2022年05月09日

楽器との出会いは偶然?必然?


こんにちは。
ボトムズアップギターズ福岡サンパレス店 店長の原田です。

2022年のゴールデンウイークも終わりましたね、、、皆さん連休を満喫出来たでしょうか?

連休中は毎日営業し、沢山のお客様にご来店頂き嬉しかったです^^

これから梅雨と台風の季節になりますが、
初福岡での台風を経験するのでちょっとドキドキしています。

私、昨年9月に東京から福岡へと引っ越してきたばかりでして...




ところで、先日SNSやYoutubeに投稿した、
『Vanzandt STV-R2 -3TS- 入荷、開封動画!』はご覧頂けたでしょうか?
まだの方は是非ご覧ください!

(ギターの方は既に売約済みとなっております)





この動画の中で話しているのですが、
私は以前、Vanzandtの正規代理店である「トーラスコーポレーション」に勤めていまして、Vanzandtの生産管理を担当していました。


その中で1番大変だった事が、「お客様のカスタムオーダーを纏める事」でした。
(もちろんやりがいがあって楽しかったです^^)

ギターをオーダーする時って、完成してみないと音も分からないし、
弾き心地も自分に合うか不安ですよね。


★その不安をどの位無くせるかは、「間に入る店員さん次第」だと思っています。

私はオーダーするにあたって、
楽器店の店員さんとギターを作る職人さんとの間に入り、
ご注文頂いたお客様がイメージした印象通りになる様にギターを完成させないといけなかったので、
色々な楽器店の店員さんに、「オーダーしたお客様がどう言う意図で各所のスペックを指定してきたのか」詳細確認をしていましたが、

店員さんには決まって『オーダーするにあたって、こんなに細かく聞かれるんですか?』と良く言われていました。
が、そのくらい細かく決めて行かないと、なかなか理想の楽器って出来ないものなんですよね・・・。




例えば、
《楽器の重量が軽くて、低音がしっかりと出て全体的に乾いた抜けの良い音がするギターで、ネックは細目で握り易く、弦高は低めが良いです》

と言うオーダーの場合、


このお客様が、
・どの位の重量を軽く感じるのか?
・どんなバランスだと軽く感じるのか?
・低音はどの辺りの周波数を言っているのか?
・握りやすいネック形状は、ネック裏の中心が厚く両脇が薄いタイプなのか、
中心が薄くて両脇が肉厚なタイプなのか?
などなど、細かい所を確認しないと、理想とはかけ離れた楽器が出来てしまいます。


それと、『この職人さんは、ボディー材の特徴をいつもこんな風に説明しているから、
お客様の希望通りの音にするなら、こういう言い方をする必要があるな!』など、
「間に入る人間がどれだけお互いに上手く伝えられるか」が鍵になってきます。


若干話しはズレましたが、
大前提にオーダーする人がどこまで細かくオーダーしているかが重要で、
それ次第で完成度がかなり変わってくると言う事です。




そこで、「どこまで細かく伝えたら理想に近い楽器が出来上がってくるか」
と言う事をお話致します。


ありがちなパターンで、
オーダーする時は予めスペックシートがあり、
記載する箇所、選択する箇所がありますが、


ここに罠があって、、、

−−−−−−−−−−−

Body : Mahogany / Honduras Mahogany(1Piece / 2Piece)
Neck : Maple / Flame Maple / Mahogany
Finger Board : Indian Rosewood / Madagascar Rosewood / Brazilian Rosewood
Finish : Urethane / Nitrocellulose Lacquer


−−−−−−−−−−−

↑↑の様に好きな材を選択して行くオーダー方法の場合、

−−−−−−−−−−−

Body : Honduras Mahogany 1Piece
Neck : Flame Maple
Finger Board : Brazilian Rosewood
Finish : Nitrocellulose Lacquer


−−−−−−−−−−−

『せっかくのオーダーだし贅沢に!』と、
↑↑のようなスペックで選んでしまいがちだと思います。



この時に、出したいサウンドがハッキリと決まっていたら、
『ボディーは2ピースの方がこう言う理由でお勧めです』とか、
『塗装はウレタンの方が良いと思いますよ?ネックのみラッカーはどうですか?』等々提案できるのですが、


スペックを全て決められてしまった後だと、
店員さんとディスカッションする事無くこのままオーダーされてしまい、
思った感じと違う印象の楽器が出来上がってしまいます。


オーダーを受けた側からすると、
「希望通りに作ったのでそう言われても・・・」となったり、
オーダーした側も、
「言った通りに出来ているから音は仕方ないか・・・」なんて思ってしまうと思います。


“ハカランダ”
“ホンマホ”
“軽量”

等々、文字だけの印象で選んでしまったり、
“希少性” だけで選んでしまうと、完成時の音をコントロールすることは難しいです。


例えば、
『ブラジリアンローズウッドは茶色い物しかありませんが、インドローズでしたら真っ黒の物がありますよ!』と、提案された場合、
もう音の事より見た目の事を考えてしまうので、凄く迷ってしまいますよね。


実際にしっかりとした低音を出したい場合は、ある程度のボディーの密度が必要ですし、
ボディーシェイプがシングルカットかダブルカットか、等でも元々のサウンドが大きく変わります。


★ここで、見た目やスペックを第一に求めている方ももちろんいらっしゃるので、
それは1つの正解ですし、その場合はとことん杢目や重量、完成時のカラーなどに拘るべきだと思います。


ボディートップの木目の太さや奥行き感、ボディーバックの導管の広さ、
導管が広がってゆく位置等、ネックは板目、柾目、導管の太さ、バーズアイネックなら目の量や濃さ、
拘る所は沢山あります。




各メーカーさんによって対応して頂ける事と、対応出来ない事がありますが、

★木目の感じやカラーは、自分で選んだ理想の写真や雑誌の切り抜きなどを用意する。

★サウンドに関しては、「こんな音にしたい!」と言う音源を用意する。
自分のプレイスタイル、ピッキングが強い弱いとか、割と沢山歪ませます、とか、
エフェクターを沢山使います、とか、使っている機材を説明する等々・・・


私がVanzandt担当だった時には、
自分が普段弾いている音源や動画を持って来て頂ける方もいらっしゃいました。
オーダー内容を聞いてくれる店員さんがイメージ出来て、実際に楽器を作る職人さんが、
「どう言う人がオーダーしているのか」がイメージできる方が、
完成度の高い楽器が出来ると思います。




余談ですが、私の前職であるヴィンテージギターショップで実際にあった話ですが、
《皆が羨ましがるスペック、自慢できる状態のギターをください!》とご来店された方がいらっしゃいました。
この場合は目的が凄くハッキリとしていたので、お勧めし易く、お客様も大満足で帰られ、その後、『めちゃめちゃ自慢出来て、羨ましがられました!』と、ご連絡を頂いた事がありました^^


オーダーする時は勿論、楽器を買う時も、
目的がハッキリとしていた方が良い楽器を手に入れられると言う事と、
それを聞き出してくれる店員さんとの“出逢い”が重要だと思います。


今は、インターネットでポチっと気軽に購入出来てしまいますが、
購入前に電話で話してみたり、可能であれば1度お店に行って店員さんと話をしてみるのも良いかも知れませんね。


−−−−−−−−−−−

と、長めに真面目な話(?)をしてしまいましたが、
福岡サンパレス店でももちろん、オーダーのご相談承っております^^


ありがたい事に、
『なんだか敷居が高そうで行けない・・・』と言って頂ける事が多いですが、
そんなことはありません!!
スタッフ皆「ただのギター好き」ですので(笑)
どうぞお気軽にご来店、お問い合わせください!
親切・丁寧にご案内致します^^


※今回の記事は、飽くまで私がVanzandt生産管理を行っていた経験で得た個人的な感想です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// B.U.G. 福岡店オフィシャルホームページ ///
https://www.buguitars.com/hakata/

/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124

/// 営業時間 /// {☆2021年 8月より火曜⇒木曜定休に変わりました}
毎週木曜定休 平日 11:30〜20:00 / 土日祝日 10:00〜20:00

/// 福岡店Twitter ///
https://twitter.com/BugFuku

/// 福岡店Facebookページ ///
https://www.facebook.com/bugfuk

/// 福岡サンパレス店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/4895/

/// 東京本店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/3160/

−−−♪ (^^♪ ♪−−−
posted by 福岡サンパレス店 at 19:25 | 福岡 ☀ | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

憧れ、夢、ロマンの具現化!『神の木材=ハカランダ』採用ギター BUG福岡店ラインナップ!

こんにちは。福岡サンパレス店 真木です。

さて、本日のブログ特集は「ハカランダ」を採用した貴重なギター & ベースの福岡サンパレス店のラインナップをご紹介!


ギタリスト、ベーシストなら、誰しもが聞いた事はあるでしょう「ハカランダ」
"ブラジリアンローズウッド"とも呼ばれ、現在では絶滅危惧種としてワシントン条約 (CITES) の附属書Iに掲載されている希少材。

アコギのサイド&バック材、ヴィンテージギターの指板、PRSにおいてはネックに丸ごと、などにも使用されています。
トーンウッドとしての代えのきかない独特のトーン、美しい杢の表情や色味・縞などの見た目の美しさ、希少材である事のコレクタブルな要素も相まって、ギタリスト&ベーシストの心を魅了、誘惑し続けるハカランダ。

弊店ラインアップの中でも数少ない、ハカランダを採用した貴重な個体達を是非ご覧ください。(※各モデルの詳しい情報はリンク先のデジマートをチェック!)




Custom24_87_EmeraldGreen_main2.jpg


Custom24_87_EmeraldGreen_fingerboard.jpg

PRS 1987 Custom24 10top Flame BZF
-Emerald Green-
《BZF , Sweet Switch》
【委託品】

※スペックやその他の写真はデジマートリンクページをチェック!
★デジマートリンク → https://www.digimart.net/cat01/shop4895/DS05102308/






PRS_Custom24_86_VY_main2.jpg


PRS_Custom24_86_VY_fingerboard.jpg

PRS 1986 Custom24 Moon Inlay -Vintage Yellow-
《BZF , Sweet Switch , フルオリジナル》

※スペックやその他の写真はデジマートリンクページをチェック!
★デジマートリンク → https://www.digimart.net/cat01/shop4895/DS05666736/






Custom24_AP_Quilt_BZF_MateoMist_main.jpg


Custom24_AP_Quilt_BZF_MateoMist_fingerboard3.jpg

Custom24 "Artist Package" Quilt Top
-Matteo Mist-
【ハカランダFB=BZF】

Thanks SOLD!!





Dragon2000_WB_main.jpg


Dragon2000_WB_bodyback.jpg

PRS Dragon2000 "Whale Blue"
ハカランダネック
"証明書あり" ☆福岡サンパレス店で展示販売中!

※スペックやその他の写真はデジマートリンクページをチェック!
★デジマートリンク →https://www.digimart.net/cat01/shop4895/DS05584405/






Provision_TTPB5_BZF_3TS_main.jpg


Provision_TTPB5_BZF_3TS_fingerboard.jpg

Provision
TTPB5 "種子田 健" Signature
- 3 Tone Sunburst -
【アッシュボディ × ハカランダ指板 / 5弦PB】

※スペックやその他の写真はデジマートリンクページをチェック!
★デジマートリンク → https://www.digimart.net/cat03/shop4895/DS05721223/






Provision_VJB5_IBM_BZF_Main2.jpg


Provision_VJB5_IBM_BZF_fingerboard2.jpg

Provision VJB5J-BUG#001
-Ice Blue Metalic-
"BUG SP Order"
【ハカランダ指板 × 5弦 × 特別フィニッシュ】

※スペックやその他の写真はデジマートリンクページをチェック!
★デジマートリンク → https://www.digimart.net/cat03/shop4895/DS05721271/






PRS特別限定モデル、ヴィンテージPRS、そして弊店特別オーダーのベース…いかがでしたでしょうか。一緒に添付した指板の写真を見て頂いても分かるように、一口にハカランダと言ってもそれぞれの色味や表情を持っていて、甲乙つけがたい魅力に溢れていますね。

年々木材としての入手も難しくなり、ココボロ、マダガスカルローズウッド、ホンジュラスローズウッド…などがハカランダの代替材として、音響特性、見た目、希少性などにおいても近しい優秀な木材が採用されていますが、

『どうしても"ハカランダ"と言う憧れの木材を使用したギターを手にする夢をいつか叶えたい…』と思うのが漢の常、ギタリストの性。

実際に以前ほどハカランダが採用されているギターを市場で見る機会は減りましたし、国内のギターブランドでのオーダーオプションに関しても、希少故に、色味や縞の具合などをセレクト出来るかどうかは要相談…と言ったような状況。

音に関して、「実際に指板だけでサウンドに影響するの?」とのご意見も時折聞きますが、変わります。特にベースに関してはギターよりも表面積と厚みがある分、適度なファットさとグラッシーな響きが付加される印象です。ギターにおいては決して早すぎないレスポンス、そして気持ちの良い倍音が基音に纏う事で、太く弾きやすくなる印象も持ちました。
(ただ、こればかりは繋ぐアンプやセッティングなども関わるので実際に自身で弾いてみないと分からないですし、個々人の印象、経験値、表現の違いなどもあるので、ここで明言は出来ません。)

また、試奏だけでは分からないポテンシャルや気づきがある、と言う事もあります。
実際に自分の普段の演奏環境(機材的な面でも、住環境の面でも)に迎え入れて、普段の生活の中で鳴らす事で気づく、見つかるその個体の更なる魅力。
今回のハカランダ採用のギター & ベース達においても感じてもらえる楽しみだと思います。

もちろん、弊店の試奏ブースにてじっくりとお試し頂いた上でご購入を検討して頂くのが一番ですが、その先の一緒に暮らす音楽生活の中での更なる魅力への気づき、それで深まる愛着などの広がる未来も楽しみに、迎え入れて欲しいと思っております。
きっとサウンドと満足感でオーナーの気持ちに応え続けてくれる、喜ばせ続けてくれるギター達だと思います。

その中でリペアやメンテナンスなど弊店でお手伝いできる事があれば、嬉しく思います。
ギターを介した末永いお付き合いが出来れば更に嬉しいですね!


BZF_BUG.jpg


さて、かくいう私もハカランダ採用のギターに関しては「PRS McCarty Korina」を所有していますが、それが唯一、一本だけ持っているハカランダのギター。

私も皆さんと一緒、「ここまで人生でギターにどっぷり浸かった以上、いつかはハカランダ採用のギターを一本…!!」と虎視眈々と狙っていて、数年前に縁があり、入手したクチなのです。

音はもちろんながら、それ以上に「ハカランダを所有している」と言う絶対的な満足感は代えがたい物がありますね!今でも弾くたびに感動や発見がありますし、買って良かった!といつも感じる一本です。

と言う事で、「ハカランダ」と言う木材の形をした素敵な「男のロマン、夢」を皆様にも是非手にして欲しいです!

今回掲載の個体で気になるモノがありましたら、以下のお電話 or メールにてお気軽にお問合せ&ご来店ください!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// B.U.G.オフィシャルホームページ ///
https://www.buguitars.com/

/// ご注文・お問い合わせフォーム ///
https://www.buguitars.com/contact.html

/// 福岡店TEL ///
TEL:092-262-0124

/// 営業時間 ///
毎週火曜定休 OPEN 10時 CLOSE 21時

/// 両店共通Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs

/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
各種SNS日々更新中です♪

/// 福岡サンパレス店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/4895/

/// 東京本店・デジマート ///
https://www.digimart.net/shop/3160/

ーーー♪ (^^♪ ♪ーーー
posted by Maki at 19:52 | 福岡 ☀ | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

豪華絢爛♪杢目屋ギャラリー

こんばんは。スタッフ真木です。

昨日の杢目記事が大好評だったので、本日も"フェチ"な写真モリモリでお届け!

癒やされちゃってください…むしろ手に入れちゃってください(笑)ぴかぴか(新しい)

Mokume_04.jpg

PRS Custom22 "10Top" -Makena Blue- "57/08PU!!"

Mokume_03.jpg

PRS 408 Mapletop Trem 10TOP -Armands Amethyst-

Mokume_05.jpg

Sugi SH605 EM HNB -Honey Burst-
初期物・キルトトップ/ホンマホバック&ネック/ココボロ指板

Mokume_02.jpg

PRS Custom22 Trem "HFS & Vintage Bass!!" -Trampas Green-

Mokume_09.jpg

Freedom Custom Guitar Research Golike-O “Laguna” 2005

Mokume_01.jpg

PRS Artist II "Studio" SSH -Emerald Green Quilt- '96

Mokume_08.jpg

PRS 2001 "Private Stock" McCarty -Tyger Eye- "Curly Rock Maple Neck & Brazilian Rosewood FB!!" #300

Mokume_07.jpg

PRS 2001 "Private Stock" McCarty -Charcoal Burst- Brazilian Rosewood Neck & FB!! #3XX


いかがでしたでしょうか^^
写真だけで全てを語る…これも新鮮ですね!
美しい表情を持つ極上の杢目だからこそ伝わるフィーリングですよね!
楽しんで頂けたら幸いです!

明日はお店は定休日の為、お休みです。
26日(水)にまたお会いしましょう!
決算SALEも残り数日…お急ぎください!

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪
posted by Maki at 20:11 | 福岡 | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

ブルーのTL!

こんばんは!スタッフ真木です。

東京本店ブログでも取り上げられていましたが、PRS新モデルが発表されましたね!

ボトムズアップギターズ東京本店ブログ

「オリジナルフロイドローズブリッジ」と 新開発のPU「\m/ (metal)」が搭載されたCustom24や、ハイゲインアンプ「ARCHON」など、近年のヴィンテージ回帰の流れとは
また別アプローチが見られるラインアップですね^^

これは楽しみ!国内入荷を気長に待ちましょう♪

PRS USA Official HP

KORG PRS Blog

さて、最近試奏とお問い合わせの多いギターはこちら!

003.jpg

J.W Black JWB-T Chambered -Lake Placid Blue-


元Fenderマスタービルダー「J.W Black」全て手作業で月産僅か5本のみ製作している希少なギターです。

002.jpg

レイクプラシッドブルー、ダブルバウンド、ハードエイジド、そしてチェンバー構造のUSA製のJ.W Blackはかなり珍しい一本!

リアはしっかりテレキャスサウンド、チェンバー構造と相まってふくよかなフロントトーンを楽しめます。リアとフロントのサウンドキャラクターの違いがあり、幅広く音作りできますね。
チェンバー構造はあくまでソリッドにプラスで絶妙なエア感…というサウンドニュアンスなので、
非常に扱い易いです。

004.jpg

まずこのルックスが…たまらない^^鳴らす前にまずこの見た目にやられますね!
やっぱりギターはカッコ良いかどうか、弾く気にさせてくれるかどうか、
テンションを上げてくれるかどうか!それで鳴らした音が抜群だったら言うことなしですね!
端的にいうとそれが当てはまるギターです^^

詳細はこちらのデジマートページを御覧ください。

J.W.Black Guitars JWB-T Chambered Alder "Double Bound" -Lake Placid Blue- "Hard Aged" 《国内正規輸入品》

このギターも年内には嫁いで行ってしまいそうな予感…迷われている方はお早めに!

それでは、また!
posted by Maki at 21:44 | 福岡 ☁ | Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

今日も旅立って行きました…

こんばんは!スタッフ真木です。
2013年も2週間も無いことに気がつき、びっくり!うかうかしていられない!

最近、おかげさまでギター達の旅立ちが頻繁な福岡店(ありがとうございます^^)
今日も先日入荷したばかりのあのギターが嫁いでいきました。

Vanzandt_STVCS2_Top3.jpg

今回もやはり早かったですね!
先日のブログやデジマートの紹介文のテキストから私とスタッフY2のVanzandtへの熱い思いは
鬱陶しいくらいに感じて頂けていたかと思います(笑)

お客様に試奏室に入って頂く前に、スタッフがチューニングと状態のチェックとアンプの音作り、
ギター自体のウォーミングアップをしっかりしてからお渡しするのですが、その時に感じた音の良さたるや!改めて痺れましたね!

もっともっと皆様にVanzandtの良さを知って頂きたいですね!
弊店在庫のリミテッドシリーズの詳細はこちら!

Vanzandt_Limited_Series.jpg

是非、一度弾きにいらしてください^^

そして、ボトムズ東京さんの方も最近はガンガンナイスな商品が入荷している模様…

Bottom's Up Guitars Official Twitter

Bottom's Up Guitars Offcial Face Book

ボトムズ福岡さんも負けてないですよ〜!
是非、ご来店ください!お待ちしております^^

それでは、また!
posted by Maki at 22:23 | 福岡 ☀ | Comment(2) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする