2014年02月13日

試奏歓迎!お好みの弦、お申し付けください^^

こんにちは。スタッフ真木です。
お昼にブログ更新するのは新鮮ですね!

いきなりですが、こちら!本日状態のチェック&定期メンテナンスを施したギター達。

408_Cu22_02.jpg

408_Cu22_01.jpg

Custom22 Trem -Trampas Green- & 408 Maple Top Trem 10TOP -Armondos Amethyst-

HFS & Vintage Bassを初期搭載した新品ながらオールドライクな雰囲気を持つ
激シブなCustom22 Trem
妖艶でいて上品な"Armondos Amethyst"カラーを纏った408 Maple Top Trem 10TOP

どちらも惚れ惚れするようなフィニッシュ & スタイルのギターですね!

四季のある日本ではどうしても季節によってネックは微妙に動いてきますし、
徐々に弦もヘタってしまいますので(弾いていなくても)定期的に診てあげる必要があります。

弊店ボトムズアップギターズでは店頭展示のギターの状態を逐一チェックし、
ベストな状態にセッティングしていつでも試奏頂けるようご用意しておくよう努めております。

また、試奏の際に「この弦で試したい!」というご希望がございましたら、
是非ご遠慮なくお申し付けください!

店頭在庫の弦からお選び頂き、その場で新品弦に張り替えて、お試し頂けるように作業致します。
セッティング(弦高、チューニングなど)に関してもお申し付け頂ければ
弦交換に合わせて調整致します。(※)

普段弾いているギターのセッティング、弦のフィーリングに近い状態でお試し頂く事が
本当の意味での試奏になると思いますので、是非ご遠慮無くお申し付けください。
やはり「試奏する」という行為は、お客様に取って一大決心を持って踏み出す
購入までの第一歩だと思いますので、その際にはしっかりとサポート出来るように努力致します。

「本気のオファーには本気でお応えする事」

それがきっと良い出会いのお手伝いになると思っております。

もちろん、弦を交換して試奏した結果、ギターが自分のフィーリングに合わなかった…
という場合も気にされなくてOKですので、ご心配は要りません^^
珍しいサービスかも知れませんが、是非ご用命頂ければ嬉しく思います!

((※)多数の接客が重なった場合はどうしてもお時間を頂いてしまう形になりますので、
どうぞその旨ご理解とご了承を頂けますようお願い致します。
また、お急ぎの状況での試奏の際は事前にお伝え頂けますと幸いです。)

それでは、また!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/// Twitter ///
https://twitter.com/BuGtrs
/// 両店共通Facebookページ ///
https://www.facebook.com/Bottoms.Up.Guitars
ぜひ「いいね!」をお願い致します♪

posted by Maki at 13:11 | 福岡 ☀ | Comment(0) | リペア、メンテナンス、モディファイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

本日も多数のご来店ご用命ありがとうございました!

三連休中日。
こんばんは、スタッフ真木です!代理のヴァンザント限定生産モデルイイねー!代表重浦です。
(またもや長っ!)

今日は昼過ぎから閉店過ぎまでおよそ途切れることなく来客があり、そしてその中には私の腕が鳴る「ピックアップ交換」の仕事も舞い込み、「Before / After」をその日その場で体験頂ける楽しさを味わって頂けました。

お客様に許可を得て、途中経過も何枚か撮りましたので、またご紹介出来ればと思いますが、、、
今日の作業は「1998 PRS Custom22」のピックアップをオリジナルのDragon2 Treble & Bass から New Shapeの「1959/2009 Treble & Bass」に換装。



結果、゛色気のある音になった゛ ゛音の解像度が上がった゛ ゛倍音が増えてサスティーンが伸びた感じがする゛ などのインプレッションをもらいました。

同じ環境で、ビフォア/アフターがその日その場で体験出来るボトムズさんならではの真実の経験談ですね。

作業しているこちらも楽しいので、まさにWin-Winのリペア・モディファイ作業ですね。

私がいる間は大抵のピックアップ交換はその場で行いますので、ぜひご用命ください。

宜しくお願いします。
それでは、また明日!

代表重浦でした。
posted by 福岡サンパレス店 at 23:43 | 福岡 ☀ | Comment(0) | リペア、メンテナンス、モディファイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

お盆前にメンテナンス!

こんばんは、スタッフ真木です。

本日はメンテのご依頼を頂きました!

Navigator_Top.jpg

Navigatorのストラト!70年台後半から80年台頃のギター^^

Navigator_Head.jpg

Espartoというモデルのラージヘッドの仕様。
ジャパンヴィンテージファンの方はたまらないのでは^^

ネックのチェック&反り調整、サーキットのチェック&洗浄(キャビティ内の木屑などの除去もついでに)、弦高調整、全体のクリーニング、細かい所はブリッジのコマの埃や汚れの除去、などなど…メンテナンスさせて頂きました。

当初は弦だけで鳴っていたような感覚から、鳴り感もグッと向上して良い結果に^^
ネックの反りをしっかり補正してあげるだけで鳴り自体も変わってくるエレキギターの素敵な不思議…。

Navigator_Main.jpg

バッチリクリーニングもOK!弾き込まれたレリック感がいい雰囲気ですね^^
さすがに時間の経過とともに見られる金属パーツの劣化など、若干の経年変化はありましたが、
これからも楽しんで頂けるギターだと思います。

Mさん、この度はご用命くださいましてありがとうございました!
これからもお力になれる事、是非ご相談ください^^

さて、夏休みやこれからのお盆休みの間にギターに触れる機会が多くなる、という方、
是非一度気持ちのリフレッシュの意味も込めてメンテナンスしてみてはいかがですか?
もちろん状態のチェックなどのご依頼もお待ちしておりますので、是非ご相談ください!
(状態チェックは無料で行わせて頂きます^^)

本日もめちゃくちゃ熱い一日でした!
皆さまも熱中症などには気をつけて楽しい週末をお過ごしください^^
明日のご来店も心よりお待ちしております!

それでは、また!

最後に、夏らしい一曲を!
ここ数年ずっと聴いています、一聴するだけで夏を感じさせるような素晴らしい楽曲です!



posted by Maki at 21:13 | 福岡 ☁ | Comment(0) | リペア、メンテナンス、モディファイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

ナット溝調整(ヘヴィチューニングへのメンテナンス)

こんばんは!スタッフ真木です。
本日も多数のご来店ありがとうございました!

さて、今回のブログもリペア、メンテナンスに関するトピックです。
この度は常連のお客様より「チューニングの変更とそれに伴う弦のゲージ変更」のご依頼を受けました。

CU24_2010_CB.jpg

ギターは2010年製 Custom24 -Charcol Burst-
旧タイプのエスカッション & PU形状(HFS & Vintage Bass)にブレードタイプのPUセレクター仕様です。
エスカッションもブラックに変えられていて、よりいっそうクールに仕上がっていてカッコいいですね!

Cu24_J_Bird.jpg

今では作られなくなった貴重な中抜きアバロンのインレイ「J Birds Inlay」
オールドバードとはまた一味違った印象で鳥により躍動感が感じられます^^

今回は「ヘヴィチューニング(全弦1音半下げ + 6弦のみさらに1音下げ=Drop B)専用機にしたい!」
とのご依頼でしたので、弦を010〜046から010〜052へ変更。

それに伴ってナットの溝の調整を致しました。

Cu24_Nut.jpg

各弦が溝に対して弦がギチギチに詰め込まれているのもダメ、逆に収まりが悪く暴れてしまい鳴りを受け止めきれないのもダメ。
ナットは弦の振動=鳴りをしっかりとネックに伝える為の重要なファクターですので、
とてもシビアな部分です。
同時に滑りが重要でチューニングの安定性に深く関わってきますので、今回のゲージの為に溝をしっかりとフィット&なめらかに弦が動いてくれるように調整させて頂きました。

それと合わせてゲージとチューニング変更によって変わってくるネックの状態とトレモロブリッジの調整、弦高調整、トータルのセッテイングを数値と弾き心地の両面からしっかりと詰めてセットアップ。
(009〜042 ⇔ 010〜046くらいの標準的なゲージの違いの変更でしたらナットの溝調整は特に必要ない範疇です。)

ヘヴィチューニングは洋邦問わず近年のロックシーンには欠かせないチューニングになりましたね。
検討されている方は是非一度ご相談ください!
個人的にもモダンヘヴィロック、ミクスチャーロックは大好きなので、ヘヴィチューニング専用機として自身のCustom22をナット調整しちゃおうかな、と思いました^^
(7弦ギターも所有していますが、6弦のローダウンとはネックの握りはもちろん、鳴り方やテンション感がまた全然違う楽器のような感覚で難しいですね!)

ナットは弾いていればどうしてもすり減ってしまう消耗品になりますので、ナット交換も是非ご相談ください。
「ネックの状態は正常且つ弦高も普通なのに、開放弦でビビる…」と言った場合はナットの減りによる可能性ありです。
状態チェックは無料で致しますので、ナットに限らずお持ちのギターの現状を把握しておきたい!という方は是非お持ち込みください^^

明日は福岡店は定休日です。
昨日のブログでもお伝えしました通り、スタッフ真木は明後日から「PRS特別選定会」で東京へ出張して参ります。
真木のいぬ間にスタッフY2がバッチリ切り盛りしてくれるでしょう^^
私も「鬼引き」出来るように気合入れて行ってまいります…それでは、また!
posted by Maki at 21:45 | 福岡 ☁ | Comment(2) | リペア、メンテナンス、モディファイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

ゴールドトップの旅立ちとリフレット!の巻

こんばんは!スタッフ真木です。

本日から東京の渋谷では「TOKYO GUITAR SHOW 2013」開催ですね!
今年はマイケル・ランドウが出演しましたね♪見られた方いかがでしたか?

こちら福岡サンパレスも負けじと昨日と本日「Gackt BEST OF THE BEST Vol.1」ライブで大変盛り上がっておりました!
(Gacktさんは真木個人的にも「Mizerable」「Missing」が大好きでよく聴いておりました♪)
ボトムズアップギターズにもご来店くださいましたファンの皆さま、ありがとうございました^^

さて、本日は弊店イチオシでご紹介しておりましたこのギターがついに嫁いで行きましたよるんるん

Custom24_Sig_GT.jpg

PRS Custom24 "Signature Head Special Built" -Gold Top- "57/08"

お客様のご希望セットアップに調整して、チェックで防音室で弾かせて頂きましたが、
改めて実感…めちゃくちゃ良いギターでした^^

57/08PUのヴィンテージライクな適度に枯れたトーンと比較的軽量なウェイトのマッチングによる鳴り感がたまらんですね!とお客様と一緒に唸ってしまいました(笑)
(Mさま、ご購入ありがとうございました!またセットアップ、微調整のご用命お待ちしております^^)

そして本日はもう一本、リフレットご依頼でお預かりしていたギターをお渡し致しました!

Suhr_Henderson.jpg

これまた珍しい!Suhr スコットヘンダーソンシグネイチャーモデルの初期HSH仕様

バッチリ弾き込まれた事で極端なフレットの減り、音のビビリとチョーキング時の詰まりが見られましたのでフレット打ち替えをご相談頂きました。

「長年大切に愛用してきた一生引き続けたい相棒なので、今の音と弾き心地が変わるのは避けたい」
との事でしたので、「Freedom Custom Guitar Research ステンレスフレット」をご提案。
中でもニッケル同等のサウンドニュアンスを持ちながらもメンテナンスフリー&滑らかな使い心地で定評のある「WARM」タイプをセレクト。
サイズはデフォルトのジムダンロップ6100同等のジャンボサイズ。
弦高も極力低めのテクニカル仕様をご希望でしたので、テンション擦り合わせでより更に精度の高いフレットレベリング&シビアなセッティングに追い込みました。

Suhr_FCGR_Fret.jpg

そして、本日待ちに待ったお渡しの日。
ピカピカに輝くフレットに「見た瞬間にこれは!とテンション上がりました♪」
とナイスなリアクションを頂き、試奏ブースへご案内。
様々なフレーズでお試し頂いて数十分後…
「打ち替えてよかった!大満足です^^」とお喜び頂けました。
(Kさん、この度は大切なギターをお預け頂きましてありがとうございました!)

リペア&メンテナンスに携わらせて頂いている立場上、こういったリペアやメンテナンスのビフォア・アフターはお客様より先に実感させて頂ける機会が多いのですが、
仕上がり確認のために弾いた時点で「これは絶対喜んでもらえるぞ!」という感覚が得られた瞬間はいつになっても嬉しいモノです。
そして、お客様にお渡しした時に納得とお喜び頂けてやっと心からの安堵感と喜びが湧き出てきます^^

FCGR_Fret.jpg

FCGRのステンレスフレットはプロミュージシャン、ギター講師の方にも非常に好評を頂いている秀逸なフレット&打ち替えの技術です。
店頭で実際にFCGRのフレットのSPEEDWARMの硬度の違い、質感、サイズも是非触って実感してください。
詳細は以下のFreedom Custom Guitar Researchオフィシャルホームページを御覧ください!

Freedom Custom Guitar Research ステンレスフレット

もちろんニッケルでの打ち替え、ステンレスの定番「Jescar」などへの打ち替えも是非ご相談くださいね。

それでは、また!
posted by Maki at 21:31 | 福岡 ☁ | Comment(2) | リペア、メンテナンス、モディファイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする