN、FAT、CRUNCHの2つのクリーンと1つのクランチサウンド
●チャンネル2=MK II C+、Mark-IV、Extremeの3つのキャラクターの違う歪みサウンド


リミテッドモデルのKing Snake同様、Midのイコライザーがミッドブースト機能も兼ね備えていますので、クランチサウンドで倍音とサスティーン豊かなトーン…と言った絶妙な音作りも可能^^
(1〜5までが通常の中音域のトーン調整、5〜10はバリアブル・ゲインブーストコントロール)

更に「5-BANDグラフィックEQ」も搭載ですので、かなり細かい所まで音作りを楽しめます。
困ったときはMesa Boogie伝説の“Vカーブ”セッティング”でOK^^
(バイパスも選択可能)

各チャンネル毎に10Wと25Wの切り替えもOK!(本機はFL84管を2本搭載)
●10W=CLASS A/Bの3極管モードできらびやかでスムースな流れるようなサウンド
●20W=CLASS A/Bの3極管モードの最大出力、パンチのあるクリアなサウンド


という事で音量調整…というよりは歪み出しの速さやサウンドキャラクターの好みで、
音作りに積極的に使って頂きたいポイントですね!

003.jpg

さらに、つい先日発売され、話題を読んだ「CabClone」までも標準搭載!
スピーカーにマイキングすることなくダイレクトに録音環境に繋ぐ事が出来ますので、
DTM環境に導入したい方にはかなり強い味方!
ヘッドホン端子も装備、深夜の練習でも活躍してくれますね。
それぞれのチャンネル毎に設定可能なリバーブも搭載!

サイズは20.32cm(H) x 35.56cm(W) x 22.23cm(D)!重さは7.49kg
専用カバー、専用フットスイッチも付属!

【Mesa Boogie Mark V Twenty-Five デジマートページリンク】

MESA_MKV_25.jpg

弊店在庫Mesa Boogieの12インチ一発キャビとセットで
ミニマムながら最高のMesaサウンド楽しめます!いかがですか〜^^

いや〜、Mesa Boogieの底力…驚きました!
通常サイズのヘッド、最近の流行の小型ヘッド、どちらも現場や用途によって
威力を最大限に発揮してくれるモデルですので、ご自身の使用環境で選べるラインナップが
増えたのは嬉しい事です。

ミニサイズでこのサウンド…是非お試し頂きたいですね!

それでは、また!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html
/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪


posted by Maki at 18:18 | 福岡 ☔ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

"MESA BOOGIE King Snake" is Here!!

こんにちは。スタッフ真木です。
昨日のお休みは一日かけてずっと溜まっていたプライベートでやらないとならない事を
ザー!っと片付けまして、今、非常にスッキリした気持ちでおります。
やはり週に一度は部屋も気持ちもリフレッシュ出来るような時間をゆったりと持ちたいな、
と改めて思いましたね。これでまた一週間がまた頑張れるのです^^


さて、先日入荷のアレ。弾き倒してみましたよ!
写真とともに改めてご紹介!

MESA_KingSnake_Main01.jpg

MESA BOOGIE "King Snake" Carlos Santana Limited Edition

まず、弾いてみて率直な第一印象。
…これは素晴らしいアンプです!MESA BOOGIEの歴史に名を残します。
それでは、写真とともにインプレッションを!

MESA_KingSnake_Front.jpg

Volume1 & Volume2の両方で歪みが決められるカスケードゲインの「Input1」、
Volume2のノーマルゲインの「Input2」。
まずはこのインプットをどちらに繋ぐかで出したいサウンドの方向性を決めていきます。

100W、60W、10Wとワッテージ切り替え可能。
単純に音量だけではなく、ワッテージを切り替えてあげる事でサウンドも変化します。
10Wでゲインを上げれば、小音量でジューシーなトーンを楽しめる…
これは日本の住宅環境において非常に嬉しいポイントです^^
オリジナルのMARK-Iには10Wモードはありませんので、これは嬉しい仕様ですね。

もちろん60Wのもっちりと太い、余裕を感じさせるクリーン、張り出し感のある
スムースなリードトーンもたまらないです。

音量調整ではなく、サウンドセッティングに積極的に使用して欲しいポイントですね。

MESA_KingSnake_Back.jpg

どうしても試してみたくなるサンタナトーン!
サンタナサウンドを求めて、Y2と一緒にたいがい試してみましたが、
肝となるのはリアパネルで調整可能なプレゼンス

MESA_KingSnake_Rear.jpg

プレゼンスはしっかりと上げてあげるのが、あのサンタナサウンドの
"丸いけれどカリッとしたトレブルニュアンス"を再現するポイントだと思います。

プレゼンスは"Tweedモード""Black Faceモード"が切り替え可能。
ここで結構ニュアンスは変わりますね、高域の暴れ方に変化が出ます。
そしてMID BOOSTによるゲイン調整もドライブに深く関わってくるので、
音作りを追い込むのに重要なポイントです。

MESA_KingSnake_SP.jpg

搭載スピーカーはEminence社の新開発”Fillmore”シリーズの100W仕様のスピーカー。

MESA_KingSnake_.Sidejpg.jpg

このインパクト大な蛇柄ルックスも所有満足感を圧倒的に満たしてくれますね。
アンプは鳴らさない瞬間は部屋のインテリアになりますから、見た目も大切。
ワイルド且つ高貴な雰囲気を醸し出します。

そしてこちらも本機の重要なポイント!
カルロスサンタナとランドールスミスの直筆サイン入りプレート
アンプキャビネット内部に取り付けられています。この時点で相当なレアアイテムですよね!


いわゆる「これがブギーの音だよね!」という音がこの一台で全て手に入ります。
ずっと弾いていたくなる、伸びやかで、太くて、倍音豊かでスムース…純粋に「気持ちの良い音」です。
MESA BOOGIEの初のシグネイチャーモデル、サンタナシグネイチャーという入り口はありますが、
純粋に良いアンプ、良いサウンドを求めるギタリストに幅広くおすすめします!

一足先に入荷していた東京本店でもアンプフリークの弊店代表が絶賛したという事実もあり、
私共も相当期待して試奏に望みました…弾いて一発で納得!

小ぶりなサイズにグッとつめ込まれたMESA BOOGIEの"過去"と"未来"の結晶。

是非、愛器持参で弾きにいらしてください!きっと帰りは虜になっている事と思います。

MESA_Kingsnake_HL.jpg

BOOGIEと言ったら…やっぱりこういったスタイルで撮りたくなる…
(正確にはハワードリースですが^^)

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 21:13 | 福岡 ☀ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

とうとう福岡店にも"アイツ"が入荷…!!!

こんばんは!スタッフ真木です!

本日も長崎からはるばるご来店頂きました!
「濃厚で充実した時間でした!」と言って頂けて嬉しい限り!
(久しぶりのRoland JS-10セッション大会など盛り上がりましたね^^)
弊店にまだご来店された事が無くて気にかけてくださっているお客様、是非ご来店ください。
駐車場のご案内、お店までのナビも致しますのでお気軽にご連絡を!


さて、そんな中…待ちに待った逸品たちが入荷しましたよ!
(駆け込み需要で"激"多忙な中、届けてくださった配送業者の方々には心より感謝です!)

MESA_KingSnake_Logo.jpg

これは…来てしまいましたね!

MESA_KingSnake_Main.jpg

MESA BOOGIE Carlos Santana Signature "KING SNAKE" Limited Edition

早速弾きましたが、これは素晴らしい!

特に10Wモードの小音量で延々と伸びやかなサスティーンを楽しめる…これがとても嬉しい!
さすがサンタナシグネイチャー!スムースでシルキー…
泣きのフレーズを歌わせると右に出るものはいません^^
こちらは、しっかり弾き込んでインプレッションを改めてアップする必要がありそうですね^^
もちろん、真木が堪能する前にご注文頂いてもOK(笑)

MESA_KingSnake_Main2.jpg

MESA_KingSnake_Snake.jpg

MESA_KingSnake_Side.jpg

MESA BOOGIE初のシグネイチャーアンプ。

サンタナフリークは勿論、アンプフリークの方々にも外せない逸品です。
MESA BOOGIEの歴史に名を残すであろう名機を是非手にしてください!
今後、希少価値が上がっていくことは間違い無し。

そして、こちらも同時に入荷!

Leqtique_Redemptionist_01jpg.jpg

Leqtique Redemptionist

Leqtique待望の新ペダルはオーバードライブ〜ディストーションペダル。
歪みの可変幅が広く、歴代モデルの中で一番ヴァーサタイルな印象。
且つ直感的に良い音、ジャンル問わずお好みの音を見つける事が出来ます。

これ一台があれば、どんなアンプでもお好みの歪みサウンドまで作り出せてしまう
心強い秀逸なペダル!
そして15,980円というプライス…ここまでのサウンドでこのプライスは脅威です。

ちなみにShun Nokina Design《SND》の『Redemptionist 2nd Era』
福岡店にラストの在庫がございます!
弾き比べて味わいの違いを吟味する…それも面白いかもですね!

「Leqtique Redemptionist」は事前ご予約が好評の為、初回入荷分は残り一台!

「MESA BOOGIE King Snake」も残り一台!

弾き倒したいアイテムが一挙に入荷すると…困りますね(笑)

皆さん、要チェックです!

明日はお店は定休日の為、4月2日(水)からまた営業再開。
是非ご来店のうえ、新入荷の逸品たちを弾いて体感ください!また店頭でお会いしましょう!


…と書いていたら追加で更に入荷しました!チラ見せ!

Ibaenz_RG320.jpg

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪

posted by Maki at 20:19 | 福岡 ☀ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

I Can't Wait!! MESA BOOGIE King Snake & Leqtique Redemptionist

こんばんは。スタッフ真木です。

本日も多数のご来店ありがとうございます!
氷室さんファンの方々にもたくさんご来店頂きまして嬉しい限り!

さてさて、東京本店にあの逸品たちが入荷した模様…!

★ボトムズアップギターズ Facebook

king-snake-Combo-fnt-lg.jpg

Leqtique_Redemptionist.jpg

東京本店からサウンドインプレッションもお聞きましたが・・・かなりGoodの模様!
これは楽しみすぎますね〜!

アンプフリークの弊店代表が心から素晴らしい!と太鼓判を押す
「MESA BOOGIE King Snake」
使い勝手の良さと汎用性に富んだドライブペダル「Leqtique Redemptionist」

全国的に配送関係の遅延などがあるようですが、明日には福岡店にも入荷する予定…!!
いや〜楽しみですね!

入荷しましたら、私共もインプレッションなどアップしたいと思います^^
皆様より一足先に試せる楽器店スタッフ特権…すいません(笑)
ご予約頂いているお客様、もう少々お待ちくださいませ^^

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 21:41 | 福岡 ☀ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

MESA BOOGIE PEDALS!!(後編)

こんばんは、お世話になっております!

さて、本日は先日のブログに続いて、「MESA BOOGIEペダル特集」の後編です。
前回に比べ、今回は結構ガッツリ歪む傾向のペダルです、楽しみですね^^

まずはこちら。

Flux_Drive.jpg

Flux Drive

こちらはあらかじめ歪ませたアンプにゲインブースター的に足してあげるとかなり美味しい倍音感、サスティーン、ローが得られるペダルです。

Tone Burstの絶妙な味付け、スパイス的なニュアンスよりも、こちらは積極的に歪みを乗せてアンプでは足りないゲイン、キャラクターを補ってあげるようなイメージがベストな使い方ですね。
過剰なコンプ感は無いので、生々しさはそのままに適度に弾きやすく、伸びやかなトーンが得られます。
ゲインいっぱいにして歪ませると立ち上がりよくタイトで、早いリフワークに持って来いなサウンドです。
結構ドライな質感なのでエモ・スクリーモ系のリフなどに良いのでは?と感じましたね。

抽象的な表現ですが、Flux Drive=ザクザク、Throttle Box=ゾンゾン、と言った歪み加減ですね。

そして、そのもう一台。

Throttle_Box.jpg

Throttle Box

仮にもMARK V所有者からしても「ニヤリ」とする程のメサブギー感。
歪みの粒がキメ細かく、適度な粗さとザラつきがあり、どっしりとした中低域…個人的には大好きです、この感じ。

回すほど中域がゆるやかに抑えられるMID CUTコントロールでは、メサブギーの伝統的なグライコ設定「Vカーブ」サウンドがこのノブ一つで創り出せます。
ついつい弾いてしまうDTのJPフレーズ!(分かりますよね^^)

ゲインのコントロール次第ではブルースやトラディショナルなロック、もちろんメタルまでもカバー可能、スタイル的にもリフからリード何でもござれ!なフレキシブルなディストーションペダルです。
ゲインいっぱいに設定すると若干ファズっぽいブーミー感も演出出来ます、お好みで抑えめにすると扱いやすいサウンドかもしれないですね。
(内部にブーストのオンオフスイッチがあり、基本のゲインをプリセット出来ます)

いわゆる皆さんが思う「MESA BOOGIE」を感じることが出来るペダルです。
正直ペダルでここまでの「メサブギー」テイストが手に入るなんて…高校時代の自分に教えてあげたい(泣)

こちらの価格はFlux Drive=19,800円、Throttle Box=21,800円。もちろん送料無料です。

今回の4種類のペダルは「4者4様」の各フィールドにおいてレベルの高いペダル陣でした。
使い方、狙いたいトーンを明確にして購入して頂ければきっとボードに常にある存在として支えてくれると思います。

よりアンプライクなペダルが増え、ペダルプリアンプとエフェクターの境界線も良い意味で無くなりつつある時代になりました。
様々な選択肢からご自分のベストな一台を是非探しだしてくださいね。
今後も面白い、興味深いペダルをたくさん取り上げていく予定ですのでお楽しみに!

それでは、また!
posted by Maki at 22:46 | 福岡 ☁ | Comment(0) | MESA BOOGIE(メサブギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする